私は運命に感謝している


死の床にあったある若い女性が
男にこう語った。



以前の何不自由ない暮らしよりも、
私は今のほうが幸せです。
なぜなら、人生を真剣に考えるようになったからです。

私は今、何に対しても真剣です。



こうなった運命に感謝しています・・・







病室の窓からは
マロニエの木が見えた。

その木は彼女に
こう語りかけるのだという。



コピー ~ tree15SEP11 02501A










場所は、強制収容所の病院。

男とは、あのV.E.フランクルである。


























夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る


ナチスの強制収容所を生き抜いた精神科医、V.E.フランクルの著書は
どれも人類の貴重な財産である。


HSパパは何度でも断言する。

これほどの書は、未来永劫もはや生まれることはないだろう・・・









よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1179-768f9a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)