FOOTPRINTS ~あしあと~


FOOTPRINTS ~あしあと~  
inspired by FOOTPRINTS written by Margaret Fishback Powers



ある夜、私は夢をみた。

夢のなかで私は、
どこまでも続く砂浜を
ママと花そらと一家で歩いていた。

振り返ると、
四人のあしあとはずうっと果てまで続いていたが

ところどころ
花そらのあしあとしかない場所があった。


<何故だろう>


わたしは気付いた。



自分たちの力で歩けなかった時

この子たちが運んでくれていたのだ






a18MAY12 185carrymehome








The original version runs as follows:
FOOTPRINTS
written by Margaret Fishback Powers

One night I dreamed a dream.
I was walking along the beach with my Lord.
Across the dark sky flashed scenes from my life.
For each scene, I noticed two sets of footprints in the sand,

one belonging to me
and one to my Lord.

When the last scene of my life shot before me
I looked back at the footprints in the sand.
There was only one set of footprints.
I realized that this was at the lowest and saddest times in my life.

This always bothered me and I questioned the Lord about my dilemma.
"Lord, you told me when I decided to follow You,
You would walk and talk with me all the way.
But I'm aware that during the most troublesome times of my life
there is only one set of footprints.
I just don't understand why, when I needed You most,
You leave me."

He whispered, "My precious child,
I love you and will never leave you
never, ever, during your trials and testings.
When you saw only one set of footprints
it was then that I carried you."



以下、HSパパ拙訳
(趣旨をよりよく伝えるため、部分的に意訳にしています)


FOOTPRINTS ~あしあと~
マーガレット・フィッシュバック・パワーズ


ある夜、私は夢を見た。

夢のなかで私は
神さまと一緒に砂浜を歩いていた。

その歩みの中ふと夜空をみあげると、
そこに私の
今までの人生が映し出されていた。

どの場面にも、
砂の上には二人のあしあとがあった。

ひとつは私のあしあと
もう一つは神さまのあしあとだった。

夜空に映し出された人生の光景、
その最後の瞬間が訪れたとき

私は振り返り
その軌跡をたどってみた。

そして

ある期間だけ
一人分のあしあとしかないことに気付いた。

それは、その期間とは・・ 

私が人生に於いて
最も苦しみ、そして最も悲しんだ苦難の時だった。。

なぜそこには
一人分のあしあとしかなかったのか?

このことが私をとても苦しめたので、
思い切って神さまに尋ねてみた。

主よ。
私があなたを信じようと決心したとき、
あなたは、常に私と共に歩み、
わたしと共に語り合うと約束して下さいました。

然し私が人生で最も辛かった時、
そこには一人分のあしあとしかありませんでした。

私がいちばんあなたを必要としたときに、
何故あなたは私と共にいて下さらなかったのですか?
私はどうしても、
そのことを受け入れることが出来ないのです。

神さまは静かに・・
ささやきこうお答え下さった。

わたしの大切な子よ。
わたしは、あなたを愛している。
苦しみの中にあったあなたを
わたしは決して決して一人になどはしていなかった。

愛する子よ

あしあとががひとつだったとき、
わたしはあなたを背負って歩いていた。


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま

そらのために心のこもったお優しいコメントをいただき
本当に有難う御座います。
あの子を本当に愛していたからこそ
これほどまでに心が痛むのだと思います。
しかしそれは、そらを深く愛した証でありますので
今はこの痛みや苦しみを
愛の証として受け止めようと考えています。
そらはそんな私たちを
優しく見守ってくれておりまして、
たまに姿を見せに来てくれます。
本当に優しい子・・・
今でもそうです。

この涙が、いつか暖かい涙となりますように。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1393-4b577040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)