花のボール


床のうえに転がっている
花の大好きなボール。

15AUG13 052ball


このボールを
いつまで投げていられるのだろう。




漠然と信じていた。
命は永遠だと。
自分たちだけは
世の摂理の例外であるに違いないと。



正岡子規三十六、尾崎紅葉三十七、斎藤緑雨三十八、国木田独歩三十八、
長塚節三十七、芥川龍之介三十六、嘉村礒多三十七。


この現実、
将来必ず訪れるであろう損失に恐怖してやまない。

避けては通れぬ「愛別離苦」に


――――― なすすべなどない



自分に出来るのは

今この時、
花を愛して愛して
大切に慈しんでゆくことのみ。


そうしていれば

すこしはこの恐怖を
忘れることが出来るに違いないものと信ずる。















A15AUG13 041ball

B15AUG13 043ball

C15AUG13 045ball






などと考えている横で

なんかブチ壊してるし(笑)



D15AUG13 054ballA


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1412-a863a4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)