楽しむ


先日のこと、
歴史上の人物の辞世の句を集めた本を、
Amazonで購入した。

… つもりであった。

さて、と、届いた箱を開けてみると、
入っていたのはなんと、
一般アマチュア俳人たちの
辞世の句を集めた本であった。

うむ。
やはり、ビールとAmazonは相性が悪い。
前からわかっていた事だし
もう何度も失敗しているにも関わらず、
又も間違って注文してしまったようだ。
私は経験から学ばない。

然しである。
気を取り直して読んでみると、
この本がなかなか面白い。

上手い下手、技巧や平仄などどうでもよい。
そこにあるのは、
他者の目など一切気にしない、
思うが儘の人の表現であった。
何の縛りもない自由の言葉であった。
紙面から呼吸が感じ取れるのだ。

しかもこれらの句には、
悲壮感や苦悩、切羽詰まった思いなどを込めたものが
殆どない。
あるのは、生きてきた充実感と、
やり遂げた達成感、そしてちょっぴりの哀愁。。

人とはこんなにも明るく強いものであるのか、と、
勇気づけられる思いであった。
辞世の句でありながら、
生きる希望と命の賛歌に満ちた、
素晴らしい句ばかりであったのだ。




気に入った作品は別に書き出して、
後でまた読めるようにしておいた。

これらを是非とも紹介したいところだが、
本に掲載されているものをそのまま書くのは
(ほとんど人の目に触れない弱小ブログとはいえ)
やはり気が引けるので、
一作品だけ私が最も感銘を受けた句を紹介しようと思う。

辞世の句でありながら
死など寸毫ほどにも気にかけておらず、
爽やかで清々しい、
潔い開き直りが笑いすらさそう、そんな元気な句だ。

これを読んで、
皆で明日も頑張ろうではないか!




「死ぬ気などさらさらなくて新走」  松本可南さん作

新走: 新米で作った新酒の事だそうです。







良い買物をしました。 
ビールがなければこの本との出会いはありませんでした。
有難う!黒ラベル!
 
26AUG15 002 

展望社 一億人のための辞世の句  定価1500円+税
選著 坪内稔典(のぼさんの研究で有名)



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

ご無沙汰しております☆

先日、ママに偶然お会いして、とても嬉しかったです。^o^

時に、この本、興味あります。
紹介されている句、すごくハートに来ました。
買って読んでみます。シェアありがとうございます!

おぉ、つゆさん、こんにちは!
お久しぶりです!

この本は、なかなかの発見でした。
辞世の句と銘打ってありがながら
楽しい作品が多く、人の持つ前向きな明るさに
感動しました。

その一方で、皆様のご年齢から、
戦友を偲ばれている作品も幾つかあり、
そういった作品からは胸に迫るものを感じました。

人は誰でも美しい芸術家ですね。
ぜひ読んでみて下さい、おすすめです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1736-688deaf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)