お散歩してるといろいろ感ずることがあったりする


アウシュビッツを生き延びた精神科医
V.E.フランクルの著書にこんな話がありました。





ある時、
捕虜収容所内コンクリートの隙間に
小さな花が咲いたのだそうです。

そこは通路でしたが、しかし・・・


誰一人として

その花を踏むことはなかったのだそうです。



地獄にあっても

人は美しい心を失うことはなかった








道端に咲いたこの花をみて

ふと、その話を思い出しました。。



12APR12a 115flower







フランクルに学ぶ―生きる意味を発見する30章フランクルに学ぶ―生きる意味を発見する30章
(2000/06)
斉藤 啓一

商品詳細を見る


↑フランクル入門書にオススメです!















こういう美に出会えるのも、
お散歩してるからなんだなぁ・・・

この子たちのおかげだ




21APR12a 025keeponwalking







よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1200-3e3821ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

まとめtyaiました【お散歩してるといろいろ感ずることがあったりする】

アウシュビッツを生き延びた精神科医V.E.フランクルの著書にこんな話がありました。ある時、捕虜収容所内コンクリートの隙間に小さな花が咲いたのだそうです。そこは通路でしたが、しかし・・・誰一人としてその花を踏むことはなかったのだそうです。地獄にあっても人...