川沿いの小径


湘南の海へと続く
引地川沿いのこの小径を

花とそらは王様の軍隊のように
堂々と歩いた。

花は、ツンとすまし顔で尻尾をふりふり。
そらは、ニコニコ顔で軽快にすいすい。

ふたりは確かに此処にいたのだ。



A05SEP14 SHN 005


B05SEP14 SHN 006


C05SEP14 SHN 008


D05SEP14 SHN 009




今、その存在を示す痕跡は何処にも見えない。

しかし私の心のなかには、
元気にお散歩するあの子たちの姿が
今でもはっきりと焼きついている。

E05SEP14 SHN 010











スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1578-9264c84e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)