地下水のように


何処へ行っても、
気が付くと

この道をこう花そらと歩いて
あの木陰で一休みして…

と、あの子たちの事を考えている自分に気付く。

清らかな水がひっそりと
地下に佇むように、
私の心の底には常に
花とそらへの想いが存在している。








31MAR15 FSL 011a


いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1702-43764cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)