自然をみて感動するこの気持ちを詩とかで表現する才能が欲しい・・・


丹沢に行ってきました。


A29MAR12 064moutoku


↑こんなふうな
急流が岩にぶつかり
水しぶきの舞い散る様

曹操はこれを

『袞雪』(こんせつ) と詠んだそうです。



輝く水飛沫を
漂う雪片にたとえたこのセンス・・・



B29MAR12 068moutoku

C29MAR12 070moutoku

D29MAR12 071moutoku


hana ordinaryHANA「なんでSORAがカッコつけてんの? ぷす~ww





曹孟徳といえば
「乱世の奸雄」というイメージがまず浮かびますが・・・

しかし彼は、
実は超絶な知識人でしたし
風流な詩人でもありました。


sora tangSORA「お豆でプ~とかでしゅか?」

hana uheHANA「もしかして曹植の七歩詩のこと? うへぇ・・・

*曹植:曹操の五男






文武両道を極めたこの偉大なる

『乱世の奸雄』











HSパパもこんな人物になりたいぜっ!!

演義じゃ悪役だけどね・・・




曹操―矛を横たえて詩を賦す (ちくま文庫)曹操―矛を横たえて詩を賦す (ちくま文庫)
(2009/07/08)
川合 康三

商品詳細を見る

















E29MAR12 107moutoku

F29MAR12 071motoku





よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

曹操さんといえば。

れいままが心を痛めるのは、いくら長男絶対主義だったとはいえ、兄貴と偉い比較されて育った、という隠れ裏話を国語の先生がみっちりねっとり語っていました。

きっと兄より偉くなって、親に認めて欲しかったんだろうにそうはならなかったことが可哀想ですよね。

最近疲れているのか、本を読むのが遅くなりました・・・老化現象でしょうか。フェルマーの最終定理なかなか終わってくれないであります。

@れいまま様

いやいや!
読書のスピードが落ちたのではなく、
それはおそらく

より深く理解しようとしてらっしゃるのでしょう!

これぞ熟練の技!


学問に励んできた者にのみ
習得出来る技能ですよ~!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1189-18b7cda1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)