花そら公園巡り ~厚木市若宮公園 後編~


花そら公園巡り 厚木市若宮公園 後編




まっすぐに続くこの道を

すましたお顔で上品に歩く花、
元気いっぱいに軽い足取りのそら。

右に左に、お花や小鳥、木立、バッタや蝶々・・・
花とそらはいつもご機嫌でした。
18OCT13 037
この道を
永遠にみんなで歩いてゆけるものだと思っていました。




梅の木たちが手を取りあってアーチをつくり、
花そらを迎えてくれていました。
18OCT13 040
公園のみんなが
花とそらのお友達なのです。




木漏れ日の階段のその先には、
いったい何があるのだろう?
お菓子の国?広がる大草原?
18OCT13 053
花そらの冒険は永遠に続きます。




春には、この黄色い花が一面に咲いて
公園を飾りたててくれます。
黄色い海の中で遊ぶ花そらの姿は
この世のものとは思えないほどの美しいものでした。
18OCT13 064
私の中の、Golden Yearsです。




大きな鯉たちが悠々と泳ぎ、
鴨たちがすいすいと水面を進むこの池・・・
18OCT13 066
実は柵の幅が少々広く、
そらは通り抜けてしまうので油断なりません。
(柵があっても躊躇なし。
 全く気にせずダッシュですり抜けようとしていた
 そらくんでした 



橋の下は休憩ポイントです。
みんなで座って音楽を聴きながら、
のんびするのが大好きでした。
18OCT13 068
おすわりする花へ
そらはいつも身体を密着させるようにして座っていました。
静かに流れてゆく三人だけの時間がここにありました。
私の一番大事なひと時でした。
ほんの半年前の話です。




春にはこの土手が、
上に掲載した黄色い花で美しく覆いつくされます。
「日常の中の非日常」とでも言うのか・・
筆舌に尽くしがたいほどの美しさでした。
18OCT13 086
秋にはこの毛足の長い黄金の絨毯のような草に覆われます。
草花を見て季節の移り変わりを楽しんでいた日々。。

出不精の私を
こうして花とそらが連れ出してくれたおかげで
その季節独特の「美」に気付くことが出来たのです。
この子たちがいなかったら
きっとこうした自然の芸術に触れる機会など、
いや、目に映ってもそれを美しいと感じることさえ
出来なかったに違いありません。

小さな命。
愛すべき、懸命に生きる自然のその生命たち。
その姿のなんといじらしく、なんと美しいことか!




愛する子たちと共に、
この平穏で静かな丘の小道を歩く・・・
世の中のどんなに嫌なことも、
どんなに恐ろしいことも、
ここには、そんなものは一切ない。
なんの心配事もなく、ただただ安らかな気持ちで「歩く」そのこと。
18OCT13 095
なんという幸福であったろうか。
なんという喜びであったろうか。




見上げれば並ぶこの桜の木たち。
この木陰にみんなで座っていたあの日は・・ 今、遠く。
18OCT13 104
何を見ても悲しい気持ちに涙が流れます。
でも同時に、しあわせだったあの時間を思い出して
笑顔にもなるのです。
全ては花とそらのくれた幸福です。




一周して、
「ぽっくんの木」の元へ帰ってきました。
18OCT13 114
木は何も語ってはくれませんが、
優しく私たちを見守ってくれているのです。
その存在感で私を包み込むようにして。




いつもの水道。
この水道も、私たちの喉をずいぶんと潤してくれたものでした。
濡れた周囲のセメントが、
蛇口から出てくる冷たい水を予感させてくれます。
18OCT13 116
たくさん歩いたから、さぁ、水を飲もうね。
今日のお散歩はおしまいです。
帰りは車でゆっくり休もう・・・







この公園は、
元気だった花が最後にお散歩した
特別な場所でもあります。

どこを歩いても美しい思い出ばかりです。

木々の緑、一面に咲いた花々、小鳥たちの歌声、
あれから後も、
みんなそのまま、何事もなかったように変わらずそこに在ります。


どうか、その美しい姿を保ち続けて下さい。

わたしたちの思い出と一緒に、永遠に在り続けて下さい





今までありがとう、若宮公園・・・







スポンサーサイト

花そら公園巡り ~厚木市若宮公園 前篇~


厚木市若宮公園


この美しい自然の公園

6月にそらが亡くなった後
残された私たち家族が
はじめて「3人」でお散歩した公園です。

もう4人ではない、3人なのだ・・・

悲しくて、
花を抱きしめて涙を流したその時、

私たちの傍らを
爽やかな風が駆け抜けてゆきました。

そら? そらなのか・・・?

顔をあげると広場の端で、
緑色濃い木がゆったりと枝々を揺さぶって
私たちに微笑みかけていました。

まるで、精霊となったそらが宿っているかのように。




花そら公園巡り ~厚木市若宮公園~




緑に包まれた美しい公園。
この場所に立つと、
濁りなく澄んだ透明な風を楽しむことが出来ます。
18OCT13 006




私たちが「ぽっくんの木」と呼ぶこの木には、
精霊となったそらが宿っているように感じます。
18OCT13 008
私たちを優しく見守ってくれています。。



広場を進んでゆき、振り返るとやっぱりそこには・・
18OCT13 010
「ぽっくんの木」があり、私たちに微笑みかけてくれるのです。
<いつもそこにある>
やさしい、やさしい、「ぽっくんの木」です。




綺麗に整備された歩道。
18OCT13 014
舞う枯れ葉たちが囁きかけてきます。
この公園の住民みんなが友達です。




野外ステージ。
敷き詰められた赤レンガが気持ち良かったのか、
ここは花そらの休憩(寝そべり)スポットでした。
18OCT13 020




この水道にもずいぶんとお世話になりました。
18OCT13 021
花とそらが水を飲む姿は
とても愛らしいものでした。




みんなでよく休憩した木陰のこの場所。
18OCT13 025
いま、花とそらの姿はそこには在りません。
でも、確かにここにいたのです。
赤レンガを撫でてみると、暖かさが残っているような気がしました。




欧羅巴の街のようなこの通りを進んでゆくと
右手にパスタ屋さんがあり・・・
18OCT13 027
花とそらと私の歩く姿が、その大きなガラス窓に映し出されたものです。




花とそらの立派で美しく凛々しいその姿、一緒に映っている自分。
18OCT13 035
ガラスに映った自分たち3人のその姿に
私はうっとりと心酔し・・・
嬉しくて嬉しくって、思わず敬礼などしたものでした。
(「おしゃれ童子」・・・だったかな?)




長くなってしまいました。

後編に続きます。。




斜陽に立つ


夕暮れ時の西の空は

この世とあの世の狭間に揺らぐ
幻燈のような美しさだ。


19JULY13 130suwaSS




世界が夜へと劇的に移り変わってゆく
その刻限に於いては

目を閉じ、静かに祈るだけで、

旅立っていった子たちを
傍らに感ずることが出来るのだという。







いつかきっと (「ワーニャ伯父さん」より)


この先いつか
あの世へ行ったら

花とそらを失って
私たちがどんなに苦しかったか
どんなに涙を流したか
どんなに辛かったか
それらを残らず神様に申し上げましょう。

すると神さまは、まあ気の毒に、と思ってくださる。

そして、
ずっと私たちが会いたかったあの子たちと
再び引き合わせて下さることでしょう。

神様の元からこちらに向かって
一心に駆けてくるあの子たちを見たら、
私たちは思わず
大きな声でその名を叫ぶに違いありません。

花とそらから一瞬も目を離さずに
全身で抱きとめ

どれだけ会いたかったか
どれだけ悲しかったか
どれだけ愛しているのかを

頬をすり寄せながら
力いっぱい、力いっぱいに伝えたい。

そうしたらきっとあの子たちは
私たちの顔を嬉しそうに舐めてくれる。

その時こそ
私たちの心はようやく救われ
なんとも言えない明るい気持ちで
ほっと息をつけるのです。

そして現在の暮らしを、懐かしく、微笑ましく振り返って、
ようやく、ほっと息をつけるでしょう。

わたくしは本当にそう思います。
心底から、燃えるように、焼けつくように、そう思うのです。


だから、今のこの悲しみの時を
しっかりと頑張って生きてゆきましょう。

大地に足を踏みしめて
力のかぎりに歩いてまいりましょう。


花とそらに再び会って
ほっと息をつけるその日まで。。










Come19APR13 0971


Come19APR13 0982


201309031410028b5a.jpg



「ワーニャ伯父さん」チェーホフ著 より

ここから


神の子たちよ、貴方たちは純粋で美しく、
何の汚れもない真っ白な魂の持ち主だった。

貴方たちを亡くしたこの現実の、なんと辛く苦しいことか!


生命は皆、ひとつひとつ平等に、
永遠の眠りについてゆく。

その現実を目の当たりにしながらも、
それでも歯を喰いしばって生きてゆかなければならない。

<ここからまた、はじめるしかない>


夜空には、星々が鳴るように輝いている。









雪の夜の話


昔、ヨーロッパの海で若い水夫が死んだ。

検死を行った医師は、
その過程でひとつの驚くべき現象を発見し
記録にのこした。

医師の証言は、実に不可思議なものであった。

死んだ水夫の瞳に、
どこかの家庭の食事の風景が映り込んでいたというのだ。

どういうことであろうか?

このような仮説で説明されている。


真冬の嵐が猛るその夜、
水夫は、漆黒の海へ投げ出された。

荒れ狂う怒涛、
途轍もなく巨大なうねりに翻弄され、
もはや助かる道理などなかった。

虚しいあがきの中で、
必死になって水面に顔をあげた水夫が
遥かな空に見たもの。
今生の終末に於いて最後に目に映ったもの。

それは、遠い記憶のなかの、
水夫が最も幸せだった時間の光景であった。
水夫が最も心安らいだ家族団欒のひと時であった。

命が消えてゆく。

しかしその時、
水夫はもはや冷たい北海の海にはいなかった。

その魂は確かに、
温かいランプの光に照らされた
貧しくも温かいあの小さな食卓にあったのだ。


<その瞳に残されたもの>

それはまさに、
水夫が最後に見た光景であったに違いない。

神の手によって
幸福だった時間が永遠となった証に違いない。




昔から伝えられている。

死にゆく者は最後に、
心に残る最も幸せだった記憶に包まれて旅立つのだ、と。

水夫の瞳に残った、
あの美しい一家団欒の光景には

こういった意味があったのだ。




科学的にはにわかに信じ難い話かもしれないが
私はこの仮説が真実のものであると

固く、固く信ずる。








G20NOV12 065




(太宰治「雪の夜の話」「一つの約束」より)

花そら公園巡り ~蟹ケ谷公園~


花とそらがいたあの日々。

いつもの日常にあった公園、
当たり前のように傍らを歩いていた、花とそら。

今、この公園を一人で歩き
あの楽しかった日々に思いを馳せていると、
ふと視界の端に幻のような姿が映ることがある。

あわてて目を向けるのだが、
そこに・・ 花もそらもいない。


<人生のページは既にめくられた>

かつてこの場所に確かに在ったあの姿を
もう二度と目にすることは出来ないのだ。



それでも、そうであっても、

私はこの公園を愛し、
これからもここを歩き続けるだろう。


あの日々
みんなで一緒に歩いた思い出に浸りながら
あの子たちを想いながら

これからもずっとずっと歩き続けるだろう。

(皆様も、どうぞ、このブログで御一緒下さい。)






花そら公園巡り ~綾瀬市 蟹ケ谷公園~




「花そらの木」
夏の間はいつもこの木の下で休憩していました。
その大きく広げられた腕は、
強すぎる太陽から花とそらを守り続けてくれました。
PB060050.jpg
もちろん、夏だけでなく他の季節であっても、
この公園に来た時は必ず、花そらはこの木を訪れました。
大きくて優しくて、一緒にいるととても落ち着くこの頼もしい木。
人間である私よりも、花とそらのほうがより強くそういったものを
感じられたのかも知れません。




花とそらは、この木のことが本当に大好きでした。
PB060053.jpg




みんなでいつも座っていた場所です。
今でもあの子たちの後ろ姿が見えるようです。
PB060055.jpg




そらはよく、このドングリの木の根元を掘って
寝床を作って寝そべっていました。(小声)

きっと土が冷たくて気持ち良かったのだと思います。
PB060057.jpg
まだ微かにその跡が・・・




大好きな丹沢山塊は此処からも見えます。
花とそらは、この山の精霊となりました。
PB060065.jpg
その姿は、上空の雲に見る事が出来ます。
今日も元気に駆け回っていました。




花とそらは、階段が大好きでした。
今、降りてゆくその影は一つだけとなりました。
PB060067.jpg




上空を行くP-3Cの勇姿。
この公園の上空は、海自や米軍機がよく飛行しています。
PB060069.jpg
帽振れ~!




「花そらの木」を見上げて。
その傍らには、優しくこちらを見つめる2つの影が・・・
PB060074.jpg




木の葉色づき・・
PB060080.jpg
季節は変わってゆきます。




木の感触が優しい木道。
PB060093.jpg
花とそらはここをスキップで進むことが多かったので
ドタドタ賑やかでした。




今は一人、静かに歩いています。
PB060095.jpg
9年通って、水の音の流れにはじめて気づきました。




排水溝に向かって流れてゆく藻の塊。
ゆったりとしているが、しかし確実で力強いこの水の流れに対して、
ただ浮いているだけの藻は実に無力です。
PB060097.jpg
今の私には、
この水の流れが、否応なく進んでゆく時の流れに見えました。




この付近で鴨が泳いでいると、ウチの坊ちゃんは大変なことに・・・(笑
PB060101.jpg
ここでもよく休憩したものでした。
手すりにもたれて池を眺めていると、とても悲しくなってしまいました。
静謐な時間が流れてゆきます。




綺麗に整備された公園の道。
PB060102.jpg
植木を刈る職員の方から、よくお声を掛けて頂きました。
人との触れ合いを楽しめたのも、すべて花とそらのおかげです。。




あの木道を歩く私たちは、どんな風だったのだろう・・・
PB060110.jpg




花そらは、この急斜面を駆け上がるのが大好きでした。
丘の上で、風に当たりながらみんなで座って流れる雲を眺めるのです。
PB060118.jpg
右に花、左にそら、
二人の背中に手を置いてその名を呼びかける。。




広場の隅にある小さな桜の木。
この木が作り出す日影も、花そらお気に入りの休憩ポイントでした。
PB060124.jpg




丘の上の東屋。
花そらはよくここで寝そべったものでした。
床の部分がコンクリートなので、きっと気持ち良かったのでしょう。
PB060127.jpg
ちなみにここは、この公園一番の人気スポットです。




花そらお気に入りの水道。
歩いた後は、しっかり水分補給。
PB060142.jpg
花は女の子らしくピチャピチャとお上品に。
そらは男の子らしくガブガブと豪快に。






こちら蟹ヶ谷公園は、
ウチから近いこともあって頻繁に訪れた公園です。

あの木々、あの歩道、木道、お花たち、鉄塔、池、東屋・・・

どこを見ても、花とそらの思い出でいっぱいです。
何を見ても、楽しく歩いた日々が思い出されます。
すべて過去の事となってしまいました。
みんな美しい思い出です。




蟹ヶ谷公園思い出巡りにお付き合い下さり
有難う御座いました。

皆様、今日も良い一日を・・・!

花そら鴨


花とそらにそっくりな鴨を見かけました。


A18OCT13 071


前の鴨はマイペース。
すいすい泳いでゆきます。

後ろの鴨は、それを懸命に追いかけ、追いかけ!




B18OCT13 073








何を見ても、あの子たちの在りし日が思い出されます。

花そら、それぞれ


「青」とは、反射しつ続ける宿命にある色だ。

その運動は直線的。
空間で散乱しながら全天を真っ青に染めつくす。

極小サイズのそらが集団で
散弾のように押し寄せてきて、
そこらじゅうに衝突しながらも
それでも勢いあまって
辺り一面を元気一杯に駆け回っているイメージだ。

その姿は真夏の青空。
強力な運動エネルギーを持った光の粒子。

B09JULY13 075RS




一方、「赤」は静かな色だ。

ゆったりとした長い波長、
西方浄土の存在を確信させてくれるような
美しく落ち着いた夕焼けの色。

丸まって眠る花のおなかに手を入れると
とても安心する不思議なぬくもりがある。
ほんやりとした緩やかな温かさ。
静かなで薄い朱色、私たちを包む慈愛のイメージ。
(そういえば、聖母マリアのアトリビュートのひとつが赤い服だ)

その姿は晩秋の夕陽。
山の端に沈んでゆく、巨大な信州林檎。

a26JAN13 196MtPKN








花とそら


神のもとへ帰った
あの美しい奇跡の子たちは

今も自然の中に

確かに生き続けている。





秋晴れ虚しく


青空を見上げれば気持ちが明るくなるような気がした。
心を包む暗い霧のようなものが、
たちまち散じて消えるように感じたのだ。

そこで、空に救いを求めることにした。

アンドレイ・ボルコンスキーを演じ、
空とはこんなにも青かったのか・・・!
などと、晴れやかな気分になろうと自分を騙した。


しかしやはり、この空の青さは悲しい。

みんなで張り切ってお散歩に出かけた日々が
思い出されてならないからだ。

一人で歩く道は果てしなく長く退屈で味気ない。









PB050003.jpg

星めぐりのうた


以下、ずいぶんと前に書いて保存し・・

アップする機会を失ってそれっきりになっていたものを
改編して掲載してみます。

本文のみ改編したので、
写真と多少ギャップがあるように感じますが

それはそれ是非もなし。












「星めぐりの歌」




この清らかで美しい歌は

花とそらの眠る星の世界に
静かなオルゴールのように響きわたって

魂の穏やかなる休息を
永遠に守ってくれる。


A17DEC10 063hoshimeguriKen


B17DEC10 061hoshimeguriKen


美しく慈愛に満ちたその姿、
Gracia(神の恵み)をミドルネームにもつ
我が娘、Silveretta Gracia 花子。

hana 3




A26MAR13 159Eagle


B17MAY11a 024wings


やんちゃで元気

純粋無垢という言葉を
かたちにしたような

我が息子、春団児白点狼そら

sora happy




C23MAR13aa 021blue


D23MAR13aa 014eyes
*この記事を最初に書いた時、花は8歳でした




この世界に確かに存在した
あの奇跡のように美しい子供たちは

わたくしたちのもとを旅立った。


E23MAR13 080light


F23MAR13aa 005snake




ただただ、平穏で静か。

わたくしたち家族との
楽しかった思い出にだけ包まれて


G16JULY11 005orion


H14JUN11 017orion








その魂は今、静かに、眠る・・・



















この秋晴れの日に


花ちゃん、そらくん、

今日は素晴らしい秋晴れです。

風も涼やかで本来ならば今頃、
どこか川沿いでもお散歩していたことでしょう。
みんな一緒に。


今はもう、休みの日に外へ出ることが
ずいぶんと減ってしまいました。

この道がこんなにも長いものだったとは
一人になってはじめて気づきました。

公園までこんなにも距離があったとは
今まで感じませんでした。


風に吹かれながらみんなで歩いたこの道。
ちょっと休憩して空をながめたあの広場。
ささやかだけど幸福だった
君たちのいた日々。

すべて美しい思い出になりました。








| はなそらDAYz!ホーム |