世の無常に涙する詩人、それはぽっくん


27JULY10 183aa

ゆく河の流れは絶えることがなく、
しかもその水は
もとにあった同じ水ではない




27JULY10 186aa

淀みに浮かぶ泡は、
一方では消え 一方では生まれ・・ 
決して同じ状態にあった例はないんですがなもし




27JULY10 191aaa

無常:
常で無らず、つまり「この世に存在する全てのものは絶えず変わり続ける」という意味








0127JULY10 019a


0227JULY10 229a


0327JULY10 214a


0427JULY10 100a








27JULY10 260a





27JULY10 269a

















え~、つまりですね・・・


川で遊んできました!


ってことで




方丈記 (岩波文庫)方丈記 (岩波文庫)
(1989/05)
鴨 長明市古 貞次

商品詳細を見る


スポンサーサイト

その道をゆずるのはぽっくん


こないだの夜のこと。

勤務を終えて自転車で帰宅途中、
前から対向して
ニッカポッカの兄さんが乗った
自転車が来た。

狭い歩道でのこと、
すぐに左に避けたのだが

同時にそのチャリも
同じ方向へ


そこでこちらは
咄嗟に右へ避けたが

むこうも同じ事を
考えていたらしく
同じ方向へ避けてきた。


なんだか
サッカーのフェイントの掛け合いみたいに
なったけど(笑

どうにか
お互い無事に通過、

そして・・・


すれ違いざまに
お互い

ニヤッ・・!

っと笑いあった。

なんか
イイ気分になった








一方、HANA・SORAは・・・







ROSHI01a.jpg

ROSHI02a.jpg

ROSHI03.jpg


譲り合いの気持ちなんて
かけらもありません(笑






昔の中国(春秋時代)に
老子という人がいたんですが、

その人がこんな事を言っています。


道は譲り合って
歩くのがいい

道なんて元々狭いものなのに、
つまんない意地を張って
お互い譲り合わなければ・・

狭い道が更に狭くなるじゃんw


しかし、
譲り合って歩けば
狭い道も広く使えるんだから

それならそのほうが
利口ってもんだし
お互い幸せなんじゃね?ww




う~ん、
実に老子らしいお言葉!

なんとも余裕のある、
人生の達人らしい教えです。


一方、HANA・SORAは・・・


R0113JULY10 044

R0213JULY10 018

13JULY10 057aa



激突してましたww





まぁ、元気で遊んでくれてるなら

それが一番かなっ?!







というワケで

おぼえててくんな・・


道は譲り合って
広く使えば

みんなが笑って通行できるんだぜ!






空を見上げれば

太陽もそう言っているさ・・・






The Complete Works of Lao Tzu: Tao Teh Ching and Hua Hu ChingThe Complete Works of Lao Tzu: Tao Teh Ching and Hua Hu Ching
(1979/01/01)
LaoziHua Ching Ni

商品詳細を見る



その冠をかぶる勇者はぽっくん


三川公園に
シロツメクサの冠が落ちてましたので・・・

HANAにかぶらせてみました

04JULY10 006a

↓すごい顔(笑
04JULY10 005a


かぶらせたって言うより
固まってるHANAにのっけたカンジ?(笑



では、SORAにのっけてみましょう


04JULY10 021a

04JULY10 022a

04JULY10 025aa





04JULY10 030a

04JULY10 031ab


しかしぽっくん、
この冠をすっかり気に入ったみたいで・・・


04JULY10 020m


月桂冠ならぬ白詰冠をかぶり

すっかりメロスごっこしてました





走れメロス (新潮文庫)走れメロス (新潮文庫)
(2005/02)
太宰 治

商品詳細を見る













んでその後は


やっぱり食うのかよ・・・


04JULY10 011a




夏も夕暮れ


暑い日が続いてますが、
今日はちょっと視点を変えてみましょう。



夏は暑い!
それは厳然たる事実、然し!


金星に比べたらこんなモン屁でもねー!

そう言えると思います。(たぶん)


だって金星って、
90気圧で400度という・・ 超灼熱地獄なんですぜ?

圧力釜の中より過酷な環境っていう
スゴイ星なんですぞなもし!



それに比べたら
日本の夏なんて、
まぁ余裕の冷凍庫みたいなもんでしょうから

この程度の暑さに負けてはいけません。


hana face1HANA「でもさ~・・・」

hana uheHANA「キンセーの夏・日本の夏って言うじゃん?」

21-23JAN09 464 HANAaHANA「どっちも同じくらい暑いって意味なんじゃないの?」


>キンセーの夏・日本の夏
sora scaredSORA「えっ!?」

sora sorrySORA「あれはそういう意味だったんでしゅかっ!?」


すいませんが、全然違います。




くだらない事ばかり言ってないで、
こんな時は

快川和尚の言った
この言葉を思い出してみましょう!


『心頭滅却すれば、火自ら涼し』

これですよ、これ!
いいですか?


暑いと思うから暑いんです!



hana face1HANA「んなコト言っても・・・」


0117JULY10 028

0217JULY10 041



HANAは何だかキレまくってますが

まぁしかし・・・


この暑さも
夕方まで





やがて
クールダウンしてきて・・・

お散歩には
もってこいの

快適な温度になるんですがな

やっぱ、夏は(も)夕暮れだね!







18JULY102 008



18JULY102 010



山の端いと近くなりたるに 烏の寝所へ行くとて

三つ四つ 二つなど 飛びいそぐさへあはれなり





18JULY102 017






というワケで・・・



みんなで
涼しい夕方の公園を歩いてきました




こういう時間は
何物にも変えがたい

人生で最も大事なものだと思います。





家族連れ、夫婦、
友達、恋人同士・・

この公園を歩いている人たち
皆さんが感じていると思いますが


こういう幸福があるから
毎日頑張れるんだよな~





な~んちゃって!


キミはぽっくんと同じでしゅね・・


草原といえば

HSパパが真っ先に連想するのが、
クローバー・・・



22JULY10 029


大地を覆う
この優しい緑



22JULY10 033


心を
潤してくれます・・・



22JULY10 034



ベートーヴェン:交響曲第9番ベートーヴェン:交響曲第9番
(2006/11/08)
バーンスタイン(レナード)ジョーンズ(ギネス)

商品詳細を見る












22JULY10 006a

こんなん見たら余裕で失神


ちょっと前の話ですが、
カッシーニ(NASAの土星探査機)が

土星の衛星、タイタン(TITAN)とディオネ(DIONE)を
撮影してました。



↓手前がDIONE、奥の大きいのがTITANです。
dione titan




こんなんが

真っ暗闇の宙空に
いきなりポッカリと浮いてんだから・・

しかもデカイし・・・


直接見たら

余裕で失神してしまいそう。。



HANA 26MAY08 022HANA「土星の衛星なら・・・」

HANAsmile03SEP09.jpgHANA「HANAはエンケラドゥスが一番気になるぞな~


木星のエウロパと並んで
かなりヤバいですよね!


絶対なんかいるっての・・・






Cassini MissionCassini Mission
(2010/02/02)
Miguel Lugo

商品詳細を見る
















ちなみこちらも土星の衛星、
人呼んで・・・

"リアル・デススター" MIMAS
mimas.jpg



sora scaredSORA「て、て、帝国軍でしゅ~!」











AMT/ERTL STARWARS デス・スター 38303AMT/ERTL STARWARS デス・スター 38303
(2005/02/25)
プラッツ

商品詳細を見る

蟹ヶ谷の老人


ある夏の暑い日、
近所の公園で

草刈の仕事をしていらした
一人のご老人に出会った。

肌を刺す
直射日光が痛いくらいの日だった。

15JULY10 001a



空気も煮えるような暑さの中、
一日中ここで

黙々と草を刈り取る

一人のこのご老人。



真っ黒に日焼けしたその顔は
健康的で精悍な印象がするけども

同時に、
いかにこの炎天下での作業が
過酷なものであるかも
物語っている。

「これで夜は美味く酒が飲めるよ、ははは!」

そう言って笑うその顔に
大粒の汗が光っていた。


15JULY10 066SORA



黒鋼のように
力強い腕と

毎日の重労働で
硬くゴツゴツになったその手。

その手は、
先日紹介したミレーの「鍬を持つ男」
全く同じ・・

全く同じ
働き者の綺麗な手だった。


その手からは
長い歴史が感じられ

この方が生きてこられた
長い長い年月が感じられて


その人生において

何かを成し遂げてきた
誰かを力いっぱい愛してきた


過去にやり遂げてきた
たくさんのことへの

歩んできた長い人生への
強い誇りが感じられた。



そしてその涼やかな笑顔からは

俗な人間社会を支配する、
あらゆる争いや
あやゆる束縛から解放されたような

そんな静かで平穏な
安らぎの心が感じられたような気がした。
(然し依然としてその眼光には力強い生命の力が溢れている)


↓HANAちゃんの眼光はポワトリ~ンとしてます(笑
15JULY10 063HANA





「さぁいくか!」

残りのお茶を一気に飲み干し、
ご老人は立ち上がった。


作業にもどり

黙々と一人で
草を刈り続けるそのご老人の

痩せた、しかし

とてつもなく大きな
そしてとてつもなく偉大な背中



立ち止まらずに
歩き続けてきた

そして
これからも歩き続けるであろう

その姿に


何だか感ずることの多かった
ある夏の日でした



15JULY10 065ENDKANI

空が・・・ 青いぜ


毎日暑い日が続いていて
花そらはダレまくってます。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
私はダレてます。



真っ青な空
17JULY10 045a


ダレまくってはいますが
とりあえず外には出ます
だって空が青いんだもん。


パパの安物カメラでも
しっかり写るこの夏の空の青さ・・

綺麗な青です。
う~ん、ファンタスティック!

17JULY10 009aa



その青空に
綺麗な飛行機雲ができてましたが、ではクイズ!



雲は、
物質の三態(気体・固体・液体)のうち、
どの状態にあるでしょう!?



さぁ、
答えをどうぞ!



コピー ~ 20091209180634afd ポクポクポク・・・ 

コピー ~ 2009120917595096c チーン!






SORA 31AUG08 061SORA「ぽっくんがその謎を解くでしゅ! でもその前に・・・

sora mumuSORA「雲をここに持ってきて下しゃい! (キリッ!  


hana face1HANA「一休・・・さん? わかりにき~



え~、答えですが・・・

解説するまでもないんですが

雲は、
氷の粒であり水滴でありますので

「固体」「液体」
正解となります


それらが、(簡単に言うと)
上昇気流に乗ってプカプカと空に浮いてるんですね。

まぁ、それはいいとして・・・



夏は暑くてあまり活動できませんが、
今はこの夏空と真っ白な雲を

思いっきり楽しみましょう~♪



0118JULY10 008a

0217JULY10 013a

0317JULY10 014a



あれ?
なんか久々にまともなワンコブログだ・・・





南フランスの農民たち その4


ジャン=フランソワ・ミレー 

なんだか
ずいぶんと長くなってしまいました


しかし、
なかなか語りたいことが多くて
短くは出来ないんですよ~(>_<)

ダラダラとした長文を
もっとすっきりさせる訓練をしなければ!

hana happyHANA「と言ってる間にもう無駄な文が ぷす~ww


あれっ!?ホントだ!


では、「南フランスの農民たち」
最後の一枚いってみましょう。。


その作品は

もう説明なんて不要なくらいに
美しい・・・





懸命に生きている人間の美しさ

崇高で荘厳で
格調高く

神々しくもあり
そして
極めて人間的でもあり

とにかく
圧倒的なまでの存在感を持つ。。

この世界で最も美しい絵画はと問われたら、
パパは迷うことなく
この作品をあげることでしょう。





ミレー作   『晩鐘』
                 
angelu 01







この作品には
いろいろな解釈がありますが

パパはその一つ一つが
全て正解であり、
ミレーの表現したかったものだと思っています。



この夫婦の姿は

① 「死者のために祈りを捧げている」ものであり
(アンジェルスの祈り:Angelus Domini nuntiavit Mariae)

同時に
② 「一日の終わりに大地の恵みに感謝し
今日一日を無事に生きられたことを神に感謝している」

ものでもあり・・・

そして
③ 「背景には教会の鐘の音が鳴り響き」

音すらも
ミレーは絵画で表現してしまっているのです。。

(ちなみに、パパが一番好きなのは②です)




貧しくも
清く 懸命に

人間らしく生きたこの時代の農民たち


その敬虔な祈りは国を超え
時代を超えて


わたしたちの胸に響いている


どんなに小さい人であっても
人はこうして一生懸命に生きてきた


その厳然たる事実、
それだけは・・・

何百年たっても
色褪せることはない


彼らの成し遂げてきたこと
彼らの生きてきたその姿が

時代と空間を超えて
この時代に誰かの心に響くのであれば

彼らはもはや
神の如き崇高な存在になったと

そう言えるのではないだろうか・・・?





長きに渡ってみてきました
「南フランスの農民たち」

いかがだったでしょうか?


絵画って
いろんなものが込められてて

見ているだけでも
人間の崇高さや美しさを感じることができるもの、

パパは勝手にそう思ってます


いろんな絵をみてたくさん妄想するのも、
これがまた楽しいものですしね~


絵画をみる楽しさ、
それが少しでも皆様に伝わってたら


パパちゃん、
ちょっと嬉しいな~・・・








花そらでみる絵画
『南フランスの農民たち』

おわり

南フランスの農民たち その3


さぁ、
とうとう「その3」まできてしまいました


前回は、

農民たちが
石ころだらけの荒れた土地を

己の体と鍬一本で開墾した
その苦労をみましたので・・・


今回は
その次の段階いってみましょう。




              仕事にでかける人
walkwork01.jpg




                   馬鈴薯植え
millet poteto01



今夜の食事もままならない貧困にあって、
明日への希望は
今日を生き抜く勇気を与えてくれる。


「馬鈴薯植え」

未来の実りに希望をはせ
明日の収穫に祈りを捧げる






しかしこの時代、
ポテトはなんというか・・・

「普通には食べられていない」食品でした。


おそらく現代のポテトとは違ってて
「普通には食べられない」食品だったのではないか?
と、パパは勝手に推測しています。

人間の手で、
食べやすいように品種改良されまくってきたのが
現代のポテトじゃないかと思うんですよねー。

なにしろ、
どうしようもない飢饉の時などに
"非常食として仕方なく"食べられていたのが
当時のポテトなんですよ。

「パンがなければポテトを食うしかない」
ってカンジです。

全然関係ありませんが、
「パンがなければケーキを・・」という
マリー・アントワネットが言ったとされるあのセリフ、

あれは革命派によるプロパガンダで
全くの事実無根であったということが
現代ではわかっています。

HANAsmile03SEP09.jpgHANA「元ネタはたしか、ジャン=ジャック・ルソーだったよね。」

そうですね。
ルソーの一文がうまく利用されちゃいました。

それにしても、
当時の大衆洗脳、扇動というか・・・

「噂コントロールテクニック」は
そりゃあ効果的ですごいものでした。
パパの大好きな分野です。

具体的には・・

コピー ~ 20091209180634afdSORA「ま~た、話が脱線してるでしゅね~・・・」


おっと!いかん!

では話を元にもどします

つまりですね、
当時のポテトは
食べられるレベルの食品ではなかったのではないか?
と、パパは勝手に思ってるワケですが、

閑話休題(それはさておき)

そのせいか、
フランスのポテトは当時、
「下賤の者が食べる卑しい食品」
という
とんでもないレッテルが貼られていました。

したがいまして、
評論家のお偉い先生方の目には

この「馬鈴薯植え」もまた
下品な作品と映ってしまったのだそうです。



前回に紹介しました
「鍬を持つ男」もそうだったのですが・・・

ミレーの描くこういった世界にこそ、
『人間の持つ崇高な美しさ』
があるとパパは思うのですが・・・



そうは感じなかった
当時の評論家の先生方は

なんと不幸な人たちだったのか。。

なーんて
思っちゃいます


hana aHANA「足なんて飾りぞな!」

sora mumuSORA「偉い人にはそれがわからないんでしゅ!」


ジオンのあの兵士じゃないけど、

いつの時代も
偉い人にはわかりにくい事ってのが
あるもんなんでしょうかねぇ・・・





最後に


これは重要なのですが

そのようなレッテル張りをされていた
この馬鈴薯、

バルビゾンの農民たちはこの馬鈴薯を
毎日の主食としていました。



そして彼らは

命を養ってくれる貴重な食料、
大地からの大いなる恵みに・・・

そのありがたみに

日夜、祈りを捧げることを忘れませんでした。






そのお話は



次回



その4で・・・









南フランスの農民たち その2


前回の続きです

ジャン=フランソワ・ミレーの描く
バルビゾンの農民たち

前回、そのテーマで数点の絵画を
紹介するつもりだったのですが

またいつもの
無駄な駄文のせいで
意味もなく長くなってしまったので・・・

今回の「その2」とあいなった訳なのでございます。

hana happyHANA「早くも文章が無駄に長い ぷす~ww



どんどん行きましょう!




                   鍬を持つ男
ManwithaHoe01.jpg


石ころだらけの荒れた土地を
鍬(くわ)一本で耕す農夫。


こんなにも硬く
そして広大な土地を

この鍬一本で
耕さなければならない。


その身体は疲れ果て
枯れた老木のようで

その風貌は、
ただひたすらに寒厳だ。



この農夫の粗末な服装や
真っ黒に日焼けした顔と
その暗い表情は、

一見すると
不気味な雰囲気を醸し出しているように見え・・・

それが原因で
当時、
まるで悪魔の如く忌み嫌われて

評論家たちから
激しく批判されたのだそうです。


まぁ、
それもその時代ならではの
評価なのでしょうけども・・

しかし
パパちゃんは
そういった評価には同意することは出来ません。


パパが思うに、
この絵で本当に見るべきはその表層ではなく

その背景に厳然と存在する
この農夫が歩んできたその歴史、
人生そのものだと思うのです。






その険しい面持ち

これは彼が
長い間苦労して生きてきたことを示すものであり


それはそのまま

この一人の男が
体を張って、
家族を守ってきたことを表しています。


それから
このゴツゴツとした
武骨な手

これは、
彼が何年も何年も

一生懸命に働き続けてきたという
ゆるぎない証、

積み上げた
途方もない時間の結晶、

そう!

『男の勲章』と言ってもいいでしょう。


悪魔などとは対極に位置する
この崇高な姿・・・



この一人の偉大なる農夫は

家族のため
生活のために

歯を食いしばって
鍬を振い続けてきた




風の谷のあの人が見たら、
この手をさして
きっとこう言うでしょう。

「働き者の綺麗な手だわ」





この手を見て下され、
ジル様と同じ病じゃ
あと半年もすれば石と同じになっちまう

じゃが、
わしらの姫様はこの手を好きだと言うてくれる
働き者の綺麗な手だと言うてくれましたわい




sora mumuSORA「風の谷のおじいしゃん!」


hana happyHANA「ま~た話が脱線してきちょったぞな~ww」



いやぁ、
ラピュタといいナウシカといい
ミレーの世界とかぶるところが
多いような気がするんですよ。

土や穀物の描写とかね



それにしても、

またも長くなってしまったので
これまた次回(その3)に続くってことで!


も~こうなったら

パパちゃん、いくとこまでいくぜ・・・






ManwithaHoe01a.jpg





南フランスの農民たち


貧しくも

美しく清廉なそして
崇高な魂を持った農民たち



前回、ゴッホの「古靴」で
こんな話をしたワケですが・・

この展開だと
あの人を紹介しないワケにはいけません。

そう!

自らを「農夫の中の農夫」とまで言った
バルビゾン派の大ボス

ジャン=フランソワ・ミレー

南フランスの農民の絵といえば
この人でしょう。

(ちなみに、ゴッホが「古靴」を描いた当時はバルビゾン派に影響を受けていたそうです)


ミレーは、
南フランスのバルビゾンという農村に定住し

大地と共に生きる
力強い農民たちを描き続けました。

貧しいながらも
美しく生きる農民たち


厳しい環境の中での労働、その尊さ、
貧しいながらも懸命に生きている
その崇高な姿を

ミレーは
絵画で表現し続けたのです。

貧困の中にこそ
本当に光る人間性が
生まれるものなのかも知れません。

バルビゾン村民「そんなに貧乏、貧乏って言わなくても・・・」

失礼しました(>_<)


では、
ヒューマニズム溢れる彼らの美しい姿を
みていただきましょうか・・・



                  羊飼いの少女
milletflock01.jpg

観測者が1.6mの視点からみているとして
地平線までだいたい4.4km、

しかし
地平線が大きく湾曲してるので
すっごい大地が広大にみえる・・・

そしてそこにたたずむ
この年端もいかぬ少女、

編み物をしているのですが・・
そこにもまた何か
少女独特のドラマ性を感じます。

しかし
ワンコ好きとして注目せねばらならないのは
そこではない!

そう!
編み物に夢中になっている少女が
すっかり忘れてしまってるこの羊の群れ

それを統率しようと
頑張っている・・・

画面右の黒いワンコ!

この子にまずは
惜しみない拍手を送ろうではありませんか!

hana face1HANA「突っ立ってるだけじゃん・・・」

そうすることで
羊を威嚇してまとめてるんですよ!
(キリッ!

sora mumuSORA「ぽっくんなら、羊しゃんのお尻に噛み付いてやるでしゅ!」

それは全く意味がありません!





・・・と

なんかまたいつもの
ワケのわかんないパターンが紛れ込んでしまった為に

ずいぶんと長くなってしまいました(>_<)

読んでくださってる方がいらしたら
ごめんなさい!


本当は、
ミレーの絵を数点紹介するハズだったのですが・・

ま、

その2に続くってことで







ところでパパちゃんは、
バルビゾンの農村と

ラピュタのシータ(ヒロインね)の実家とが
やたらかぶるんですよねー。

「人は土から離れては生きられない」

というシータの主張や、

「土に根をおろし風と共に生きよう。
種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。」


というセリフあたりが
強く影響していると思うのですが・・・



「そう言われたら確かに!」

と、
感じてくださる方が
いらっしゃったら

ちょっと嬉しいな~



古靴は語る


フィンセント・ファン・ゴッホ
Vincent van Gogh


今回は、
彼の描いた 「古靴」

コレを語ってみますぞなもし。





この作品、

重たそうな古い皮靴が
ドーンと描かれています。

gogh_souliersa.jpg



いかにも履き潰したような
この古い靴。

これは、ハイデガーによると
南フランスの貧しい農民の靴なのだそうです。
(違うという意見もありますが)

過酷な農作業に
耐えてきたであろうこの革靴




古びた皮の匂いと
湿った土の香り、

ズッシリとしたその重さと・・

そして
ほのかな暖かさが伝わってくる。



その暖かさとは、
きっとこの靴の主人が持つ
生きていく力 家族を守ろうとする意思

そんな
自己超越性のもつ
人としての人そのものが放つ

精神の醸し出す
熱エネルギーのようなであるかもしれない・・・


>精神のエネルギー
コピー ~ 2009120917595096cSORA「スタンドでしゅね! (キリッ





この古靴、

誰がどんなふうに
履いていたのだろうか?



そこにあった
その人生を考えると

不思議と

その情景が
浮かんでくるような気がしてきます・・・


hana happyHANA「妄想くるか? ぷす~www



冷たく広大な畑に

マメだらけの痩せた手に鍬を握り
土を耕す

汗はもはや枯れ果て
腕は疲労にふるえるが

それでも
力をふりしぼって
この大地を耕す


働いても働いても
暮らしは貧しい

どうもがいても
何も変わりはしない


曲がって固まってしまった腰をのばし、
灰色の厚い雲で覆われた
遠いあの空を見上げれば

この世はなんと
厳しく辛いものなのか・・・!



しかし

わたしには
帰れる場所がある


そこには愛する家族があり

子があり 妻があり


たとえこの身が朽ち果てることとなっても
守ってゆきたい人たちがある





さぁ、もうひと頑張りだ


力を込めて

この靴と共に
この大地を踏みしめよう!


生きてゆこう

今日を そして明日を






この時代、
ロシアの農奴や
日本の荘園もそうですが

領主に対して農民というのは
強い隷属関係にあり、
絶対的な権力と暴力で支配されていました。

農民は人間としてではなく
家畜と同等に扱われていたのです。



働いても、働いても、
生活は豊かにはならず

貧困のドン底であえぎ
今夜の食事すらままならない・・


しかし

常に飢えてはいたが
子供たちには笑顔があったろうし

愛する家族には
ぬくもりがあったろう、だからこそ

今日のこの一日に感謝し
明日を生きることが出来たのだ!






そんな貧しい農民たちの


汗と涙と、血反吐と絶望と・・

不条理な世界へ対するルサンチマン
それでも生きてゆくその勇気、

苦しさの中での
ささやかな喜び、

家族への思いや

愛や



それら全てが
染み込んだこの


重い重い
とてもつもなく重い
 



そこに生きる人間の魂がこもった

履き古されて痛んだこの重い靴!








フィンセント・ファン・ゴッホ


その偉大な芸術家が描いたその靴



その靴は
静かにそこに佇むばかりだが
しかし



目を凝らせば

耳をすませば

心を開けば




そこに描かれた人間たちの
生命の息吹が鼓動が

静かに、しかし力強く確実に

現代を生きる私たちにも


血を帯びて伝わってくるようではないか・・・!







最後にもう一度、

この絵をご覧いただこう。



最初にみた時とは

きっと違ってみえるはずです・・・





gogh_souliersa.jpg





はなそらでみる絵画
「古靴は語る」



おわり


恩讐の彼方に 3


はなそらで読む 恩讐の彼方に

その3



さて了海は・・・

その身、その生涯を命をかけて
この地にトンネルを掘ろうと決心したワケですが

村人たちの反応は冷たいものでした。


22SEP09 027

22SEP09 028


この村人たちの反応は当然でした。
なにせ、巨大な岩山を一山刳り貫こうというのです、
大法螺話ととられても仕方のないことだったかもしれません。








この場にトンネルを掘れば
一年に何十人、十年で何百人、百年たてば何千人もの
尊い命を救えることとなる・・・

了海は

己の力一つであっても
必ず貫こうぞ!

そう決心をあらたにし

この大絶壁の前に
鑿(のみ)と槌をで以ち

最初の一刀を振り下ろしました。





22SEP09 066

22SEP09 068





こうして了海は、
一心不乱にこの岩を
掘り続けましたが・・・

村人は彼を
馬鹿にし、嘲り、
鼻でせせら笑うだけでした。



03SEP09 121





と、ここまで書いたのですが


「恩讐の彼方に」をやろうと思ったきっかけ、

花とそらが二人で
穴を掘る写真が・・・・・・


なんかロストしちゃってるし (>_<)





と思うと
一気にテンション下がったので

続きは
文庫本でどうぞ!!




sora scaredSORA「えっ!?」


hana ordinaryHANA「は!?www」





SORA uuu07JAN09 010SORA「パパしゃん・・・」

hana happyHANA「ぷすぷす ぷっす~www」




古典には、何度でも読みたいと思わせる何かがある!

藤十郎の恋・恩讐の彼方に (新潮文庫)藤十郎の恋・恩讐の彼方に (新潮文庫)
(1970/03)
菊池 寛

商品詳細を見る




恩讐の彼方に 2


花素空で読む文学シリーズ

恩讐の彼方に 


さて

旅にでた了海は、
たくさんの困っている人たちを
助けることに
全身全霊を捧げました。


しかし
いくら善根を積んでいるつもりであっても


今まで犯してきた罪は
空よりも高く

そしてこの些細な善根は
土地よりも低く



その現実に絶望することも
しばしばでした。


24SEP09 002a



こうして

苦しみながら、苦しみながら、

旅を続けてゆきますが



享保九年秋、
了海は豊前国、樋田郷にて

年間何十人もが命を落とすという
『鎖渡し』と呼ばれる
粗末な桟道を目にすることとなります。

↓こういうの
sando.jpg



おりしも
この桟道から落下して亡くなったという馬士に
一遍の回向をすることとなった了海でしたが

お経をあげると
足を早めてその鎖渡しへと向かいました。





さてそこは・・・

想像を絶する凄まじ難所でした。

27NOV08 323aa

02DEC08 396aa

23SEP08 074aa


下を流れる川までは距離約5丈、
だいたい17メートルくらいの高さなうえに
流れはなんかもう超濁流、落ちたら一発アウトです。

上は上で、
高さ約十丈、30メートル以上の断崖絶壁!

下もダメだし、上もダメ。

なるほどこの桟道以外、交通の手段はなさそうだ・・・




了海は

震え慄く足を踏みしめ

恐る恐る
漸くその桟道を渡りきって
そして今来た道を振り返りました。





その刹那





彼の心に
咄嗟にある大誓願が

勃然として萌したのです!




コピー ~ 03SEP09 076a






そうだ!これだ!





一年に何十人もの
人の命を奪う、この難所!



自分の身命を捨てて
この難所を除こう!




絶壁を掘り貫いて、道を通じよう!





了海は


この岩山にトンネルを掘って

安全な道を造ろうと思い立ちます!!



03SEP09 018 back ground


03SEP09 028 korekoso


03SEP09 122 motomete









「命をかけてやらねばらならい!!」

08SEP09 012 dokodon





その3に続く



恩讐の彼方に 1


なんか久しぶりに
「はなそらで読む文学」を
やってみたくなってのですが・・

なぜか今回は
このチョイス!







コピー ~ 21SEP09 020 hanasora onshu

その1



では・・・


突然ですが、

この物語
いきなり修羅場ではじまります。



なんか冒頭、唐突に・・

主人公の市九郎という男、
主人から斬りつけられてるしww


なんというか

この市九郎くん、
主人である中川三郎兵衛の愛妾、お弓と密通して

それで
三郎兵衛に手打ちにされそうになってるんですが・・・

なんとこれを返り討ちにし
殺してしまうという超展開で、
この物語は幕を開けます。


その後、
市九郎はお弓にそそのかされて逃亡


美人局から
ゆすり・たかりなどを行いながら生計をたてて・・

最後は
強盗で人を殺しまくりと
順調に定番コースを落ちぶれていきます。




主人の女妾と密通、
さらに主人を返り討ちにして殺し

逃亡の末、強盗を生業にするようになったという
見事な転落人生!

こんなんが主人公で
大丈夫かっ!?これ!??


                           ↓最強毒婦、お弓(HANA)
24SEP09 041a
                             ↑やけっぱち市九郎(SORA)




しかし

あることがきっかけで
市九郎は
自らが犯してきた罪業の恐ろしさに気づく事となります。



そして
お弓から逃れるため

隠れ家を飛び出してゆくこととなるのです・・・


21SEP09 026



コピー ~ コピー ~ 21SEP09 047



野を山をがむしゃらに遁走する中、

市九郎は
浄願寺というお寺にでくわします。



彼の惑乱した懺悔の心は、

ふと宗教的な光明にすがってみたいと云う気になって・・・





市九郎は、
その寺に駆け込んでいきます。


22SEP09 155
                                 ↑花ちゃん、ここではお坊さま役


「御仏の前では、全ての罪は許される。」
そのお寺のお坊さま、明徳は懇々とその法を説き・・・

市九郎は自らの犯してきた大罪を語り始めます。

22SEP09 154







>花のオヤツをちょろまかしたり
21SEP09 074a

21SEP09 075

21SEP09 077



こうした厳しい修行(↑)の後

出家して「了海」という法名を授かった
市九郎は




衆生済度の為
身命を捨てて人々に尽くす為に

そして自らの滅罪の為

師である明遍大徳の許しを得て
諸国雲水の旅へと出て行ったのでした・・・



24SEP09 006a





その2に続く



才色兼備!ポンパトゥール侯爵夫人


「私の時代が来た。」

という言葉の元ネタをご存知でしょうか?



これは
18世紀のフランスで活躍したご婦人・・・

HSパパの心の恋人にして
永遠のアイドル!


美貌と知性を兼ね備えた
究極の才女!


あと、
え~と、え~と・・・



hana happyHANA「悩んで言うほどのモンじゃねーぞなww」

sora mumuSORA「ハイソな姉御!『姉御』でしゅ!」


ありがとう、SORAくん。(棒読み)
でも、姉御ってちょっとイメージじゃないなぁ・・・

sora scaredSORA「・・・はぅ!」


まぁそれはいいとして、
「私の時代が来た」ってのは

ルイ15世を手なずけて
フランスを裏から牛耳った

美貌と知性を兼ね備えた
永遠の美女、ポンパドゥール侯爵夫人の・・・

ありがたいお言葉なのです!



ポンパドゥールちゃんのご尊顔
pompadour.jpg



さて
この絵でまず注目いただきたいのは、

この美しいご婦人が

白魚のように華奢で滑らか、
雪のように白く美しい指で
めくっている・・

hana happyHANA「バカスww」

・・・この楽譜。

そして、
足元のデッサン帳です。

これは、

音楽や絵画など、
芸術に対して
ハニーが高い関心を持っていたことを示しちょります。

hana ordinaryHANA「ハニー?ww」



そして
机の上に並べられた
分厚い本の数々・・

これはそれぞれタイトルが
「法の精神」「百科事典」で

MYスイートハートに
高い教養があったことを意味しており・・・

sora sorrySORA「MYスイートハート・・・」


さらにこの
地球儀、

これは
LOVELYダーリンが
最先端の科学に興味をもっておられたことを
証明しているのですよ、はっはっは!


hana uheHANA「こりゃあ・・」

SORA 28JULY08 065SORA「ちょっとアレでしゅね・・・」



そんなパーフェクトWOMANっぷり絶頂の
ポンパドゥールちゃんですが、

交友関係も 
ハンパありませんでした。
なんせあの・・・

最恐女帝、マリア・テレジア(マリー・アントワネットの母ちゃん)
マブダチだったのですから!!

sora kire XLARGESORA「GYAAAAAAA!」

05FEB09 039 SORA iyadeshuSORA「でしゅ!」

コピー ~ 05FEB09 039 SORA iyadeshuSORA「でしゅっ!」

27DEC08SORA GYASUSORA「ドカーン!!」



HANA 26MAY08 022HANA「SORA!ナイス、リアクション!!ww」 



あれっ!?
なんだかまた無駄に長くなってしまって

結局あんまり

歴史上の
ポンパドゥールちゃんの活躍を紹介できませんでしたが・・・



最後に
SUPER美しいショットを載せて
今回はシメとします。

うん。
余計な言葉よりも
この一枚のほうが

多くを語るであろうから!!


pompadour 2









ポンパドゥール侯爵夫人ポンパドゥール侯爵夫人
(2003/08)
ナンシー ミットフォード

商品詳細を見る

甥っ子がかしてくれたジェット・リーの映画が面白かった


久々に・・・

ぽっくん、ワイヤーアクション発動!



01 13MAY10 base run 018

02 10JUN10 083

03 10JUN10 102





04 13MAY10 base run 072

05 13MAY10 base run 108

SORA 28JULY08 065SORA「もしかして体重が・・・」








ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ・・・





15JUN10 065a

15JUN10 066a

27MAY10 017a





sora mattemashuSORA「ぽっくん、この戦争が終わったら結婚するんでしゅ・・・」





sora scaredSORA「ガガッ! ピー・・・・・・・・」


sora noimageSORA「プー、プー、プー・・・・・・・・・・」






なんかまた
タイヘンなことになってますが・・・




ま、元気に遊んでくれてるし

面白いからいいッ!!




>面白いから
sora scaredSORA「えっ!?」











青い空に 白い雲

27MAY10 031



見渡せば美しい花たち

15JUN10 062 

15JUN10 078

15JUN10 073



今日のこの幸せに・・ 感謝!







あ、あと

甥っ子がかしてくれたDVD、


ジェット・リー主演の
「ブラック・ダイヤモンド」って映画が面白かった




DMXのほうが目立ってたかな

ブラック・ダイヤモンド 特別編 [DVD]ブラック・ダイヤモンド 特別編 [DVD]
(2003/09/05)
ジェット・リーDMX

商品詳細を見る

| はなそらDAYz!ホーム |