FC2ブログ

現実


私の夢見た永遠は実現せず、
否、それが決して実現しない理想だとわかっていながらも、
それでも切に願ったが、夢は儚くも散った。
自らの権利に固執する私は、
現実と不条理に折り合いをつける為、
仏道に折衷案を求めた。

併しその仏道とは、
この世界の無常を如何に受け入れるか、トいう、
謂わば、諦観を基盤とするリアリストの
現実的な解決戦略であった。
現実を拒絶する理想家の私とは
対極にある教えであった。

世のあらゆる事象は無常であり、
凡ては刻一刻と変化してゆく。


先ずその事実を受け入れ、
如何に其処で生きてゆくのか。
それを皆で考え、助け合いつつ歩んでゆくのが
仏教であるように感ずるこの頃である。
即ち、ブルカニロ博士は仏僧であったのだ。

私たちは人生というこの荒波を
上を向いて大股で歩いてゆかねばならない。
ではその理想をどう実現するのか。
私は仏道にその答えを求める。




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

新九郎譚 「 This is fine 」


我らが新九郎君は、
職場では米人のチームに入っています。
紅一点ならぬ日の丸一点という形ですが、
これがなかなか面白く
日常あちこちに愉快な刺激が転がっているそうです。

さて、そのチームメンバーのみが所属する
LINEなる通信手段のグループという架空集落に於ける
やり取りもなかなか痛快らしく、
先日こんなことがあったと聞かされました。

その日、新九郎君のチームは、
職場の上位者からこてんぱんにダメ出しされてしまい、
それはもう、世界の終焉の3秒前といった雰囲気で、
皆が落ち込む事態となったそうです。
そもそも、その叱責や嫌味な指摘が
到底的外れで納得できるものではないうえに、
他者の否定を前提としての理論の展開に
皆がぐうの音も出ない程に辟易とするなかで
事態の説明すら許されずといった、
兎にも角にも、ほとんど嫌がらせのイジメのような
検査という名目の精神拷問の後に、
「3時間後に解決策を報告せよ!」
という指令を以て一次解散、トなって
その後はもう、陰々惨々、
誰もが口を閉ざしての悲惨な雰囲気となり、
仲間たちの苦悶の表情に
さすがの新九郎君もずいぶんと心を痛めたとのことでした。

そうして運命の時を待つ間、
一体、皆はどんな気持ちだろうと
もじもじと情けなく身悶えすることしか出来ない
新九郎君でしたが、その時、
チームのLINEに一通の投稿(画像)がなされました。

以下、投稿について
新九郎君が私に語ってくれた内容を
かいつまんで記します、曰く・・・

「米人というのは
何時如何なる時をもってしても
明るさを忘れない、
絶体絶命のピンチのはずなのに
それを簡単に笑い飛ばしてしまう、トいった、
良い意味での不真面目さを備えている。

どうにもならない八方塞がりの窮地に於いて、
衝動的に死に繋がる結論をしてしまう日本人の
尊い気真面目さも私は愛するが、
何より先ずはジョークを選択する米人の
潔い前向きさも又、愛さずにはいられない。」


(↓その画像)
This is fine




なるほど。
まぁ、それほど深刻なものでもないとは思いますが、
新九郎君には強く感じ入る何かがあったようです。
(この辺りは、当事者と傍観者の違いなのでしょうけども)

然し私はこの米人の姿勢、
物事と真正面からぶつからずに適度にかわしながら対応する
こういった余裕溢れる精神姿勢に、
世を生きてゆくうえでのヒントがあるような気がしました。


いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

採血


先日、職場の健康診断に行ってきた。
これには採血が含まれるのだが、
私は注射が嫌いで
あの針が侵襲する瞬間の感触は
思い出しただけでも身震いがする。

注射針の無機質な冷たさ、硬さ。
どんなに言葉を尽くしても決して説得することは出来ない。
媚びようが哀れに振舞おうが、
煽てようがへりくだろうが、
同情などしてくれないし
ましてや味方になることなど金輪際ない。
要するに、話が通じない相手なのだ。
血管に差し込まれた際の
あの独特の異物感も不快だし、
私と注射針との間に和解の握手は期待出来ない。

さて、採血の寸前までそんなことを考えていたせいか、
私の表情は硬かったらしい。
不安が滲出していたのかも知れない。
採血の技術者が私の腕を取りながら、
あらぁ~、いい血管だわ~。
これはいい血管よ~。
おばちゃん長いからわかるのよ~。
ト、重ね重ねに褒めてくれたが、
まぁ、嬉しくはなかった。



読んで下さった皆様、有難う御座います。







| はなそらDAYz!ホーム |