現実の痕跡


花とそらの写真を見るたび、
その輝くような生命の眩しさに
私は思わず頬を緩ませる。

その表情は、
今の倖せを謳歌する喜びと
純粋な生きる意志に満ちていて、
あまりにも鮮明な現実の痕跡に
私は改めて
損失を実感するのだ。

私はこの記憶にすがって生きてゆく。

写真のみせるその美しい生命の美は
ゆっくりと私の胸に流れ込んできて、
明日を生きる活力となる。







いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。




スポンサーサイト

時間薬


私にとっての最も心強い希望は
「時間薬」という言葉であった。
これを知っていたからこそ、
歯の喰いしばりを以て、艱難の日々を耐え抜く事が出来た。
実体験から確信を以て云えるが、
時間は必ず、どんな悲しみをも癒してくれる。

時間薬の最も優れた、そして最大の特徴は、
何もする必要がない、ということだ。
時間とは勝手に進むもの。
時とは経つものなのだ。
ごく自然に朝日は昇り、
夕陽は自ずから沈んでゆく。

私たちは今ではなく、
その先に視点を置かなければならない。
悲しみを乗り越えたところには、
新しい人生が待っていて、
苦しんだぶんだけの、倖せがあるからだ。






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

今日の倖せ


人にはそれぞれ執念深く追う題材があると思うが、
私の場合、人生が時間に従って下らなければならないという
どうにもならない自然の摂理がそれに当たる。

「今日の倖せを感謝します。」

神仏に祈るある深夜のこと、
自然と口にでたこの言葉に少々驚いた。
いつも口にしているはずなのに、
妙な違和感というか、新鮮さを感じたからだ。

私はかつて、永遠を祈り、願った。
この子たちとどこまでも歩いてゆけますよに、と、
その事ばかりに執着し、現実から目を背けた。
事ある事に神仏へ願掛けし、
永遠は最早保障された確固たる現実であると、
そう思いこもうとした。

そして、現実を知らしめる運命の時がきた。
あれから時間は流れ、今に至っている。

私はその間に何を学んだのだろう。
現実の理不尽、この世の理を憎み、
神仏にすがり、空を仰ぎ見て、
その時間を経た後に、何に気付いたのだろうか。
やっぱり、神仏への感謝であった。

大いなる存在は常に私たちを助けて下さる。
併し、それは決められたルールの範囲内でのことだ。
私たち人間がそれ以上を願ったとしても、
それは不相応な図々しさでしかない。
私は常に身勝手極まりなかったが、
それでも神仏は私と共に在った。…

それを漸く理解した今、
発する言葉は同じであっても
その背景がまるで違うので
自分でも驚くほどに新鮮に感じている。





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

経を唱える意味


春の朧月夜は
この世とあの世の境界を曖昧にする。

最早、神となった死者と交わす言葉は
私の胸に沁み入り、
霧雨が深々と土を濡らして
野山の新緑を育ててゆくように、
死して尚、私の生きる根拠であり続ける。

「般若心経は生きてゆく為の智慧ではないのか?
それを死者に唱えて供養になるのか?」
そんな問いをある僧侶に投げかけたことがある。
こたえは概ねこういったものであった。

確かに般若心経は生者の為の智慧であって
死者を弔う為のものではないかも知れない。
では何故、供養に唱えるのか?
そこが先ず、そもそもの思い違いである。
あたなは死者を供養しているつもりかも知れないが、
実は死者があなたに経を唱えさせているのだ。
唱えた経は墓石に当たって跳ね返ってくるだろう?
励まされているのは、あなたのほうなのだ。






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

| はなそらDAYz!ホーム |