救済の火の鳥


さてその「火の鳥」。
前回も触れたが、
実は大変な問題作である。
なにしろ、作品の内容が、
彼が現実に起こした心中事件とそっくりなのだ。
唯ひとつ、事実と異なっているのは、
作中生き残ったのが女性で
亡くなったのが男性だということ。
実際の事件とはちょうど反対だ。

「火の鳥」
灰燼からの復活、死からの蘇生。
作中、主人公の女性は、
心中失敗というどん底から這い上がり
話題の女優にまで成りあがる。
よく云われるが、
この主人公の姿は太宰の叶わぬ願望だ。
現実世界で死なせてしまった女性を
なんとかして救いたいという願いなのだ。
そして同時に、懺悔であり、贖罪の試みでもあるだろう。
この時の彼はきっと、
女性の生き延びた姿を創作せずには
いられなかったに違いない。

つまり、女性への思いと共に、
この作品の根底にあるのは、
太宰が自分自身へ施した救済であるように思える。
前回の「そ知らぬふりして~」の台詞もそうだが、
彼が自分自身に投げかけているかの様な
叱咤激励の言葉が各所に見られることからも伺える。

僕はなんでも知っている。ちゃあんと知っている。
こんどのあのことだって、僕はちっとも驚かなかった。
いちどは、そこまで行くひとだ。
そこをくぐり抜けなければいけないひとだ。


この台詞などはまさにそうだ。
これは彼が自身に投げかけた理解の言葉だ。

苦しいには違いない、飛びあがるほど苦しいさ。
けれども、それでわあわあ騒ぎまわったら、人は笑うね。
はじめのうちこそ愛嬌にもなるが、そのうちに、人は、
てんで相手にしなくなる。


これなどは自身への叱咤で、
ここから

人間は何か一つ触れてはならぬ深い傷を背負って、
それでも耐えて、そ知らぬふりして生きているのではないのか。


ト、こんな風につなげることだって出来る。
つまり、全体を通して
自身の救済というテーマが透けて見えるどころか、
ほとんど開き直りの如く記してあるように思う。

この作品は、太宰が罪悪感の海に於いて
溺死寸前である自分に投げかけた浮輪のように思える。
それだけに、各所に、はっとするような言葉が散見され
ページを捲る手が止まる事が多い。
心して読まなければならない。
(浅学の身の勝手な解釈なので、話半分で読んで下さい。)





因みにこの作品、「火の鳥」は、未完です。
太宰は、この悲しい女性に関する記憶を、
創作の世界に於いて明確に決着づける事を
避けたのかも知れません。
他に理由があったのかも知れませんが、いずれにせよ、
この作品は未完のままでそっとしておくのが
一番のようにも思います。


いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

「火の鳥」について


人間は何か一つ触れてはならぬ深い傷を背負って、
それでも耐えて、そ知らぬふりして生きているのではないのか。


前回、太宰治の「火の鳥」からこの台詞を拝借した。
作中では、心中に失敗して一人生き残った女性に、
心優しき伯父がかける言葉であるが、
これはおそらく太宰自身が、
生きてゆく為に
己に投げかけた言葉ではなかったかと思う。
何故ならば、この「火の鳥」という作品は、
彼の人生に於いてのある重大な事件を
そのままなぞって出来たものだからだ。

その重大な事件、心中失敗。
相手の女性を死なせてしまい、
自分だけが
真っ暗な海から生還してしまった、この事実。
そこから生じる負い目、後悔、罪悪感、
苦悶の日々は彼を苦しめ抜いたはずで
生きる事そのものが苦痛であったに違いない。
そんな苦悶の日々からの脱却を図る中で
書かれたこの作品、台詞も畢竟、
切羽詰まった現実的なものとなる。
(「火の鳥」というタイトルにも、
死なせてしまった女性を蘇らせたいという
血を吐くような願いが込められている。)

インターネットなど世間ではどうも、
この台詞だけが一人歩きして
有名になってしまった印象であるが、
私たち読者は、
背後にこのような事情がある事を
知っておかなければならない。
そうして漸く、
その言葉の重みを感ずる事が出来るのだ。
台詞それのみを読むだけでは
真の理解には決して至らない。





「火の鳥」は、太宰が最も健康的に輝いた
彼の作家人生中期、その最初期に書かれたものです。
このような辛苦の日々を礎としているからこそ、
あの中期作品群は珠玉の輝きを放つものに
なり得たのだと、そう思います。



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

そ知らぬふりして


太宰治の「火の鳥」に
次の一文がある。

過ぎ去ったことは、忘れろ。
そういっても、無理かもしれぬが、
しかし人間は、何か一つ
触れてはならぬ深い傷を背負って、
それでも、堪えてそ知らぬふりして
生きているのではないのか。
おれは、そう思う。


この中で私が重要だと感ずるのは
「それでも耐えてそ知らぬふりして生きている。」
に在る、「そ知らぬふりして」、ト云う、ここである。

こうした生きる姿勢、
悲しみを風呂敷に包んでおいて
懐深くしまい込み、
口笛吹きながら往来を大股で闊歩してゆくような
頼もしくも悲しい、そして美しい振舞い。

それは、芥川龍之介の「手巾」に登場する
御婦人の美しさであり、突き詰めてゆくと、
正岡子規の云う「禅の悟り」の崇高さに通ずると思う。


私には、まだまだ手の届かない境地だ。



みんな懸命に生きている。
22DEC15 SANSEN Park 008

いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

どこか悲しい音がする


呑気と見える人々も、心の底を叩いて見ると、
どこか悲しい音がする。


漱石先生の「吾輩は猫である」に見られる一文、
猫が人間たちを眺めながら
ふと漏れでたこの言葉。

私を含めた皆、
世の人は、自分一人だけが特別だ、と考えがちだが、
そうだ、
程度や内容の差はあれ、みんな同じに、
何かしらの苦しみを背負って生きているものなのだ。

そう認識を改めただけで、
何か、今までにはなかった、
未知の勇気が湧いてくるように感ずる。
(そして、もっと他者に対して寛容になれる気も)



呑気と見える人々も、心の底を叩いて見ると、
どこか悲しい音がする。









いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

声息来タル


掌編小説 声息来タル


私、新九郎には異国で過ごした時期が御座います。

加州、羅府国際空港から入国して広い広いその大陸に立った時、
溢れる異人さんたちと聞きなれない言葉に包まれて、
雑踏の中に在りながらも
私は古井戸の底にいるような孤独を感じました。
元来、気が弱い私は、
この時すでに挫けそうになっておりました。

然し、私には当てがありましたので
その事が強い支えでした。
ある遠い縁故からの紹介で、
異国の家庭にお世話になることが決まっていたのです。
事前に交わした書簡から
優しそうな印象があったので、
これは大変に心強い命綱でした。

はたして彼らは、
世界の東端、彼らから見れば殆ど未知の国から来た
言葉すら覚束ない貧乏書生のこの私を、
温かく迎えてくれました。
当時の私は相当な捻くれ者で、
尚且つ僻みがちな目の吊り上がった無作法者でしたが、
そんな私に理解を示し、受け止め、
真摯に接してくれたのです。
そこは、厳粛なクリスチャンの家庭でした。

お父様もお母さまも、他人であるはずの私を、
それはそれは可愛がってくれました。
私はその献身的、利他的、
先ずは他人を思いやるその考え方や行動に
深い衝撃を受けました。
思えば、蓬のようだった私が
麻のように真っ直ぐな姿勢を目指し始めたのも、
この頃が起点だったように感じます。
もう、遠い遠いセピア色の記憶です。



20年の月日が経った後、
お父様が他界されました。

それから15年が過ぎた今、
お母さまの危篤を知らせる電子メールがありました。
あんなにお元気だったお母さまの生きる力も
ついに弱々しい蝋燭の炎の様相となり、
自発呼吸もままならず、
集中治療室で沢山の管に繋がれて、
見る者の胸を締め付けるような
それはもう痛々しい姿になられているとの事でした。

「新九郎にはお祈り申し上げる事しか出来ません。」
私はこの日本の地で、
お母さまの無事と早期の回復を祈るばかりでした。
セコイアの大木のように力強かった方が、
一本の藁のようになってしまったお姿が想像できず、
動揺し、もうただただ、オロオロとそこらじゅうを歩き回り、
遂には自転車で飛び出して
真っ直ぐに川沿いを南下して太平洋を目指し、
少しでもお側にと、それはもう懸命な思いでした。

茫然と煙がかって狼狽えた頭のまま
必死にペダルを漕いでおりましたその時です。
突然、なんのきっかえもなく意識が透明になり、
瞬時に心が緊張しました。
驚き、自転車を降りたその瞬間、

ゴォ……!

ものすごい突風が湧き起こり、
目の前の藪から人の背丈ほどもある茶色の塊が
大空に舞い上がったのです。

あまりの事に私は肝を潰し、
ひぃ、などと声をあげて
尻もちをつかんばかりに飛び退き見上げたその先を、

物体は回転しながら軽快に上昇を続け、
やがて大きく膨らみながら
無数の小さな枯れ葉に分裂してゆきました。

螺旋を描きながら
遥か上空に舞い上がってゆく枯れ葉の群れたち。

ゆっくりと拡散しながら大空を漂い、
キラキラと太陽の光を反射しながら、やがて、
それはそれは美しい無数の星へと変貌していったのです。

冬の、深い快晴の青に、
生まれて初めて
私は星空を見ました。



それから、
枯れ葉たちは悠々と空を舞い続け、
最後は粉々に拡散して姿を消してしまいました。
冬の真昼に現出した星空の奇跡を見送りながら
私は暫くその場に立ち尽くしていましたが、
携帯電話に一通のメールが入ったのは
それから少ししての事でした。



あの不思議な星空は、
自然界に帰ってゆくお母さまのお姿そのものだったに
相違御座いません。
私を案じて最後にその様を見せて下さったのです。

命は自然に帰る。
私はその過程をこの目にしました。
今でも本当にそう思っています。







いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

見送る


私の両手の中から
あの小さな美しい花たちが
<音を立てて崩れ落ちた時>
私は自らの崩壊を予感した。

然し、現実にはそうならなかった。
何故か?

そこに、私へ差し伸べられた
たくさんの温かい支援があったからだ。
私は人々の中に、
揺るぎない確かな仏性をみた。


神は人々のなかに存在する。
今、ひとつの大きな仇桜が散った。
さぁ、今度は私が仏性を示す番だ。





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

明日ありと思う心の仇桜


(散る花の話を続けます。)


明日ありと思ふ心の仇桜 
夜半に嵐の吹かぬものかは


意味:
この桜は明日も当然のように咲いているだろうと思っていても、
夜更けに嵐がきて散ってしまうかも知れない。
*仇桜(あだざくら):散りやすい桜



去年の春のこと。
あるお寺に咲いた桜があまりに見事だったので、
後日、カメラを持って撮影に行った。

然し、
当然、満開のままと決めつけていた桜は、
どうしたことが、ほとんど散ってしまっていて、
地面を覆う花びらは、少し茶色になった無残な姿を
痛々しくさらしていた。

私は茫然と立ち尽くし、あっけにとられた。
それはまさに、親鸞の歌そのものであったからだ。


仇桜の原則は何事にも当てはまる。
花だってそうだし、人だってそうだ。
自分の愛する対象、どんなに大事な人だって、
明日同じように会えるとは限らない。
在って当然と感じている存在は、
実は、決して当然ではなかったのだ。


だから、
この貴重な「今」を大切に生きようではないか。




散ってしまった桜だけど…
25MAR15 0051a

残る花も又在り。
25MAR15 0072b
(だから、簡単に絶望するな、元気でいこう、では失敬。)

いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

花も花なれ 人も人なれ


散る花といえば、
私が真っ先に思い浮かべるのは
細川ガラシャである。

本能寺以降、
明智光秀の娘という苦しい立場にありながら
強く、立派に生き通し、
そして最後は気高い死を以てその生を終えた
一輪の美しい花。
「気高い」とか「高潔」トいった言葉は
ガラシャの為に在ると云っても
決して言い過ぎではない。

そのガラシャの辞世

「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」


意味はいろいろな解釈があるが、簡単に云うと、
「死ぬべき時を知ってこそ、花も人も美しい」
ト、いったところだろうか。
石田三成の奸計によって、
自分が夫の足枷とされてしまった事態の中、
彼女は迷わず*自らの命を絶った。
お家の足手まといにはならない、と、
潔い死を選んだのだ。
武家の女性として
見事としか云いようがないその覚悟が、
この辞世の句から感じ取れるようだ。

前回、花の美しさの所以を語ったが、
私は細川ガラシャに、
「散る花の崇高さ」をみる。

終焉の炎に咲いた花は、
神々しく、崇高なものだったに違いない。






*注
ガラシャはキリシタンでしたので自損行為は出来ませんでした。
従いまして、家臣に槍で突かせたとの説があります。(異説種々アリ)

私がガラシャについてお話しますと、
おそらく大変な長々編になると思いますので
自制を効かせて今回は概略のみとしました。
ガラシャの人生について興味をお持ち下さった方がいらしたら、
↓の書が小説仕立てで読みやすいかと存じます。

P2010019.jpg


小説仕立てが読みやすいと書きました。
但し、小説なら何でもいいというわけではありません。
ガラシャに関する歴史小説は多々ありますが、
良書はこちらだけで、他の作品はお勧め出来るものがありません。
お勧めどころか、回避しなければならない酷い悪書もありますが、
まぁ、敢えてタイトルなどは伏せましょう。
 



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。



| はなそらDAYz!ホーム |