我もまた、未だ木鶏たりえず


古代中国のある国に、闘鶏を育てる名人がいた。
ある時、その国の王が名人に闘鶏の訓練を依頼した。

名人に闘鶏を預けた十日後、
王が訪ねて来て、問うて曰く
「どうだ、鶏は強くなったか?」
名人答えて曰く
「いけません。空威張りして強がっているだけです。」

また十日の後、王、問うて曰く
「どうだ、少しは強くなったか?」
名人、答えて曰く
「まだいけません。他の闘鶏の声や姿を見ただけで興奮してしまいます。」

更に十日の後、王、問うて曰く
「どうだ、そろそろ強くなったろう?」
名人、答えて曰く
「いけません。
相手を睨みつけ己の強さを誇示しているだけで、本物には成り得ていません。」

それから更に十日が経ち、
王が鶏の状態を問うたところ、名人曰く
「完成しました。他の闘鶏が騒いでも全く相手にしません。
まるで木鶏のように泰然自若としており、無為自然の状態です。」






木鶏の故事は荘子に典拠を持ち、
日本では、スポーツ等、勝負事を語る際によく引用される。

私はこれを人間関係の場に応用したい。

他人と同じ位置に立って、同じレベルで意識し合っていれば、
必敵の状態となってしまうのは避けられないが、
自らが木鶏と成る事が出来れば、
そんなつまらない事になりはしない。

相撲でいう、がっぷり四つに組み合うのではなく、
相手の意識をさらりと受け流す事で、
相手のもうひとつ上をいくのだ。
これぞ、至人の振舞いといえる。

安易に相手を打ち負かしても意味はない。
むしろ、そのような勝利は遺恨を残す事になり
人間関係に於いてはマイナスにしかならない。
ネガティブであり不健康的であり、
損失であり非生産的である。

それよりも、木鶏の境地を目指して
あえて、自らを茨の修行の谷底へ奈落せしめ、
そこから己の器量を高めてゆくようにすれば、
きっと皆が幸せになれるのだ。
先ずは自分から、の心意気だ。


などと、常日頃考えてはいるのだが、
私もまた、
我、未ダ木鶏タリエズ、の状態に相違ない。






新九郎は、まだまだ遠い存在……

ISE04SEP14 YM 007





四字熟語の中国史 (岩波新書)四字熟語の中国史 (岩波新書)
(2012/02/22)
冨谷 至

商品詳細を見る


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1582-7aa385f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)