なるようにしかならない


(前回からの続きです)

その場に留まろうと思えば、
常に全力で走っていなければならない。


この「赤の女王論」が私の生き方の根底を成すものであり、
私はこの真実に寸毫の疑いすらも持たない。

然し、この考えが実は、ちょっぴりの負担となる事も多く、
この一点に縛られていてはいずれ躓くのは明白だ。
常に全力で生きた幸田露伴のような超人もいるが、
私は凡人なので、
身の丈にあった生き方をしなければならない。

その為、立ち止まるべき時にある事を自覚した時、
私は以下の言葉を思い出すようにしている。
『世の中、なるようにしかならない。』




「どうせなるようにしかならないのだから、
その中でどう生きるかを考えよ。 」

かつて職場を共にした哲学の徒の口癖だった。

この言葉は、いつも私の心の何処かにあって、
ひっそりと然し堅固に
この危なかしい精神を支えてくれている。









いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

スポンサーサイト

放蕩ノススメ


数か月前の事であるが、
近所のお寺で「何もしない日」というイベントが催された。

参加者は、兎に角、何もしない。
ぼーっとするもよし。
世間話をするもよし。
うたた寝をするもよし。
兎に角、何もしないで一日過ごそう、という
ちょっと珍しい企画だった。

私は参加しなかった。

学道の人、寸陰を惜しむべし。
少の隙あらば物の本を見、文字ある物を懐に入、
常に人目を忍びて見べし。

これらを信条とする私には、
一日何もしないという発想が
世界を共用しない異次元の出来事と感じられたからだ。
私は常々、
魯粛に「士、別れて三日、即ち刮目して相対すべし。」
そう言い放ちたいと考えている。

そんな毎日であるが、
在る時ふと倦怠と憂鬱を感じた。

それは最初、半紙に落ちた墨汁の一滴であったが
みるみる肥大化して
ついには私の心身を支配するに至った。

自分で決めた学問の計画をこなすことが
困難となり、
気が付けば辞書をガリガリと爪で引掻いている始末だ。
そんな状態が数日続き、
私は自らの醜態に苛立った。

そんな時、ふと思い出したのが、
あの「何もしない一日」というイベントだった。

何もしない一日。
なんという安らかな響きであろうか。
そして、なんとも魅力的だ。
試しに一日、好きな事をして過ごしてみようか・・

多少の葛藤を覚えつつ、
私は一日だけ全てをサボる事にした。
然しどうにも踏ん切りがつかなく、
焦ってみたり、かえって苛立ったりもしたが、
ついに昼間から黒ラベルを開けた。
ルビコン川を飛び越すため
自らの背を押したのだ。
なぁに、漱石先生だって、
憂鬱病には放蕩が一番と云っている。

私は、顔の筋肉を緩め、肩の力を抜いて、
その日、一日を見事に怠けて暮らした。

その結果、淀んだ汚水に満たされたようだった頭が、
きれいに浄化されたのがわかった。
筆硯に最早、なんの停滞もない。

何もしない一日。
これはおそらく、
多事多忙、学問や仏事に忙殺されて
在る時遂にその疾走に躓きを感じたご住職が、
自らを回復されるのに見出された
謂わば経験から生み出された
復調の秘術ではなかったろうか。
「何もしない一日」の企画は
さりげない御指南であったかも知れない。。






18SEP15 IZUYAMA 083a


18SEP15 IZUYAMA 083HS

花そらとふたりの虹もそう云っているかのよう。。




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

伊豆山神社の腰掛け石


先日のこと、伊豆山神社にお参りをした。

古来より、こちら伊豆権現は
この地方の武家の篤い信仰の対象となっており、
箱根権現と共に、二所権現と称されてきた。

源頼朝公と北条政子様由縁の神社でもある。

私たちが到着した時、
境内は丁度、低い雲の中であったろうか。
辺りには薄っすらと靄が漂い、
木々や葉の緑は表面が濡れて
神秘的に輝いていた。
静かな森の境内は
時折何かの音が木魂するだけで
まるで時が止まったような錯覚すら覚える静けさだった。
そこが厳粛なる神域である事を全身で感じた。
自然と心身が引き締まる。

お参りをすませ、
今回の出向の目的の一つである
「頼朝・政子腰掛け石」へ。
頼朝公と政子様が
逢引の際に腰をおろして
お話をされたという伝説の石だ。

かつて、この地で頼朝公と政子様に
どんなロマンスがあったのか。
そんな歴史を思いながら、
私はそっと手を合わせた。
遠い星の様な存在である歴史上の御二人が、
この日は少しだけ、身近に感じられた。
史跡巡りの醍醐味は、まさにここにある。


18SEP15 IZUYAMA 012







この石に座って楽しそうに会話される頼朝公と政子様。
その傍らにきちんと座って「星めぐりのうた」を歌う花とそら。
そんな光景を思い浮かべていました。



18SEP15 IZUYAMA 012b



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

花そら攻城戦 (SEP15)


こちらも、
「ポンぽんぽんぽんぽん・ぽっくんの伝記」と同じくらいのお気に入りです。
ふたりの個性が役割によく表せたと思っています。

まことに楽しき日々でした。










HS12OCT12 031tittle




時は春秋戦国!

難攻不落の城を攻めることとなった
軍師HANA!



ぽっくん将軍を伴って
敵の城を視察に来ていますが・・・

果たして城を攻め落とす目算は
立つのでありましょうか?









コピー ~ A12OCT12 015
*古代中国の城のイメージで <ヨロシク!



A12OCT12 015


fosse12OCT12 018Bb


C12OCT12 004



hana face1HANA「こりゃ、城外で戦うべきじゃの~。」






hana aHANA「まずは・・・」



11OCT12 034water



HANA majimajimajiHANA「そのうえで、花の放つ乱破に兵糧庫の焼き打ちをさせれば」
*乱破:草の者、忍び、破壊工作員


hana angryHANA「たまらず城兵は撃って出ようから・・・」



26MAY10S.jpgSORA「出ようからッ?!」



A11OCT12 030hidden


ambush11OCT12 031Bb


sora hoooooSORA「手配するでしゅ!」






strategyHANA b


29APR10 2 014faceHANA「アレを使う!」



21FEB12 084kanshin





12JAN09 218SORA「アレはなんでしゅ!?」

HANA majimajiHANA「"砂嚢の計"ぞな。」

*砂嚢(さのう)の計:
 川の水を堰止めておいてタイミングを見計らって堰を切り、人工的に洪水を起こす計
     


HANA majimajimajiHANA「弓隊の攻撃で敵兵を川沿いに誘導し、一気に・・・」

sora scaredSORA「はぅぁ!!」





HANA majimajimajiHANA「さらに、予想される敵の退路には・・・」


12OCT12 051komei







12OCT12 043HSKJ

















な~んて妄想に浸りながら
お散歩してました。

あ~、人生楽しいよ~♪





hana ordinaryHANA「ぷす~www」










~ つづく ~














「砂嚢の計」といえば・・・

背水の陣―悲将韓信の生涯背水の陣―悲将韓信の生涯
(1995/05)
岡本 好古

商品詳細を見る


↑「背水の陣」といえば破釜沈舟などで有名な項羽の計のほうがよく知られていますが、
個人的には韓信のもののほうが好きです。頭脳戦ってカンジで。



ポンぽんぽんぽんぽん・ぽっくんの伝記 (SEP15)


過去のブログで私が気に入っているものの一つが、
この「ポンぽんぽんぽんぽん・ぽっくんの伝記」です。
宮沢賢治のネネムを種本にしています。
賢さんの世界と花そらは、
とても相性が良いように思います。







P21NOV12 052tittle

種本: 宮沢賢治「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」





FM22NOV12 080


「あのサンムトリ山、
 ぽっくんの計算によると近いうちに噴火するでしゅねぇ・・・

 何せ、サンムトリの底のガスの圧力が90億気圧以上になってるでしゅから。
 あの山は80億気圧にしか耐えられないハズなんでしゅよ。」

パパ、ママ、HANAも、みんなが一緒にうなずきました。


その時・・

コピー ~ A22NOV12 153vol


サンムトリの青い光がグラグラと揺れだしました。

そして、
たちまち山はスイカを割ったようにまっ二つに開き、
黄色や褐色の煙がぷうっと高く高く噴きあがりだしたのです。


ガーン! ドロドロドロ! 

続いて耳がやぶれんばかりの大きな音がして、
とうとう山は大噴火をおこしました。


PO22NOV12 124

ポンぽんぽんぽんぽん・ぽっくんは、
気高い紺青色に輝いて静かに云いました。


「ぽっくんはどうも実に偉い。
 今や地殻までがぽっくんの神聖な裁断に服するのだ。」

パパがそう云うと、
ママも

「実にポンぽんぽんぽんぽん・ぽっくんは超怪である。
 私はニイチャの哲学が
 おそらくはぽっくんから暗示を受けているものであることを主張する。」

そう云いきったのです。


「ブラボォ! ぽっくん、ブラボォ!」

HANAが叫びました。


ぽっくんは静かに空を見上げました。

その顔はまるで青空よりもかがやき、
上等の瑠璃よりも冴えていました。

POKKUN20NOV12 046


ぽっくん、ブラボォ!

ぽっくん、ブラボォ!ブラボォ!


みんなのブラボォの声は高く天地にひびき、
地殻がノンノンノンノンとゆれ、

やがてその波がサンムトリに届いたころ、
サンムトリはその影響を受けて火柱高く第二の爆発を起こしました。



AP21NOV12 039


BP22NOV12 109


パパママHANA、そして周囲にいたたくさんの人たち、
みんな一緒に立ち上がって

「ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!
 ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!」

と、ポンぽんぽんぽんぽん・ぽっくんの名を叫びながら踊りはじめました。


CP22NOV12 141


DP22NOV12 127


EP22NOV12 123


向うではサンムトリが第三回の爆発をやっています。


FP18NOV12 045



「ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!
 ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!」



「ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!
 ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!」




「ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!
 ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!」





「ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!
 ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん! ぽっくん!」













コピー ~ 22NOV12 003dreaming








SORA smile 11AUG09 028SORA「・・・という夢をみたでしゅ。」



hana ordinaryHANA「ぷっす~www」













「ポンぽんぽんぽんぽん・ぽっくんの伝記」

    ~ つづく ~




信仰


私は、死後の世界を確信しているし、
死後に於ける生の存続にも何ら疑問を持たない。

では、
見た事もない死後の世界をどうして信じられるのか、
それが単なる妄想だったらどうするのか?
ト聞かれたら何と返答するか。
その答えは、全く同じとは云えないが、
以下に通ずるものがあると感ずる。

吉川英治の「親鸞」だったと思うが、
作中で親鸞に似た質問をした人がいた。
法然(親鸞の師)から教えられた浄土なるものが
実際には存在しないとしたら、
貴方は師に騙されている事になるが、
もしそうなら師を恨むか?
などといった、少々意地の悪い質問だ。

それに対しての親鸞の答えは以下の如きだ。
師への信心の深さはすがすがしいほどである。

「浄土の実在性には疑いの余地など寸毫もないが、
もしも、もしも万が一、浄土がなかったとしても、
私は少しも師を恨んだりはしない。
何故なら、今、浄土の存在を信ずる事で
十分に救われているからだ。」







Note: 
出典は吉川先生の「親鸞」で間違いないと思うのですが、
もし間違っていたら御容赦下さい。
台詞もここでは意味を伝えているのみです。
言い訳になりますが、詰め込み読書が趣味なので、
時たま記憶が混乱してしまう事があるのです。


16SEP15 004


こちらだった可能性が無きにしも在らず・・・

16SEP15 006



或いは、親鸞を扱った何か他の本で読んだのか・・・






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

今からここから


呑気と見える人々も、心の底を叩いて見ると、どこか悲しい音がする。
(夏目漱石「吾輩は猫である」より)


人は誰も、皆が、
心のどこかに苦しみや悲しみを抱いている。

人生には、生老病死の四苦に加えて、
愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦、といった
八種類もの苦がつきものとされていて、
最早、「人生イコール苦」といっても言い過ぎではないかもしれない。

漱石先生だって、
「生涯のうちで愉快な事なんて
砂の中に混じっている砂金くらいしかない」
といった意味の事を云っていたと思う。

然しである。

だからこそ、
いつも超然と平気な顔をして
大股で人生を闊歩している人というのは、
実に尊く、そして粋だと思うのだ。

仰向けに高転びした時こそ
むっくりと起き上がって胡坐をかき、
ピシャリと膝を打って
「よし!ここからだ!」

そう笑って云える人間になりたいものだ。


2014-04-01 01APR14 SANSEN Park 056s









太宰治を敬愛から「スーパースター」と呼び、
三島由紀夫は親しみを込めて「ユッキー」と呼んでいますけども、
夏目漱石だけは何故か、
「漱石先生」となってしまいます。
不思議なものです。




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。









諏訪の花火


もう先月のことになるが、
諏訪の花火大会を観た。 (テレビで)

花ちゃんが花火の音を苦手だった関係で
私は花火が嫌いなのだが、
諏訪となると話は別だ。

諏訪湖に展開する花火は、
ただのエンターテイメントではない。
場所が諏訪だけに、
神々へ捧げる娯楽でもあるはずだ。

そう思いながら
大小色とりどり、様々な花火を鑑賞した。

花火は連続してはいない。
必ず、「間」がある。

盛大で華やかな光の花が頭上に咲き乱れ、
そして、
沈黙と暗闇が訪れる。

花火と花火の間の、この無音と静寂。

この静寂があるからこそ、
光輝く花火は
更にその美しさに磨きをかけるのだ。



花とそらを失った今、
私たちの人生は静寂の時を迎えている。
振り返れば、あの日々が、
如何に輝いていたか、
如何に美しかったか、
この静寂の中だからこそ
あの二つの大輪の花火の美しさが
より一層に感じられる。

こうして考えると、
花火とはまるで人生のようだ。。



あぁ、そうか。
花火の話だった。

もっとリラックスして単純に楽しむのが、
きっと普通の花火の鑑賞方法なのであろう。
だから思考で敗北するのだ。
私の肩は常にこっている。





諏訪高島城にて

20130903105947538_20150912051130419.jpg




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

桶狭間や官渡のような戦が燃える (SEP15)


かつて

花そらと一緒に、
よくこうして趣味を語ったものでした。

むかしのブログは楽しいものばかりです。











HANA SORA presents





敦盛


謡:   Silveretta Gratia HANAKO
合いの手:春団治白点狼SORA









A18NOV12 048shinchoukouki


sora mumuSORA「いよぉ!」





(鼓の音)
ポン!







B18NOV12 050shinchoukouki


sora mumuSORA「いよ、いよォォォォっ!」





ポン! ポ、ポン!







C18NOV12 049shinchoukouki





ポン、ポン・・・ ポンポンポンポンポンポン! ポポン!



26MAY10S.jpgSORA「はいよォォォ!!」











桶狭間へ 信長、出陣!



『敦盛』から出陣までのあの流れ

男なら誰でも、
血がたぎってくるのではないでしょうかっ!?







豊臣の小田原攻めみたいな
勝ち戦はつまんない。





<寡兵よく大軍を破る>





負け戦をひっくり返すのが 男のロマンってもんだ!











シルク扇子  織田信長シルク扇子 織田信長
(2012/05/11)
野澤作蔵商店

商品詳細を見る





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

楽しむ


先日のこと、
歴史上の人物の辞世の句を集めた本を、
Amazonで購入した。

… つもりであった。

さて、と、届いた箱を開けてみると、
入っていたのはなんと、
一般アマチュア俳人たちの
辞世の句を集めた本であった。

うむ。
やはり、ビールとAmazonは相性が悪い。
前からわかっていた事だし
もう何度も失敗しているにも関わらず、
又も間違って注文してしまったようだ。
私は経験から学ばない。

然しである。
気を取り直して読んでみると、
この本がなかなか面白い。

上手い下手、技巧や平仄などどうでもよい。
そこにあるのは、
他者の目など一切気にしない、
思うが儘の人の表現であった。
何の縛りもない自由の言葉であった。
紙面から呼吸が感じ取れるのだ。

しかもこれらの句には、
悲壮感や苦悩、切羽詰まった思いなどを込めたものが
殆どない。
あるのは、生きてきた充実感と、
やり遂げた達成感、そしてちょっぴりの哀愁。。

人とはこんなにも明るく強いものであるのか、と、
勇気づけられる思いであった。
辞世の句でありながら、
生きる希望と命の賛歌に満ちた、
素晴らしい句ばかりであったのだ。




気に入った作品は別に書き出して、
後でまた読めるようにしておいた。

これらを是非とも紹介したいところだが、
本に掲載されているものをそのまま書くのは
(ほとんど人の目に触れない弱小ブログとはいえ)
やはり気が引けるので、
一作品だけ私が最も感銘を受けた句を紹介しようと思う。

辞世の句でありながら
死など寸毫ほどにも気にかけておらず、
爽やかで清々しい、
潔い開き直りが笑いすらさそう、そんな元気な句だ。

これを読んで、
皆で明日も頑張ろうではないか!




「死ぬ気などさらさらなくて新走」  松本可南さん作

新走: 新米で作った新酒の事だそうです。







良い買物をしました。 
ビールがなければこの本との出会いはありませんでした。
有難う!黒ラベル!
 
26AUG15 002 

展望社 一億人のための辞世の句  定価1500円+税
選著 坪内稔典(のぼさんの研究で有名)



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

我が愛しいチビっ子たち(SEP15)


あの子たちのいたあの日々。
私は本当に幸福でした。

たくさんの人に見て欲しいのです。
花とそらのこの美しい姿を。









ASコピー ~ Asora26JAN13 148

永遠に少年のままのキミ



Bsora13JAN13 008a

その輝く瞳には何が映るのだろう



a24JULY12 003HANA

ずっと少女のままのキミ



Bhana06DEC12 106a

その美しい夢を大事に守ってゆきたい





その無邪気な姿
その汚れなき魂




「生きる意思」に満々た、
この小さくも力強い生命たち・・・













この子たちを思うその
愛おしい気持ちに

<脳乱>しそうになる毎日です。。






sora scaredSORA「脳乱ってッ!??」

hana ordinaryHANA「ナニソレコワイ ぱぷす~www」










いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

茅ヶ崎にて (SEP15)



沖を行く一艘の船を烏が凝っと見つめている。    


2014-07-17 27JULY14 004 TGO




この烏は、
悲しいほどに無力なこの私自身の姿だ。

去って行く舩を前にして
見送ることしか出来ない。

ただ茫然と、
去り行くものを見送る事しか出来ない
実に非力な存在なのだ。


私は今、人生を知った。

一人の人間など、
大いなる時の流れの前では
塵芥ほどの存在でしかない。

身を以てそれを知った今は、
「ではその中で如何に生きてゆくのか」
この事が重大な問題となった。


この浜辺の杭のうえで、
私は静かに結跏趺坐して手掛かりを探すのだ。








いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。


続々・真夏の死


そしてこちらは、
2014年の8月に記したものです。

元気いっぱいに鳴いていたであろう蝉が、
こんなに乾いた姿になるのは
見ていて辛いものです。

私は、無垢の生命を愛おしく思います。






ベランダに弱った蝉が横たわっていた。

かつて、
真夏の陽射しの元で力強く鳴き
蒸すような大気を軽快に羽ばたいた姿は
今はもうない。
微かにその六本の脚で、
私の指先を抱きかかえるように
しがみついてくるのみだ。

無理に指を離すと、
その足は不安そうに空を掻きはじめる。

また指を抱かせると、
安心したように動かなくなる。
この蝉は死の恐怖と戦っているのだ。


庭の木の、枝の付け根部分へ蝉をのせた。
ここなら安定しているので落下の心配はないし、
繁った葉が夏の凶暴な陽射しから弱った身体を守ってもくれる。
蝉は少し動いて、そしてそのままじっとしていた。


間もなくこの蝉は静かな死を迎えるだろう。
然しその死は、安らかで尊厳のある、
立派に生きた命の最後にふさわしいものとなるはずだ。
私は去り行く魂にそっと手を合わせた。






敬愛する太宰治が言っていたが、
秋は夏と同時にやって来る。

秋になり、無残に枯れた桔梗の花も、
ばたばたと黒土を這う蝶も、
そしてこの蝉も…… 皆、夏に生まれるものだ。

生命の隆盛ともいうべき夏の時期に、
静かな秋はすでに始まっているのだ。






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

| はなそらDAYz!ホーム |