思案の敗北(太宰治)より


私は今、懸命に自分を誤魔化している。
他なし、きみたちを死なせたくないからだ。

きみたちが死ねば、
きみたちの空席がいつまでも私の傍に在るだろう。

きみたちがが生前、
丸まって寝ていた柔らかく窪みを持ったクッションが、
いつまでも私の傍に残るだろう。


このカウチは、永遠にきみたちの寝床として、空席のままに存続する。



ああ、私の愛情は、私のこの盲目的な愛情は、

なんということだ

真綿で首を締め付けるように
ゆっくりと私を苦しめ続ける。
















もの思う葦 (新潮文庫)もの思う葦 (新潮文庫)
(2002/05)
太宰 治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1446-3b8c388c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)