我もまた、未だ木鶏たりえず


古代中国のある国に、闘鶏を育てる名人がいた。
ある時、その国の王が名人に闘鶏の訓練を依頼した。

名人に闘鶏を預けた十日後、
王が訪ねて来て、問うて曰く
「どうだ、鶏は強くなったか?」
名人答えて曰く
「いけません。空威張りして強がっているだけです。」

また十日の後、王、問うて曰く
「どうだ、少しは強くなったか?」
名人、答えて曰く
「まだいけません。他の闘鶏の声や姿を見ただけで興奮してしまいます。」

更に十日の後、王、問うて曰く
「どうだ、そろそろ強くなったろう?」
名人、答えて曰く
「いけません。
相手を睨みつけ己の強さを誇示しているだけで、本物には成り得ていません。」

それから更に十日が経ち、
王が鶏の状態を問うたところ、名人曰く
「完成しました。他の闘鶏が騒いでも全く相手にしません。
まるで木鶏のように泰然自若としており、無為自然の状態です。」






木鶏の故事は荘子に典拠を持ち、
日本では、スポーツ等、勝負事を語る際によく引用される。

私はこれを人間関係の場に応用したい。

他人と同じ位置に立って、同じレベルで意識し合っていれば、
必敵の状態となってしまうのは避けられないが、
自らが木鶏と成る事が出来れば、
そんなつまらない事になりはしない。

相撲でいう、がっぷり四つに組み合うのではなく、
相手の意識をさらりと受け流す事で、
相手のもうひとつ上をいくのだ。
これぞ、至人の振舞いといえる。

安易に相手を打ち負かしても意味はない。
むしろ、そのような勝利は遺恨を残す事になり
人間関係に於いてはマイナスにしかならない。
ネガティブであり不健康的であり、
損失であり非生産的である。

それよりも、木鶏の境地を目指して
あえて、自らを茨の修行の谷底へ奈落せしめ、
そこから己の器量を高めてゆくようにすれば、
きっと皆が幸せになれるのだ。
先ずは自分から、の心意気だ。


などと、常日頃考えてはいるのだが、
私もまた、
我、未ダ木鶏タリエズ、の状態に相違ない。






新九郎は、まだまだ遠い存在……

ISE04SEP14 YM 007





四字熟語の中国史 (岩波新書)四字熟語の中国史 (岩波新書)
(2012/02/22)
冨谷 至

商品詳細を見る


スポンサーサイト

新九郎、虚静恬淡となりて至人の境地に達す


海岸の杭にトンビが一羽とまっている。


ISE04SEP14 YM 007



トンビの名は新九郎という。
邯鄲辺りからの流れ者らしいが、詳しいことはわからない。

新九郎はもう、何時間もこうして同じ場所にいる。
腹もすかぬ、のども乾かぬ。
暑さも気にならなければ
吹き上げる砂塵にもびくともせぬ。

新九郎の心は無だ。
その精神にはさざ波ひとつ立たぬ。

何故なら新九郎の存在その物が、
雲であり森林であり太陽であり
広大な大地の一部であるからだ。
新九郎は完全にこの世界に溶け込んでおり
眼前の景色と一体なのである。

即ち、新九郎には、
「己」という概念もなければ「他者」という概念もない。
つまり意識すべき対象が存在しない。
対象がなければ仮想の敵に緊張することもなく、
他者のする事にあれこれと思い悩む必要もない。

新九郎は「虚無」である。

木偶の如き顔は更に表情を失い、
語る事も稀となり、
ついには呼吸の有無さえ疑われるに至った。
「既に、我と彼との別、是と非との分を知らぬ。
 眼は耳の如く、耳は鼻の如く、鼻は口の如く思われる。」






秋の日の浜辺に
太陽の光が燦々と降り注いでいる。

新九郎は、今日も変わらず遠くを見つめている。


ISE04SEP14 YM 007





青字の部分は、中島敦「名人伝」より抜粋したものです。

山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)
(1994/07/18)
中島 敦

商品詳細を見る

すすめ、ジェットのかぎりに! SEP14


2013年4月掲載のものです。
こちらもお気に入り記事のひとつ。

元気に走り回る楽しそうなそらの姿は、
私たちを幸せな気分にさせてくれたのです。








(2013年4月)

すすめ、ジェットのかぎりに!





Aコピー ~ 26MAR13 282


Bコピー ~ 26MAR13 283




A26MAR13 288soraJ


B26MAR13 289soraJ




C26MAR13 290soraJA


D26MAR13 291soraJA







戦闘機のぽっくん、
爆走しはじめると周りが見えなくなるみたいで・・・

よく花にぶつかってます(笑


10JUN10 143madHANA「前みて走らんか~いっ!」










花とそらが走ったあのドッグラン。
今でもその姿が見えるようです。。



「初恋」 島崎藤村   SEP14  


2012年10月に、こんな記事がありました。
美しい文学を花とそらと共に語る・・・ 本当に良き日々でした。

自分もいつか、
あの子たちとの思いでをこの詩のような美しい言葉で綴ってみたいものです。


(今はただ、不器用にどもりながら、
 不格好なれども気持ちだけはある言葉を記してゆくのみ。。)










(2012年10月)

花そらと読む    
  初恋 島崎藤村




A11JULY12a 056toson


B07AUG12 067toson


C07JUN12 011toson


D26AUG12 021toson





まだあげ初めし前髪の

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の

花ある君と思ひけり








なんと日本語とは斯くも美しいものであったか・・・!

それを再認識させてくれるのが、
この、島崎藤村の「初恋」という詩であります。


学生の頃に散々読んだハズなのに、
当時はこの美しさに
全く気付くことはありませんでした。
(単に、テストのお題くらいにしか思っていなかった。)

しかし今ふと読んでみて
そのあまりの美しさに驚愕し、
椅子を蹴って立ち上がり
天を仰いでため息をついたほどでした。

自分でもビックリです・・・



HANAsmile03SEP09.jpgHANA「"まだあげ初めし前髪の" のトコがいいよね!」



そうなんです!

そこはもう最高ですよね!!



sora tangSORA「ぽっくん、いまいち意味が・・・」


詳しい意味よりも、
ここはその雰囲気を楽しんで下さい。

純真純朴な明治の若者たちの
その初々しい恋のイメージというか・・

それは十分感じ取れるハズなので
意味もおのずと「体感」出来ると思います。

音読すると
更にそれがわかると思うので

ぽっくん、いっちょ声に出して読んでみよう!


sora mumuSORA「了解でしゅ!」


コピー ~ 2009120917595096cSORA「まだあげしょめし、前髪の!」



*詳しい意味については、インターネットで調べると
 多くの博学の士たちが解説下さっているので
 そちらにおまかせする事といたします・・・









島崎藤村「初恋」

日本語のもつ
その繊細ではかない

野にひっそりと咲く
「触れなば折れん」的な可憐な一輪の花のような

hana ordinaryHANA「しつけ~www」


その危なっかしい美しさ・・・



それをあらためて教えてくれるのが
この奇跡のバランスで綴られた言葉の芸術なのです。


う~ん、日本語って、やっぱり超絶美しいなぁ!










*音読すると感動が倍増! <お試しあれ!

若菜集 (愛蔵版詩集シリーズ)若菜集 (愛蔵版詩集シリーズ)
(2002/12/25)
島崎 藤村

商品詳細を見る








~ おまけ ~



hana ordinaryHANA「明治で恋といえばっ!? はいっ!


コピー ~ 2009120917595096cSORA「月が綺麗でしゅね~!」


小くとも豪傑


何故この蟹は、
このように見事な最期を遂げることが出来たのか?
それについて、
どうあっても触れておかねばならぬ事実が此処にある。

三島のユッキーも言っているが、
死を迎える場面とは、生物がその人生の中で最も緊張する瞬間に違いない。
取り乱しもすれば、常軌を逸した突飛な行動をとってしまう事もあるだろう。
無様にうろたえるかも知れない。

それにも関わらず、
この雄の蟹は立派な最期を遂げた。
ほとんど理想の形といってもよい。
何故そう出来たのか?

それはおそらくこの蟹が、
日頃から身を引き締める教訓を以て
自らを厳しく律していたからに違いない。

怠惰に流される事なく
楽をせず

己の精神を厳しく研鑽してきたからこそ、
最も緊張する状況にあっても一切取り乱す事なく
このような勇気ある行動が取れたのだ。
口先だけの小人には決して真似する事は出来ない。

そうして今やこの蟹は、
後世に語り継がれる存在となった。
身は滅びたが、
その精神は後の世代に継がれる事となったのだ。

私はこのような誇り高き勇者、
立派に何かを成し遂げられる真の意味での豪傑を、
心の底から尊敬する。

私も、いざという時に行動出来る人間になりたいものである。














そう考えてみると、この後ろ姿が実に偉大に見えてくる。
彼の示した勇気と武勇に敬意を示し、これより彼を「典韋蟹」と呼ぶ事にしよう。


22AUG14 FJ 036 a








誇り高き死


22AUG14 FJ 036 a


この蟹は今、
叩き付ける怒涛に立ち向かおうとしている。

蟹に勝ち目はないであろう。
しかし、これほどの無謀な勝負を挑んでいる以上、
そこにはそれなりの理由があるはずだ。
蟹が死を決意するほどの何かが。





ここで画面中央下付近をよく見て欲しい。
蟹がもう一匹いることにお気付きだろう。
この蹲ったもう一匹の蟹こそ、
岩の上に凛々しく立った雄の蟹の妻なのである。

妻は今、負傷した脚の激痛の為
その場から一歩も動くことが出来ない。
其処へ、満潮に伴う大波が次々と押し寄せている。
最早避難する時間などない。

そうなのだ。 
岩の上の雄蟹は
荒れ狂う怒涛から妻を守ろうとしているのだ。

動けぬ妻を案じ、
蟹は海を押し返そうと考えた。
無論そんな事は不可能ではあるが、
悲しいかなこの小さな生物にそんな事は判らない。
ただただ必死なだけなのだ。

勇敢なる蟹は決意した。

(この身体を砕かれてもきっと海を押し返してみせる)





間もなくこの妻と夫は
無情の波にのまれるだろう。
そしてその事は世界の誰にも知られることはない。

しかし、この広大な世界の片隅で今日この時、
このように美しく、気高く、愛に満ちた物語が確かに存在したのだ。

その厳然たる事実は私の心に強い感動を呼び起こし、
どうしても書き残しておかずにはいられない心境に至った次第。

















この物語は、太宰治の「一つの約束」の如く、私の幻想に端を発したものである。
然し決して嘘や創作とは言い切れない。
何故なら、世の中には誰にも知られない事実というものが確実に存在するからだ。

そうして、そのような、小さいけれども懸命に生きる、戦う命の物語にこそ、
なんの濁りもない透明な美が輝くものだと、私は考える。


22AUG14 FJ 036 aHS

何もない静かな一日


花とそらと一緒に
この公園を歩いたあの日々。

軽快に歩き、静かに座って休み、
心地よい風に吹かれながら

手を伸ばせばそこには花とそらがいた。


「何もない静かな一日、
 もしかしたらこんな日が最も幸せなのかも知れない。」

三島のユッキーの長編に
こんな意味の台詞があったと思う。

あのお散歩の日々、
何故こんな大事な事に気が付かなかったのだろう。

何もない静かな一日こそが、
私たちにとっての「本当の幸いの日々」だった。
当たり前の毎日の中にこそ、
探し求めた真実が在ったのだ。








厚木市の若宮公園は思い出の場所・・・

a15AUG14 birds 009



かつてこの場所に座り、三人で風に吹かれた。

b15AUG14 birds 008



足もとの草が何かを言いたげに揺れている。

15AUG14 birds 006a

それはただの草ではない。
一緒にいてくれる心強い友なのだ。

少なくともこの草は、
私の気持ちを理解し心を寄せてくれている。
そんな頼もしい友なのだ。
















(そして、この子たちもそこに・・・)

c15AUG14 birds 006









上記のセリフはこの作品中・・・・・・ だったかな?

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)
(2002/10)
三島 由紀夫

商品詳細を見る

一つの確信


先日、FCレトリバーと遊ぶ機会があった。

久しぶりにリードを持ち、緑の中を一緒に歩いた。
抱っこもしたし、シャンプーもした。
背中を撫でたり、お手をもらったりもした。
どんどんと私になれてきてくれるのが
お顔の表情からはっきりとわかり、
私に向けられた無垢で美しい視線に
強い感動をおぼえた。

フラットと遊べる。
実はこの日への不安は大きかった。
然し同時に楽しみでもあるという複雑な心境にもあり、
そして更に常軌を逸するほどに激しく緊張もしていた。

だが終わってみれば何の事はなかった。
実に楽しく素晴らしい一日であった。

が然し、その緊張の一日を終えた時に一気に気が抜けた。
愛する子らと過ごした日々の記憶が昨日の事のように思い出され、
その痛烈な悲しみは荒天時の怒涛のように
何度も何度も私を襲い、ついに私は深夜の大酒に逃げるに至った。
結果、次の日は二日酔いで一日寝込んでしまった。 
男子たるものにあるまじき失態である。

然し、皆さん、笑ってはいけない。

一日休むのは仕方ないとして、
その翌日は痛快だったのだ。

その日私は何を思ったか、朝から愛用の自転車を飛ばし、
一日かけて平塚七福神を全てお参りした。
真夏の太陽のもとでの運動は
大量の汗と共に陰性の気分を全て体外へ排出し、
神仏への厳粛なる祈りは私の精神を美しく浄化した。
半泣きで寝込んでいた前日の私は
最早そこにはいなかった。
私はこの巡礼により、「新たな一歩」を踏み出す為の自分を創りあげたのだ。
私は倒れたままではいなかった。

正直なところ、もう何度その「新たな一歩」なるものを踏み出したことかわからないが、
然しその事実を踏まえ、私はある強い確信に辿り着いた。

何度倒れても躓いても立ち止まっても行き倒れても、
人というものは、前に進むように出来ている。

これはおそらく、真理ではあるまいか。
倒れたままではいられない、
人の心の中には、前進への突き上げるような欲求というものがあるのではないか。
常に進んでいたいという、
背中を押してくる得体の知れない巨大な力が
弱い心の何処かに秘められているのではないだろうか。

私は此の度、そう思うに至った次第である。

(明るく健康的でちょっぴりユーモアのきいた中期の太宰っぽく書いてみました。)











福禄寿さまのお守りと共に。
二つの鈴が、花とそらを思わせるのです。


AUG14007HS.jpg

この愛らしいお守りは、善性寺で購入出来ます。
優しい雰囲気の漂う心休まるお寺です。





川沿いの小径


湘南の海へと続く
引地川沿いのこの小径を

花とそらは王様の軍隊のように
堂々と歩いた。

花は、ツンとすまし顔で尻尾をふりふり。
そらは、ニコニコ顔で軽快にすいすい。

ふたりは確かに此処にいたのだ。



A05SEP14 SHN 005


B05SEP14 SHN 006


C05SEP14 SHN 008


D05SEP14 SHN 009




今、その存在を示す痕跡は何処にも見えない。

しかし私の心のなかには、
元気にお散歩するあの子たちの姿が
今でもはっきりと焼きついている。

E05SEP14 SHN 010











花そら公園巡り ~藤沢市 引地川親水公園 ~ その9


花そら公園巡り ~藤沢市 引地川親水公園 ~ その9

「菜の花の土手」





毎年、春になるとこの土手は、
一面が明るい黄色に覆われる。

A1NF31MAR14 SP 025




春の到来を告げるこの
命の力に満ち溢れた美しい菜の花たち。

花とそらは、
この明るい、春の到来に喜び輝く花の群れの中を
軽やかに駆けるのが好きだった。

C331MAR14 SP 026



エヘヘと笑うふたりの顔には、
黄色の花弁が可愛らしくくっついていて、

その身体は、すっばいような緑と、
柔らかな花の香りに包まれていた。

「春」という季節がくれた
自然のアクセサリーと香水をまとった花とそらは、
穢れのない清らかな、形而上的な何か、

まさに、天に愛された、神の子のようであったのだ。

B231MAR14 SP 033






毎年、春になるとこの土手は
一面が明るい黄色に覆われる。

去年も一昨年も、その前もそうだったし、
これから先もきっとそうだ。

そうして私は、
あの遠い幸せの日々を思いながら

これからも
この土手を歩いてゆくのだろう。




ずうっと言い続ける。

幸福の記憶をありがとう、花、そら。。







茅ヶ崎にて


沖を行く一艘の船を
浜辺の烏が見つめている。



2014-07-17 27JULY14 004 TGO




この烏は、
悲しいほどに無力なこの私自身の姿だ。

去って行く舩を前にして
見送ることしか出来ない。

ただ茫然と、
去り行くものを見送る事しか出来ない
実に非力な存在なのだ。


私は今、人生を知った。

一人の人間など、
大いなる時の流れの前では
塵芥ほどの存在でしかない。

身を以てそれを知った今は、
「ではその中で如何に生きてゆくのか」
この事が重大な問題となった。


この浜辺の杭のうえで、
私は静かに結跏趺坐して手掛かりを探すのだ。







| はなそらDAYz!ホーム |