花そら双子星 青空の贈り物


tittle18NOV12 029TS

(On the west bank of the Milky Way's shining river, you can see two small stars.
These are the little crystal palaces where the twin stars, Hana-chan and Pokkun, live.
Every evening, Hana-chan and Pokkun return to their palaces.
All night long, they sit with straight backs singing the song called "HOSHIMEGURI NO UTA".

This is the duty of the twin stars.)




花ちゃん童子とぽっくん童子が
お散歩をしようと

遥々天空のお宮から
イヴィーナ(EVINA)の公園にまいりましたのですが

空には黒い綿片のような雲が
たくさん漂っており

なんだか冴えない
大気の顔色模様でした。


コピー ~ 12AUG12 015


真っ黒な雲の一団が
空を覆い

辺りはもう夕暮れ時のような
薄暗さです。


黒い雲おおいつくせ 暗い空
フフンフフン ドドゥ ドドゥ

灰色の風吹き荒れろ 寒い空
フフンフフン ドドゥ ドドゥ



雲の集団は
ますます勢いづいて

おそろしい唸り声をあげながら
空いっぱいに広がりだしています。



A18NOV12 044soraTS

B18NOV12 046hanaTS


空一面に漂う
黒雲の集団たちが

だんだんと集まって
ひとつの巨大な浮遊大陸のようになろうとした

その時です。



びゅぅぅ!


烈しい突風が
二三度、吹き抜けていきました。


W30OCT12 020


地上を覆う空気の厚い層は
波をうって荒れ

竜巻のようになってうねりながら
上空へ逆流してゆきます。

童子たちの小さな身体は
今にも吹き飛ばされそうです。


「さぁ、これにつかまってください、さぁ!」

花ちゃん童子が
ぽっくん童子にロープを投げ渡しました。

blown30OCT12 021



びゅぅぅぅ!

びゅぅぅ!

ぅぅ・・・















一瞬のその嵐がどうにか静まり

ようやく辺りが
静かになったとき、

頭をかかえて地面に伏せていた
花ちゃん童子とぽっくん童子は

なにかとても不思議で
涼しげな香りを感じました。

二人の童子はその香りに安心し、
ゆっくりと顔をあげて
空を見上げてみましたところ

そこには・・・



20JUN12 134bluesky



なんと

乱暴者の黒雲たちは
何処かに吹き飛ばされていて

真っ青な空が目にみえるかぎりの
いっぱいの遠くにまで広がっていたのです。






コピー ~ A20JUN12 046TSbs

コピー ~ B20JUN12 052TSbs






それは、神さまの息吹だったのです。

童子たちはいつも、
とても良い子でいらっしゃいますし
たいへん真面目にお勤めを果たしておられます。
しっかりお勉強をすることだって忘れません。

だから神さまが

ちょっぴり
助けの手を差し伸べてくださったのでした。



TGFbs21NOV12 003




「神さま、ありがとうございます。」

「僕たちきっと、これからも頑張ります。」
「えぇ、頑張ってゆきますとも。」





こうして二人の童子は、
かすかなな涼風が吹くこの公園で
とても静かにお散歩を楽しみました。

そして夜はずっと、
天の川の西の岸辺にある
水晶のお宮にきちんと座って
銀笛を吹いています。


その笛の音は

天球がうごく水車の軋みの音といっしょに

耳をすませば
いつも聞こえてくるのです。。






21NOV12 005endtittle









いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います(感謝) m(_ _)m

よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1304-bc880204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)