HOJOKI by Duck Chomei


~ HOJOKI ~ 

written by Duck Chomei(鴨長明)










うた: 春団治白点狼SORA










A15OCT12 039DC


コピー ~ 15OCT12 038water





DCHOMEI15OCT12 068mdfd


2DCHOMEI15OCT12 071mdfd


hana ordinaryHANA「言い直したwww」





A15OCT12 073lifegoeson


B15OCT12 100lifegoeson





C27SEP12 013DC


D27SEP12 041DC


E27SEP12 025DC


F27SEP12 033DC



A13MAY10 base run 019aachomei


B25APR12 085chomei


C21JULY11 062DCHOMEI


D27JULY10 269chomei





G15OCT12 018DC


A15OCT12 019DCHOMEImdfd









Hojoki: Visions of a Torn World (Rock Spring Collection of Japanese Literature)Hojoki: Visions of a Torn World (Rock Spring Collection of Japanese Literature)
(1996/06/01)
Kamo No Chomei、Kamo-No-Chomei 他

商品詳細を見る






よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




スポンサーサイト

方丈記の冒頭は文学史上屈指の名文


こうして土手に座って
川の流れをながめていると

水というのは

<常に流れてゆくもの>

なのだとよくわかります。


A15OCT12 070Dchomei





たった今
目の前にあった泡が
ゆっくりと流されては消え

そしてまた違う泡が
目の前を通り過ぎ

そして消えてゆく


B15OCT12 068Dchomei







鴨長明は、
これを人の世にたとえました。







大きな時間の流れのまえでは
小さな私などまったくの無力

ならばいっそ、
じだばたしないで
全てを神さまの御心に委ね

自分に出来ることを
精一杯にするしかありません。


15OCT12 059Dchomei






愛するものは
今よりももっと大事にし

大切な存在との絆を
今よりももっと深めてゆく









そうすることで
無常の世に対する不安や苦しみは

きっと軽くなってゆくはずです。















方丈記 (講談社学術文庫 459)方丈記 (講談社学術文庫 459)
(1980/02/07)
安良岡 康作

商品詳細を見る




行く河の流れは絶えずして
しかも本の水にあらず

よどみに浮かぶうたかたは
且つ消え
且つ結びて
久しくとどまる事なし

世の中にある人と栖と
又かくの如し







よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   



雲の形は惑星ソラリス


こないだお散歩をしてたら
なんと空に信玄公がいらっしゃいました。


08OCT12 181ST



わかりやすくしてみます。

コピー ~ 08OCT12 181ST




sora scaredSORA「うひゃっ!」


hana happyHANA「ぷす~www」









信玄公「わし、もちょっと男前なんじゃが・・・」





週刊日本の100人 No.012 (武田信玄~戦わず勝つのが兵法なり~)週刊日本の100人 No.012 (武田信玄~戦わず勝つのが兵法なり~)
(2006)
清原伸一

商品詳細を見る






よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




花そら双子星 お散歩相模川


HS15OCT12 011tittle

(On the west bank of the Milky Way's shining river, you can see two small stars.
These are the little crystal palaces where the twin stars, Hana-chan and Pokkun, live.
All night long, Hana-chan and Pokkun sit with straight backs at their palaces
and sing the song called "HOSHIMEGURINOUTA".

This is the duty of the twin stars.)




海老の町の西の端に
大きな川が流れています。

二人の童子たちは、
今日はこの川沿いをお散歩しています。



A15OCT12 021SORA


B15OCT12 037HANA



川が見せてくれる
とてもたくさんの表情を見て

童子たちは
なんだか楽しくなってきました。


15OCT12 033singasongof sagamigawa










A15OCT12 033sagamiriver


B15OCT12 019sagamiriver


C15OCT12 039sagamiriver


D15OCT12 069sagamiriver


E15OCT12 030sagamiriver






ズンズンと歩き

ノンビリと休み


心地良い秋の風が
ひゅるると音を立てて吹き抜けてゆく中

童子たちは

この川沿いの道を
何処までも歩いてゆきたいと

そう願ったのでした。







よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




花そら攻城戦


HS12OCT12 031tittle



難攻不落の城を攻めることとなった
軍師HANA!



ぽっくん将軍を伴って
視察に来ていますが・・・

果たして城を落とす目算は
立つのでありましょうか?









コピー ~ A12OCT12 015


A12OCT12 015


fosse12OCT12 018Bb


C12OCT12 004



hana face1HANA「こりゃ、城外で戦うべきじゃの~。」






hana aHANA「まずは・・・」



11OCT12 034water



HANA majimajimajiHANA「そのうえで、花の放つ乱破に兵糧庫の焼き打ちをさせれば」

hana angryHANA「たまらず城兵は撃って出ようから・・・」

*乱破:草の者、忍者


26MAY10S.jpgSORA「出ようからッ?!」



A11OCT12 030hidden


ambush11OCT12 031Bb


sora hoooooSORA「手配するでしゅ!」






strategyHANA b


29APR10 2 014faceHANA「アレを使う!」



21FEB12 084kanshin





12JAN09 218SORA「アレはなんでしゅ!?」

HANA majimajiHANA「"砂嚢の計"ぞな。」

*砂嚢(さのう)の計:
 川の水を堰止めておいてタイミングを見計らって堰を切り、人工的に洪水を起こす計
     


HANA majimajimajiHANA「弓隊の攻撃で敵兵を川沿いに誘導し、一気に・・・」

sora scaredSORA「はぅぁ!!」





HANA majimajimajiHANA「さらに、予想される敵の退路には・・・」


12OCT12 051komei







12OCT12 043HSKJ

















な~んて妄想に浸りながら
お散歩してました。

あ~、人生楽しいよ~♪





hana ordinaryHANA「ぷす~www」








「砂嚢の計」といえば・・・

背水の陣―悲将韓信の生涯背水の陣―悲将韓信の生涯
(1995/05)
岡本 好古

商品詳細を見る


↑「背水の陣」といえば破釜沈舟などで有名な項羽の計のほうがよく知られていますが、
個人的には韓信のもののほうが好きです。頭脳戦ってカンジで。





よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




花そら双子星 森の下校みち


twinstars23SEP12 157

(On the west bank of the Milky Way's shining river, you can see two small stars.
These are the little crystal palaces where the twin stars, Hana-chan and Pokkun, live.
Every evening, Hana-chan and Pokkun return to their palaces.
All night long, they sit with straight backs singing the song called "HOSHIMEGURI NO UTA".

This is the duty of the twin stars.)









花ちゃん童子とぽっくん童子が
森の学校でのお勉強を終え

23SEP12 189school


帰宅しようとしたその時です。



森を包んでいた霧が

ポッシャリ ポッシャリ

と音をたて


小雨となって降りだしました。





A23SEP12 118rain


B23SEP12 124rain



ウサギやリス、
いたずらもののイタチらも

大急ぎで下校したようです。


ポッシャリ ポッシャリ ツイツイ トン

にぎやかだった森の学校に
雨が葉をくすぐる音だけが響いています。

サラサラ サラサラ ツァン ツァン ツァン








A23SEP12 138song

みんなどぉこに行ったやら



B23SEP12 148song

緑の外套 雨に濡れ



C23SEP12 021song

小まい友達 雨宿り



D23SEP12 033song

ポッシャン ポッシャン ポッシャン シャン






森の空を包む木々から
水晶の雫がポタポタと流れ

ツァラツァランと草の葉の上を流れ
それからキラキラころがって土の底へもぐって行きました。





雨に光る下校のみちを

花ちゃん童子とぽっくん童子は
わぁいわぁいと
駆け足で帰ってゆきました。









(原文)
その時、風が来て、りんどうの花はツァリンとからだを曲げて、その天河石の花の盃を下の方に向けましたので、トパァスはツァラツァランとこぼれて下のすずらんの葉に落ち、それからきらきらころがって草の底の方へもぐって行きました。



種本はこちら・・・↓

十力の金剛石十力の金剛石
(1983/01)
宮沢 賢治

商品詳細を見る







よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




無理しない程度の一歩にしとくのが長続きの秘訣


A12AUG12 026star





B05AUG10 326star









毎日刻む「一歩」が大事



小さくてもいい

その確実な「一歩」が
未来の自分に『何か』をもたらす
























(たぶん)












hana ordinaryHANA「たぶんって、こらこらwww」



SORA 28JULY08 065SORA「(はぁ~)」








ゲーテ格言集 (新潮文庫)ゲーテ格言集 (新潮文庫)
(1952/06)
ゲーテ

商品詳細を見る



よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




花そら写真館 JULY12


花そら写真館 JULY12



7月ともなると、
日射しは明るく空は青く・・・


ちょっと暑い気もしましたが、

輝く透明の光に
照らされてのお散歩も

なかなか風流ですね



今年もこの木は、
花そらを夏の太陽から守ってくれました。。


A09JULY12 117



木陰でノンビリ

C10JULY12 060

B10JULY12 101

D11JULY12 075

E27JULY12 057



帰ったら水遊び

F09JULY12 078



夕闇せまる公園・・・

G16JULY12 027

H16JULY12 031





7月も素晴らしい月でした。

平穏な日々に
ただひたすら感謝です・・・




I11JULY12 130

J11JULY12 071







よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   



涙の枝かじり " 後編 "


〓 前回までのあらすじ 〓

なんか、まぁ、いろいろあって、
花が過去の話を語ることに。







200812HANA DARUMA 069HANA「花がかつて、サンクトペテルブルグ大学に在籍しちょった頃・・・」



hana fumu

その頃、花は貧乏学生での、
金貸しの婆ぁを殺めて学費にしようかっちゅ~くらいに
すさんだ生活をしちょった。

sora scaredSORA「ラスコーリニコフしゃん! ひぃぃぃ!



そんな花にも密かな楽しみがあった。

それが、
枝をガジガジかじるっちゅ~ことじゃったんじゃが・・・


知っての通りロシアは厳寒の国。
暖炉がなければ生活出来ん土地。

だから当然、
燃料となる木材は貴重で

木の枝を
娯楽のためにかじるなんてことは
許されんかッタリョーシカ。

sora scaredSORA「ロシアなまりっ!?」



そう・・・

花の心を癒してくれる
唯一の娯楽が
ロシアの土地では出来んかったんぞなもし。。


04SEP08 199SORA「つ、辛いトコでしゅね・・・」





だから花は誓った。

帰国したら思う存分に枝をかじろう、と!
それまでは我慢しよう、と!



『日本へ帰れば枝をかじれる』

未来へのこの希望が
花の心を支えてくれたので

孤独なロシアの土地にあっても
頑張りぬくことが出来たんぞな。。



SORAface29JAN12 142faceaSORA「しょんなことがあったなんて・・・!」



だから今でも

枝かじりをする時は
あの辛かった日々を思い出し

<落涙することを禁じえない>

花の頬には
ひとすじの涙が流れるっちゅうワケなんぞな・・・





A27SEP12 025stick


B27SEP12 058stick


hana ordinaryHANA「ごくろう! ぷっす~www







A27SEP12 089stc


BB27SEP12 090stcmdf





04SEP08 196SORA「あの・・ さっきのお話は本当なんでしゅかねぇ?」

sora counterSORA「疑うわけじゃないんでしゅけど・・・」



hana fumuHANA「花がプロイセンに住んじょった頃・・・」












そんなヒロシに騙されて/潮騒のメロディーそんなヒロシに騙されて/潮騒のメロディー
(2005/12/07)
高田みづえ

商品詳細を見る



よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




涙の枝かじり " 前編 "


〓 前回までのあらすじ 〓

小枝をひろってきて
かじって遊ぼうとするも、
いつも花に横取りされてしまうそらくん。

いよいよ我慢にも限界がきたようですが
さて・・






SORA 27MAR10 110SORA「あんなことや・・・」


↓あんなこと
ASORASTC2.jpg





SORA uuu07JAN09 010SORA「こんなこと。」


↓こんなこと
BSORASTC3.jpg





sora mumuSORA「シェークスピアレベルの悲劇もあったでしゅね~!」

↓シェークスピアレベルの悲劇
CSORASTC1.jpg






sora face1SORA「ぽっくんだって・・・!」

26MAY10S.jpgSORA「枝をガジガジしたいんでしゅ!」





gakuburusora06DEC09SEKIRO 216SORA「でも、いっつも花に横取りされて・・・」


コピー ~ 05FEB09 039 SORA iyadeshuSORA「もう我慢ならないでしゅ!」





hana uheHANA「そんな気にしちょったなんて・・・」

hana bikkuriHANA「そりゃぁ、すまんかったぞな。。」





21-23JAN09 464 HANAaHANA「花、実は枝には思い入れがあっての・・・」

HANA majimajiHANA「ちょっと昔ばなしに付き合ってくださらんかね・・・?」



sora counterSORA「な、なにごとでしゅかっ!?」







200812HANA DARUMA 069HANA「むかし、花(Цветок)がロシアにおった頃・・・」











今明かされる、
Gratia Hanakoの悲しき過去!


何故HANAは、
あれほどまでに枝にこだわったのか?

何故HANAは、
枝を奪わなければならなかったのか?
















次回、秘められた過去が語られる・・・
















プーチン、自らを語るプーチン、自らを語る
(2000/08)
ナタリア ゲヴォルクヤン、アンドレイ コレスニコフ 他

商品詳細を見る



よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




情報の収集と正確な分析こそが兵法の基礎


~ 前回のあらすじ ~

せっかくの枝を
またしても花ちゃんに横取りされてしまったそらくん。

戦って取り戻すと決意するも、
やっぱり泣き寝入りしてしまったのですが・・・

sora mumuSORA「泣き寝入りじゃなくって、見逃してやったんでしゅよ!」





ちなみにこれ↓が理想。

A27SEP12 110pokkun



でも

どうせこうなる↓ことは
わかっていたので・・・

B27SEP12 111pokkun





ぽっくんはあえて戦いを避けた!

そう!
負ける戦いはしないという・・・

兵法の基礎の基礎を守ったのです!




コピー ~ 2009120917595096cSORA「諸葛亮しゃんに学べ、でしゅ!」





というと何かカッコいいけど、

まぁ実際はいつもこんなカンジ↓ってことで。。

C27SEP12 121pokkun










hana ordinaryHANA「ぷっす~www」









現実の孔明は、「絶対に負けない堅実な戦い」をする人でした。

諸葛孔明の兵法 (現代人の古典シリーズ 22)諸葛孔明の兵法 (現代人の古典シリーズ 22)
(1977/01)
諸葛 孔明

商品詳細を見る


演義の孔明は、神算鬼謀を使いこなす軍師としてかかれてましたが、
あれはあくまでも「演義」のお話。(そっちのほうが好きだけど)





よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




その男、ぽっくん


A27SEP12 058stick


ぽっくん、
かじるのに按配のいい枝をみつけたようですが・・・



A27SEP12 064stick


B27SEP12 067stick


C27SEP12 082stick


D27SEP12 085stick


いつも通り
花ちゃんに横取りされてしまいました・・・




sora mumuSORA「戦って取り戻すでしゅ!」

26MAY10S.jpgSORA「ぽっくんは男の子っ!」

























A27SEP12 096chew


B27SEP12 097chew


コピー ~ 27SEP12 097







よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




~ 初恋 ~  島崎藤村


A11JULY12a 056toson


B07AUG12 067toson


C07JUN12 011toson


D26AUG12 021toson





まだあげ初めし前髪の

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の

花ある君と思ひけり








なんと日本語とはかくも美しいものであったか・・・!

それを再認識させてくれるのが、
この、島崎藤村の「初恋」という詩であります。


学生の頃さんざん読んで
暗記までさせられていたのに、
当時はこの美しさに
気付くことはありませんでした。

しかし今ふと読んでみて
そのあまりの美しさに驚愕し
感動におもわず天をあおぐほどでした。

自分でもビックリです・・・



HANAsmile03SEP09.jpgHANA「"まだあげ初めし前髪の" のトコがいいよね!」



そうなんです!

そこはもう最高ですよね!!



sora tangSORA「ぽっくん、いまいち意味が・・・」


詳しい意味よりも、
ここはその雰囲気を楽しんで下さい。

純真純朴な明治の若者たちの
その初々しい恋のイメージというか・・

それは十分感じ取れるハズなので
意味もおのずと「体感」出来ると思います。

音読すると
更にそれがわかると思うので

ぽっくん、いっちょ声に出して読んでみよう!


sora mumuSORA「了解でしゅ!」


コピー ~ 2009120917595096cSORA「まだあげしょめし前髪の!」



*詳しい意味については、インターネットで調べると
 多くの博学の士たちが解説下さっているので
 そちらにおまかせする事といたします・・・









島崎藤村「初恋」

日本語のもつ
その繊細ではかない

野にひっそりと咲く
「触れなば折れん」的な可憐な一輪の花のような

hana ordinaryHANA「しつけ~www」


その危なっかしい美しさ・・・



それをあらためて教えてくれるのが
この奇跡のバランスで綴られた言葉の芸術なのです。


う~ん、日本語って、やっぱり超絶美しいなぁ!










*音読すると感動が倍増! <お試しあれ!

若菜集 (愛蔵版詩集シリーズ)若菜集 (愛蔵版詩集シリーズ)
(2002/12/25)
島崎 藤村

商品詳細を見る








~ おまけ ~



hana ordinaryHANA「明治で恋といえばっ!? はいっ!


コピー ~ 2009120917595096cSORA「月が綺麗でしゅね~!」




よろしかったらポチっとお願いします
↓   ↓   ↓   




| はなそらDAYz!ホーム |