FC2ブログ

芳一のみていた世界



「芳一のみていた世界も、又、確固たる現実。」

先日テレビをみていて、
ある僧侶がこんな話をしていらしたのを聞いた。
非常に感じ入って思わずメモをとったのだが、
信じられないことに詳細を忘れてしまった。
私の痛恨事は大概
お酒に原因を持つが、
この時もひどく痛酒していて
お話の核心を
きちんと理解していたのかさえ怪しい。

併し、先にも云ったが
妙に感じ入ったのだけはおぼえている。

何故なら私にとっては、
芳一の体験した死者との交流が
どうしても嘘幻だとは思えなかったからだ。
その事もひとつある。

お話の論点はおそらく、
物の見方というか
何かに相対する時の精神的姿勢といった
難しい内容だったと思うが、
私は話の本筋がどうであろうと
常に自分に照らし合わせての考え方しか出来ないので
真の理解に達することはないのかも知れないが、
まぁ、それはそれで構わないとも思っている。
要は、自分にどう活かすか、だからだ。

芳一のみていた世界は確固たる現実。
芳一は確かにあの時、
平家の武者らと語らった。
交わす言葉があり、琵琶の音に唄はのり、
すすり泣きが静寂に沁みては消える
確かな現実があった。

それが彼にとっての現実世界だった。
私たちが触れ、経験するこの現実世界と、
一体何の差があろう。
色は即ち空であり、空も又、即ち色であるという。
この事実は生きる私を勇気づけてくれる。



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

新九郎譚 「講義」


さて、我らが新九郎君、先日大変に
気まずい思いをしたそうで、
これが当事者でない私からみれば
中々に愉快な内容でしたので、
今日はそのお話をしましょう。

新九郎君はその役柄、
大勢に講義を行うことがあります。
先日のこと、他部署からの要請で
職場でのパワハラ防止に係る講義を行ったそうですが、
新九郎君は少々スパルタなところがあり
しかも自分の極端な努力主義を
他人にも押し付ける傾向にありますので(迷惑!)
その新九郎君がパワハラ防止の講義を行ったなどと、
無関係な私としては、ちょっぴりクスっとしてしまいます。

講義のほうは、矢張りと云うか、
いくら力を込めて鐘を打っても
なんの音もしないような、
終始白けた雰囲気だったそうです。

「大声で人を叱ってはいけません。」
「机を叩きながらの指導はパワハラです。」

こういったことを延々30分、
口角泡を飛ばし、額に青筋を立てて、
血走った目で語る新九郎君を想像すると
滑稽で頬が緩んでしまいます。

併し、講義を受ける側としては切実、且つ、
あなたが云うんですか?といった
口に出す訳にはいかない複雑な心境をかかえ、
それでも黙って聞いていなければいけないのですから、
これはもう懲罰に近い30分だったはずです。

講義の最中は当然、皆が白けきっているのですから、
途中、さすがの新九郎君も少々心細くなってきて
「皆さん、お前が云うな、といった表情ですね!あっはっは!」
などと冗談を飛ばしたりもしたそうですが、
まるっきりの無反応、
静寂が会議室を支配するのみだったそうです。

呆然と空を見つめる者、よそよそしく視線を逸らす者、
苦虫を噛み潰したような表情の者、と様々な面々を前にし、
静寂に耐えられなくなった新九郎君が、
「はい、皆さん、ここは笑うところですよ!」
と、パンパンパンパンなどと手を打ちながら
部屋のなかを歩き回り、
漸く数人かがクスリと笑ってくれた、といった程度なのですから、
これは辛かったことでしょう。
照れ笑いというか、苦笑いというか、
自嘲気味に語る新九郎君は
可愛ゆくも見えました。

(いきすぎた)熱血の新九郎君も、
これで少しは変わるのでしょうか?

まぁ、変わらないでしょう。
「坊ちゃん」がそのまま現出したような人ですから。

(そこがまたいいのですが)






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

進んでゆく時間の中で何が出来るか


ちょいとサボりたい気分になった時に
己の頬を殴打する言葉として
私は以下を、精神の枝折りに書き込んでいる。

・ 明日の自分は今日作る
・ 努力は人生の充実
・ 努力は才や徳なき者に残された最後の希望


最初のは出典が定かではないが、
(泰西の何かか)
あとの二つは幸田露伴だ。
私の明治好きの理由のひとつに
この人の人生に対する崇高な姿勢がある。

さて、名言にもいろいろあるが、
今回は逆名言ともいうべき、
脱力の言葉を紹介しようと思う。

全く努力することなく
コネと口先と、
そして恐るべき運だけで
飄々と出世を遂げる人。
そんな人はどこの世界にもいるだろう。
哄笑しながら大股で世間を闊歩し、
その後ろを心ある人たちが
ペコペコと周囲に頭を下げながらついてゆく、と、
こういう光景は誰もが知っているし
思わず舌打ちをしてしまう人もいると思う。
私も同じだ。

さてある時、
私は非常に難しい会議に臨むにあたり
どうにも頭を悩ませていた。

<どうやれば双方良い形で折り合いをつけられるか>

二つの組織の真っただ中に立たされていたので
双方に対して責任があり、
それだけにプレッシャーも倍という訳だ。

(予定の日までに何が出来るのか、
どこまで出来るのか、そもそも可能なのか…)

頭の中でこのシミュレーションを繰り返し、
繰り返し、繰り返ししている時、
先にあげたタイプの人から、
以下の素晴らしいお言葉を賜った。

「時間なんて勝手に過ぎてゆくものだから、
気が付いたら終わってますよ、ははは。」

自分は最初から高みの見物のつもりでいて
ほんの少しの責任すら負うつもりもなく、
それ故に、最初から準備すらするつもりもなくして
そして上司きどりでこの一言、である。

この一言で、「大事に際しても何もしない」という
自らの人生を暴露してしまったことにすら気付いてなく、
楽な方に流れ続けてきた
精神的弛緩を恥じるでもなく、
大事なところで良い事を云ってやった、トとでも言いたげな
得意顔がまた、情けない。

直前まで足掻き、最善を尽くして事に臨む。
こういった努力が最初から頭にない人の考えに基づいた
この戦慄の一言。

<決してこうなってはならない>

私は気持ちを引き締め、そう考えることが出来たので、
うん、まぁ、これはこれでよいのか、などと考えたが、
名言に対する逆名言というのは
反面教師として活用すれば、これはなかなか、まぁ、
身近な人だけに、より一層、意味が染みるというか、
殷鑑遠からず、といったまぁ、そこそこのアレであって、
どうにも笑うしかなかった、というお話。





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

新九郎譚 「柿」


さて先だってのこと。

我らが新九郎君が
米人と車に乗っていたところ、
立派な柿の木が
それはもう鈴なりに実をつけていて、
その見事な様は
ちょっと拝借、などと失敬してもわかるまい、
と、けしからん考えさえ浮かぶほどだったそうで、
深まる秋の風情などどこふく風で、
柿の甘味を想像して
うっとりと
新九郎君が頬を緩ませていたその時、
米人にこんな質問をされたのだそうです。
「シンクロウ、あれはトマトか?」

うん、なるほどね。
新九郎君はそれだけ思ったそうです。



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

| はなそらDAYz!ホーム |