桜と日本人


日本人は桜を愛している。

その理由は、
単純に「美しいから」だけではない。

無数に咲いた満開の花たちが、
なんの抵抗も出来ずに
風に吹かれて段々と散ってゆくその様、

その過程に、「滅びの美」をみるからだ。


桜の明るいピンク、
その輝く花の色は
春の到来の象徴であり

暗く灰色だった冬の色を一掃し
この世界を暖かい光で照らしはじめる
希望と生命のシンボルだ。


その桜が、

<散ってゆくその姿>








滅んでゆくもののその姿は悲しい。

しかし私たち日本人はそこに
強烈な美を感ぜずにはいられない。


桜とは、
美しくも悲しい日本独特の「滅びの美学」を象徴するものであると

私は、そう思うのです。




2014-04-04 04APR14 YATOYAMA 010SHS




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

よろしかったらバナーをクリックお願いします。
↓     ↓     ↓


ペット(犬) ブログランキングへ

 

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1504-eb006ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)