花そら双子星 ~秋風に舞う枯葉たち~ (OCT13)


以下、昨年2012年の秋に記した「花そら双子星」です。
思えば、無意識の領域で常に死別の恐怖と戦っていたのかも知れません。
そういった心の何処かに潜む何かは
日常の言動や行動に滲み出てくるものです。





16OCT12 029tittle


(On the west bank of the Milky Way's shining river, you can see two small stars.
These are the little crystal palaces where the twin stars, Hana-chan and Pokkun, live.
All night long, Hana-chan and Pokkun sit with straight backs at their palaces
and sing the song called "HOSHIMEGURINOUTA".
This is the duty of the twin stars.)


秋風に吹かれた枯葉たちが、
花ちゃん童子とぽっくん童子の
足元に舞い降りてきました。


A16OCT12 015TS

B16OCT12 017TS




夏の間、
あんなに青々と生い茂っていた葉たちが、
こんなに乾いてカサカサになってしまうなんて・・・

ぽっくん童子が申しました。

「なんだか僕、悲しい。」



「いいえ、悲しく感じることはありません。」

花ちゃん童子は申しました。



この枯葉たちは、
これから土にかえるのです。

その土がまた、草や木、虫たちを育て、
新たな生命を養ってゆく。

命に終わりはありません。
みんなでつながって
未来に向かってゆくものなのです。

<だから悲しむことなんてないのですよ>







~ 秋風に舞う枯葉 ~

これは彼らが
新しい世界を作ってゆくための

旅立ちだったのです。







SORA16OCT12 046TS

吹けよ、吹け吹け、秋風よ



A16OCT12 024TS

この葉もあの葉も
連れてゆけ



HANA16OCT12 045TS

飛べよ、飛べ飛べ、枯葉たち



B16OCT12 025TS

空いっぱいにひろがって



C16OCT12 071TS

秋の夕日に旅立てよ



花そら双子星 ~秋風に舞う枯葉たち~

おわり












まこと、素晴らしき日々で御座いました。

まるで昨日の事のようであり、
遠い夢のようでもあります。。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1422-12a40476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)