花そら公園巡り ~藤沢市 引地川親水公園 ~ その8


花そら公園巡り ~藤沢市 引地川親水公園 ~ その8 

「年年歳歳花そら相似たり」





シロツメクサに覆われた
この公園。

A2014-07-08 001 001


川沿いのこの美しい広場を
花とそらはよく歩いた。

草の上は冷たくて気持ちが良いのか、
花はよくここに寝そべり
そらはすぐ傍にオスワリをした。
花とそらにはこの白く素朴な花がよく似合った。


B2014-07-08 001 003


かつて

お散歩中にそうしたように、
この同じ草原に膝をついて
精霊となったあの子らをそっと撫でた。

その私に応えるように、
やはり花はぶぅと鼻を鳴らし
そらはいつも通りに甘えて私の手に頭をこすりつけた。

(なにも変わらない)

実在が今ここに無くとも、
精神的な距離は少しも変わることはないのだ。
私の愛する花とそらはいつだって一緒なのだ。





視界の片隅で風に揺れるシロツメクサの花が、
何かを言いたげに
じっと私を見つめていた。

C2014-07-08 001 005




「年年歳歳花そら相似たり」

心に住む存在は消えることがなく
その命は永遠である。













HSb2014-07-08 001 004





スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1552-71d2e59e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)