梅雨の日


ポッシャン、ポッシャン、と、
雨の降る音だけが静かに響いている。
他には何の音もしない。

薄暗い部屋の中で、
私は花とそらのいたあの日々を思っている。

雨の日には森の公園をよく散歩した。
ちょっとの雨なら
高い木々が傘のように
私たちを守ってくれた。

ツィ、ツィ、と、水が葉の表面を滑り、
濡れた草木の香りが森に漂う。

浄化された清らかな空気を
胸いっぱいに吸って、
私たちは何処までも歩いたのだ。
湿った砂利も心地良かった。

今や、あの雨の日々も、
遠き思い出となってしまった。



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1709-d385dc1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)