心に在る木


年を重ねることは
人生の年輪を重ねるということだ。

心の中に在る
「幸福の木」をより強く大きくしてゆくことに相違ない。


容赦なく過ぎてゆく時間に
いつか来るであろう決定的なその時、

「別れの時」に不安をおぼえる方も
きっといらっしゃることと思う。
(かく言う私は常に怯えていた。)

しかし、今この時、今のこの瞬間に、
大好きな存在に
思いっきり愛をそそぐことによって、
その不安はきっと薄らぐだろう。

毎日を全力で笑い、触れ、喜び、愛し、
幸福の木の年輪を
密度の高い強固なものにしてゆく。

そうすることが、
自分も周囲も愛する存在も、
全てを幸せにしてゆくことにつながるのだ。


年を重ねることは
人生の年輪を重ねるということだ。

心の中に在る
「幸福の木」をより強く大きくしてゆくことに相違ない。

断言する。

心に存在するその木が
折れたりなくなったり枯れたりするこは

未来永劫決して、ない。







スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1529-47d29572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)