100年前の温もりを感ずること (APR15)


前回の化石の話を書いている時にふと、
2010年3月に記した「馬頭観音様」の記事を思い出しました。
当時のものを掲載してみます。





以前紹介させていただいたように

丹沢には
多くのお仏像や道祖神さまがいらっしゃいます。


そしてその中には

馬頭観音さまの
お姿もほうぼうにみられます・・・

15MAR10 NANA 121a
「明治十三年一月二十八日」の日付がみえる


昭和の時代から明治、
そしてそれ以前の農家にとって

馬とは、
生活を家族を支えてくれる
大事な存在、重要な労働の柱だったことでしょう。


そして、
今こうして
私たちがワンコを家族の一員としているように


きっと
当時の皆さんにとっては

馬もまた
家族の一員であったに違いないのです。



だから
馬が亡くなった時

昔の人たちは
供養の為に石碑を建てて

その場に
神として祀りました。


これが
当時の観音信仰と融合し、
馬頭観音になった・・・んだったと思います。(たしか)

ちなみに、ヒンズー起源の馬頭観音(仏教)とは
原型も由来も成り立ちも、存在そのものが全く違う。




こちらの
馬頭観音さまの石碑には

14MAR10 KANE 200

よくみると
「俗名 浅間号」
とかいてあります。

コピー ~ 14MAR10 KANE 200


現世での名前が
石碑に刻んであるところに

浅間号へよせられた
強い愛情を感じます。。



100年前のこの地で
この馬は確かに誰かに愛されていた


そう思っていると
なんだかとても浅間号が愛おしくなってきて・・



この石碑に
そっと手を触れてみました。

そして目をつぶると



浅間号の体の温かさが

石を通して
確かに伝わってきて


気が付くと

まぶしばかりの生命の光をはなつ
浅間号の姿が


そこに在りました。




瞳の輝きや
ゆれる尾、

逞しい体に
力強い四肢・・・






百年前
確かにそこに存在したその命

百年前のその命を
百年前のその温もりを


私はその時
確かに感じることが出来たのです。






その柔らかい背中を
撫でながら

おまえも愛されていたのだね

そう浅間号に語りかけると、

馬は一度だけ
ブルッと大きく鼻を鳴らしました。







いつも読んで下さっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

初めまして。
とても日本らしい風習ですね。いろいろな物に感謝を持って供養する、その心に感じ入ります。

Re: Re: Re: タイトルなし

はじめまして。
ホワイト様、此の度はお忙しい中コメント頂きまして
有難う存じます。

おっしゃる通りですね。
全ての生命に感謝の気持ちを持つ。
この心、美しい日本の姿には、
いつも心をうたれます。

この地に確かに存在した愛情が
今もこうして形となって残っている。

そのことに
強く感動いたしました由にあり
こうして記事に致しました。

共感下さった方がいらしたことに
感謝、の心持ちです。

此の度は真に有難う御座いました。

こちらこそ素敵な記事をあげていただいて有り難うございます。

Re: タイトルなし

ご丁寧に有り難う存じます。
このような稚拙な文に恐縮で御座います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1672-ced347be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)