不揃いに完成する美 常泉寺 その3


実はこちらの庭園、
ちょっとした遊び要素的なオブジェがあります。
例の遷都祭の時に物議を醸したあのマスコット、
あの有名な彼がいらっしゃるのです。

自然の美からは
およそかけはなれた奇抜なデザインなのですが・・・

しかし、それがまたいいのです。
イレギュラーな存在がまたいい。

完璧すぎるものは肩がこるし、
第一、見る方に張りつめた緊張が要求されます。

そんな時こういったキャラクターに出くわせば
所謂「箸休め」的にニヤリと一息つけることによって、
よりリラックスした気持ちで次に進める。。

寿司でいうガリみたいなもの・・? 
と言えば、少々失礼でしょうか。

まぁ、なにしろ、徒然草も、
完璧な調和の中に存在する「ちょっとしたミスマッチ」は
そのもの全体を一段上の趣ある存在にならしめる、
といった趣旨のことを言っていますし。(たぶん)

やはり、「不揃い」というアクセントは
何事にも必要なのでしょう。

そのほうが、人間味がありますしね。







なんにせよ、このちょっぴりユーモラスなチョイスに、
こちらの御住職様の大らかさを感じました。



2014-05-13 13MAY14 YMT 030


2014-05-13 13MAY14 YMT 033


2014-05-13 13MAY14 YMT 034








ユーモアは、思いやりであり優しさであり、
他人を思う慈悲の心であると思います。

厳しい修行を通じて「心の余裕」を習得された、
禅僧の皆様ならではの御心でありましょう。


私も、かく在りたいものです。








スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1526-fdae2a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)