テットーとテトナレス 後編


テットーとテトナレス 後編




朗読 Silveretta Gratia Hanako さん

hana face1HANA「今日も暑いんじゃが・・・







hana fumu でもまぁ、気を取り直して・・・



後編いってみんぞな!

hana angryHANA「気合いれて!」





で、

SORAの怪しい掛け声のあと

気がつくと
テットーとテトナレスのふたりは


なんと

薄い霧がかかったまっ黒な夜の中に
肩をならべて立っちょっりました。



そこは、明らかに地球上ではない



夢の水車のきしりのような
天球運動の諧音が響く

不思議な不思議な
ぼんやりとした世界じゃったんぞな。







「おや、あたり一面まっ黒びろうどの夜だ。」
「まあ、不思議ですわね。まっくらだわ。」
「いいえ、頭の上が星でいっぱいです。僕たちぜんたいどこに来たんでしょうね。」

「あら、なんだかまわりがぼんやり青白くなってきましたわ。」
「夜が明けるのでしょうか。いやはてな。おお立派だ。あなたの顔がはっきり見える」
「あなたもよ。」

「ええ、とうとう、僕たち二人きりですね。」
「まあ、青白い火が燃えてますわ。まあ地面と海も。」
「ここは空ですよ。これは星の中の霧の火ですよ。僕たちのねがいがかなったんです。」

「ああ、さんたまりあ。」
「ああ・・・」





hana bikkuriHANA「・・・・・・・・・」





HANAsmile03SEP09.jpg


遠い遠い、あの青い霧の火のむこう

環状星雲のあの光の輪のはるか先で


テットーとテトナレスは
ようやく結ばれよりました





この先ふたりは

静かな星の世界で永遠にふたりきり




安らぎの中で幸せに暮らすんぞな・・・








ずっとずっと・・・・・



永遠に 永遠に・・・




・・・












A27JULY12a 064TT

B27JULY12a 068TT










27JULY12a 024ending





よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




シグナルとシグナレス (画本 宮沢賢治)シグナルとシグナレス (画本 宮沢賢治)
(1994/04)
宮沢 賢治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1252-e75a533c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)