心の設定温度を上げろ!


世間では
「冬=寒い」「寒い=厳しい」とされているが・・・



ハッキリ言おう。 寒さなどどうにでもなる。


sora mumuSORA「なるでしゅ!」


hana ordinaryHANA「またはじまったかwww」





正直、最近のこんなもんなんて寒いうちに入らない!
いやむしろ暑い!

てか、2月も終わりにちかいが
このところ

汗ばむ陽気になったとパパは思う。
 何故かっ!?


12JAN09 218SORA「何故でしゅかっ!?」


hana ordinaryHANA「いやぁ、いい天気だのぉ! (秀吉っぽく)






それはZUBARI・・・



パパの心の温度設定が

『強』

になっているからだっ! 
しかも急速暖房!


















bestrong01JAN12 090
(注)金銭問題以外



Btough01JAN12 058





そうして強い自分を保っていれば
         おの
寒風もまた自ずから暖かくなってゆくだろう






大事なのは自分! 自分! 

畢竟、自分の心の持ちようなのだっ!






An Introduction to Zen BuddhismAn Introduction to Zen Buddhism
(1991/11)
Daisetz Teitaro Suzuki

商品詳細を見る




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います(感謝) m(_ _)m

よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


スポンサーサイト

花そら双子星 丹沢になる果実


Tittle19DEC12 035HSTS



(天の川の西の岸に小さな二つの星が見えます。

 あれは、
 花ちゃん童子とぽっくん童子という
 双子のお星さまの住んでいる小さな水精のお宮です。

 夜は二人ともきちんとお宮に座り、
 一晩、天空の回転に合わせて星めぐりの歌をうたいます。

 それがこの双子のお星様の役目でした。)





花ちゃん童子とぽっくん童子が

丹沢のお山を
お散歩しておりましたところ

目には見えない

「不思議な石の像」

に出会いました。


A11OCT12 060



この像はこの世界にあって
そこに 

(無きもの)


天空のお星さまである
童子たちだからこそ

<見て、話すことが出来る・・・>

そんな存在でした。



B11OCT12 063





石の少女が申しました。

「私はこの地に
 とりのこされて、
 眠ることさえ出来ません。

 何百、何千と
 凍える冬に絶え

 ずっとずっとここにいる者。」

 
石の子犬が申しました。

「僕はこの子と
 ずうっとこうして
 一緒におります。
 
 氷雨が降っても、雪が降っても、
 ずうっとずうっとおるのです。

 そうして
 気の遠くなるような時がたち
 
 僕たちはいつか
 
 石になってしまいました。」
 


寒風の中、
石の少女はうたいました。

A201212211419143f2a.jpg



石の子犬はじっと
少女のうたを聞いておりました。

コピー ~ A201212211419143f2a



<少女のうた><子犬の想い>

それが
繰り返されるたびに

真っ黒な木に

A19DEC12 037orange


冷たく堅い
氷のような果実がなってゆきました。

B19DEC12 030orange



一つ数えて家族を想い

二つ数えて夢に泣き

三つ数えて空のむこう



ただここにいよう

石となり朽ち果てたって
かまいはしない






この黒い木になる
たくさんのかたまり


(その数だけ)


二人は

(祈って)

きたのでしょう。


19DEC12 034frt





涙や悲しみや
それらすべてが結晶となった
この堅い果実を目の前にし

花ちゃん童子とぽっくん童子が
二人を想い 

強く想ったその心が
いつしか歌となって・・・



険峻極める丹沢の山々に

静かに
そして暖かく

響き渡っていました。。




A19DEC12 058tanz

悲しい果実
いつかぬくもり
暖かな腕に抱かれて眠れ




B19DEC12 064Tnz

冷たい果実
いつかやすらぎ
安心の夢に包まれ休め




CB19DEC12 060tanz

そうして気づけ
あなたはそこで
一人で凍えてたのではない




Dコピー ~ コピー ~ D19DEC12 086Tnz

そうして気づけ
氷の身体に
寄り添い護りとなった命に












童子たちのうた声に包まれ

冷たく堅かった
「数え切れないほどの果実」は


いつしか

温かな安らぎの涙とともに

熟れて


静かに地上へと落ちてゆきました。



11DEC12 026TANZAWA











その時、
二人の童子は空を見上げて
確かに見たのでした。



女の子と子犬が
ゆっくりと

解放された微笑みに満ちながら
神さまの待つ天国へと昇ってゆく


その

幸福に満ちた姿を。。










19DEC12 037endtittle















双子の星 (宮沢賢治絵童話集)双子の星 (宮沢賢治絵童話集)
(1993/08)
宮沢 賢治

商品詳細を見る





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います(感謝) m(_ _)m

よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


沈む夕陽にHANAは何を感じ、何を見るのか・・・?


2H08JAN13 054










沈みゆく夕陽を
みつめるHANA


1H14FEB13 OYAMA 114



この子なりに
<なにか>

感ずることがあるのだろうか・・・








APL108JAN13 054



APL208JAN13 054



APL308JAN13 054












コピー ~ H14FEB13 OYAMA 114










sora sleepingSORA「・・・・・・(くか~zzz)」








いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います(感謝) m(_ _)m

よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


男ならこう生きろ!


A08JAN13 018a

B08JAN13 019aa





C08JAN13 048a









hana ordinaryHANA「なんか知らんが・・ 落ち着け!www」













いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います(感謝) m(_ _)m

よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


青春とは不可解なものにて候


A09FEB13 026sora


B09FEB13 027sora







C09FEB13 018sora









hana ordinaryHANA「意味わからん ぷす~www






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います(感謝) m(_ _)m

よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


我が愛しいチビっ子たち


ASコピー ~ Asora26JAN13 148

永遠に少年のままのキミ



Bsora13JAN13 008a

その輝く瞳には何が映るのだろう



a24JULY12 003HANA

ずっと少女のままのキミ



Bhana06DEC12 106a

その美しい夢を大事に守ってゆきたい





その無邪気な姿
その汚れなき魂




「生きる意思」に満々た、
この小さくも力強い生命たち・・・













この子たちを思うその
愛おしい気持ちに

<脳乱>しそうになる毎日です。。






sora scaredSORA「脳乱ってッ!??」

hana ordinaryHANA「ナニソレコワイ ぱぷす~www」











いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います(感謝) m(_ _)m

よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


そらと修羅 

信長公にネーミングセンスの極みをみた!


戦国時代の四番ピッチャー、織田信長・・・!


やる事成す事
常に型破りで派手なうえに

その要所要所で、
奇跡のタイミングとしか思えないくらい
歴史がこの男に有利に動き続けたという・・・

この史上最強の風雲児!


26MAY10S.jpgSORA「信長公、最高でしゅぅぅぅ~!!」

hana ordinaryHANA「ぷす~www」



ま、信長公に関しては
流石にあれほどの人物なので

いろんなエピソードが現代まで伝えられていますが・・・


意外と知られていないのが
その<エレガント>かつ<アバンギャルド>な

超絶技巧の
「ネーミングセンス!」


sora scaredSORA「と言うとっ!?」

hana ordinaryHANA「ぷすっ! ぱぷす~www



そうですね、
まずいきなり全力で飛ばしてるんです。


最初の子、
信忠が生まれた時に信長公が発した言葉が

「な、なんじゃこの奇妙な生き物はッ!?」

だったのですが・・・


その勢いで
『初子』につけた名前が


27SEP12 110kimyoumarua



sora sorrySORA「うひゃ!」

hana happyHANA「それ、名前じゃなくて単なる感想www」



で、次男信雄誕生となるワケですが・・
この時、信長公、なにを思われたか


26JAN13 156teaspoon
茶筅:ティースプーンくらいの意

と命名されます。。



hana ordinaryHANA「たまたま茶でも飲んでたんじゃね? ぷっす~www」

gakuburusora06DEC09SEKIRO 216SORA「き、きっと風流なんでしゅよ・・・!」



で、三男が「三七」というのは
数字の「三」がはいってるので
なんとなく納得できるような気がするのですが・・


次の子供の命名で信長公、
またもや<本気>を出します。

の子なんで、名前も・・・

08JAN13 017tugi


hana ordinaryHANA「誰にも真似できないこのセンス ぷっす~www



(途中はしょります)

八男の名前『酌』は
まぁ、信長公の生母さまの名前が「鍋」だったので
それに洒落たのかなぁって
なんとなくわかる気がするのですが・・・

sora counterSORA「鍋というのもかなり・・・」



九男で再びやってくれます。

飽きっぽい信長公、
そろそろ名前をつけるのも
メンドくさくなってきたのか・・・

「見ためそのまんま」の究極の命名


九男の名前は

08JAN13 013hito





いや、も~ホント・・・

ハイセンスすぎて 是非もなし!

としか言えませんね、ははは! <ホント、カッコイイ!





09NOV11 054aHANAangryaaHANA「で、あるか!」

sora 3SORA「で、あるでしゅか♪」


















「であるか」と「是非もなし」は
信長公の口癖だったそうです・・・


Oda Nobunaga: The Battle of OkehazamaOda Nobunaga: The Battle of Okehazama
(2008/12/01)
Paterson Les Paterson

商品詳細を見る



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います(感謝) m(_ _)m

よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


ヒューマン50年・・・


A25DEC12 087nobunaga















B25DEC12 086nobunaga





C25DEC12 018nobunaga


D25DEC12 019nobunaga



じんかん
人間五十年


ゆめまぼろしの如き
この短い一生

限られた貴重な時間を
一秒でも無駄にすることは出来ません、そこで!



外套はおって

帽子をかぶり




GOWALK20NOV12 065











敦盛といえば・・・

信長公記 (角川文庫―名著コレクション)信長公記 (角川文庫―名著コレクション)
(1984/07)
太田 牛一、奥野高広 他

商品詳細を見る




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います(感謝) m(_ _)m

よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   


| はなそらDAYz!ホーム |