30日は


HSママの誕生日ですた。 何歳になったかは聞かんといてw

18OCT09 063
で、前の晩にHSPが買ってきてくれたケーキを朝ごはんにいただき 美味しかったです、ありがとう(^^♪

18OCT09 064
背後からの視線が、ちと痛かったですが(^^ゞ 

職場に着いたら
P1000004.jpg
良き仕事仲間&ベーキング上手のMichelleが、あたすのために焼いてきてくれたケーキが。Michelleの手作りお菓子は、技術だけじゃなく、いつも暖かいハートがこもっていて好きなのだ。 ありがとうね、これからもよろしくね。 

で、久々に職場の仲間とランチしたり(普段なかなかできないのだ)、お祝いしてもらったり。ありがたいことです。皆に感謝しなきゃだね(^^♪ 

夜は夜で、HSPが当直だったもんで、昔バイトしてた塾の教え子と久しぶりに会ってみたり。 いい一日だったなー、と大満足で家に帰ると。

こんなステキなプレゼントがポストに入っていましたよ(*´∀`嬉)

18OCT09 086

HSP方の甥っこちゃんからの、バースディカード  甥っ子ちゃんとは数年前に1歳になったばかりの時に会ったきり。私の記憶のなかでの甥っ子ちゃんは、立つことを覚えた姿のままで止まっていて。 もう字が書けるようになったんだと、これを書いてくれている所を想像すると感慨深く。 Sくんありがとう! 大事に大事に飾らせていただきます 

HSPはお仕事だったけど、最高の誕生日でした(^.^)  
スポンサーサイト

タイムマシンに乗ろう! ~いつでもキミに会いにいける~


ゆく河の流れは絶えずして
しかももとの水にあらず

この世は無常・・・う~ん、切ない(>_<)



過ぎ去った時間、
もはや手の届かない思い出、

過去に行きたい!
もう一度あの場所へ!


そう考えたことはないだろうか?




ならば行こうではないか!過去へ!!



hana happyHANA「ま~た始まったww」

SORA uuu07JAN09 010SORA「・・・・・・・・・」





先週、
HSパパが生まれ育った田舎の実家に行って来ました。



sora tangSORA「あれ?3年くらい前に取り壊して・・」

hana hatenaHANA「新築したんじゃなかったっけ?」


うん、そうです。今はさら地になってます。

取り壊す時に
残念ながら行くこと能わず
悲しい思いをしました。


今思うと、
無理してでも行って
最後にその姿を目に焼き付けておけばよかったと、
本当に後悔してます。

sora counterSORA「でも先週行って来た・・・んでしゅよね?」

hana gyafunHANA「話が見えんぞな~!」


そう。
あの家は数年前に解体されており、
「この世界には」存在しません。


先週、HSパパが行ってきたのは

今のこの世界のあの場所ではなく
「20年以上前の世界」

まだあの家がこの世界に存在していた
あの時のあの場所だったのです。


hana face1HANA「ヒソヒソ・・・とうとう・・・・・ヒソヒソヒソ・・・ぞなぞな・・・」

sora face1SORA「・・やっぱり・・・・・・ヒソヒソ・・・でしゅでしゅ・・・・・」



今、現実には存在しないこの家

床をさわり、ドアを開け、
その存在を思う存分に感じてきた。


家は何も言ってはくれないけれど、
しかし確かに
その暖かい気持ちは感じることが出来た。。


hana face1HANA「ヒソヒソ・・季節の・・・ヒソヒソ・・・変わり目・・・ぞな~・・・」

sora face1SORA「ヒソヒソ・・悪いものでも食べたんじゃ・・・ヒソヒソ・・でしゅ~」



もはや現実には存在しないあなたよ、
ここで会うことが出来て本当に嬉しい。


最期に会うことはかなわなかったけど、

でも今こうして会えたんだから
もうしばらく一緒にいよう。。

あなたは母親のようにやさしく、そして暖かい・・・







そう、それは夢の中での出来事でした。

夢の中で、
HSパパは確かにあの時間、あの場所に帰り着くことが出来て

そして
今はなきあの家に触れることが出来たのでした。



夢の世界の中で、
あの家の白い壁に手をつけば
その暖かい心を感じることが出来た。

HSパパは
「今までありがとう」と
今のこの自分の気持ちを
壁に書いて残してきた。




現実世界でいつか帰省した時、
かつてあの家があった場所で
その痕跡を探してみよう。

きっとその時、
土を掘り起こすと白い欠片が見つかるはず。


そして

その欠片にはきっとこう書いてあるだろう。

「今までありがとう」








夢はタイムマシン

いつでもどこでも
望む世界に行くことが出来るし

会いたい人にも会える・・・



過去に置いてきてしまったこと

消え去ることのない過去の過ち



そんなことをやり直すことだってきっと出来る!

・・・のだ!


hana happyHANA「まさかの夢オチwww」








未来はためらいながら近づき
現在は矢のように通り過ぎ

過去は永久に静かにたっている。。




大好きなシラーの言葉・・・

Friedrich Schillers Smmtliche WerkeFriedrich Schillers Smmtliche Werke
(2009/10)
Friedrich Schiller

商品詳細を見る


黒いカラスを白くする


こないだ、1920年代に書かれた
米国の本を読んだ。

著者はEdward Bernays(フロイトの甥)、
タイトルはズバリ!

『プロパガンダ』
プロパガンダ(Propaganda): 
特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する宣伝行為。
簡単に言うと、大規模な洗脳。




sora scaredSORA「GYAAAAA!」

hana uheHANA「うへぇ・・・」



ゲッペルス(ナチスの宣伝将校)も
愛読していたこの本、

内容は
なかなか実践的エグいものでした。

hana face1HANA「・・・・・」

SORA uuu07JAN09 010SORA「・・・・・」



つーかこれ、
1920年代の本なんだよな~。

おもいっきり近代の夜明け時代なんですが、

それが
現代の広告(マスコミ)や宣伝(PR)に於いても
かなり応用されまくってますので

基礎理論を築いたという
その功績は素直にSUGEEEと思います。



sora mumuSORA「つ、つまり、洗脳技術がテレビのCMで多く応用されていると・・・」

ピンポーン!  ピンポーン! (←チャイムの音)

sora scaredSORA「はぅっ!」


sora counterSORA「こ、こんな夜中に誰でしゅかねぇ・・・」


ちょ・・・!
SORAくんがかなりピンチなんですがwww



hana happyHANA「ヘーキだから放っとくぞなww」





hana uheHANA「で、具体的にはどういう技術なの?」


う~ん、
まぁいろいろあるんですが・・・

例えば
あるマラソンシューズを売りたかったとします。

シューズの製造会社社員が
「この靴を履くと足への負担が軽減されますよ!」
と声高に宣伝したところで、
ほとんど効果は望めません。

そこで、
スポーツ医学の権威を雇って
その医師に
「この靴を履くと足への負担が軽減されますよ!」
と言ってもらうんです。

そうするとほらね!
言ってるセリフは同じなのに、
そこには「強力な説得力」がでてくる!


こういうのを洗脳技術では
「権威付け」といいます。
因みに心理分析にも
同じ意味で同じ言葉があります(コレとはちょっと違うが)



これの応用例としては、
例えばこないだの人柱の話です。

あれは、
「新編相模国風土記稿」というそれっぽい史料名と
「院生」という二つの『権威』を利用し
話に信憑性をもたせようとしたワケです。

しかし、
たったあれだけの「権威付け」なのに
このお茶羅気ブログの悪ノリ駄文に

ほんのちょっぴりでも
信憑性を生じさせることに
成功しています。


>信憑性を生じさせることに成功
hana happyHANA「はっ?!ww」

sora sleepingSORA「ZZZZZ・・・」





ま、こんなのは単なる基本の技術の一例で、
他にももっといろいろあり

あの時代に書かれたもの、
しかもたった一人の学者によって生み出されたものだと思うと
なかなか面白かったのですが・・・


何と言うかこの本、

主張が極端と言うか危険というか、
何ともスゴイものだったのがアウトでした、
なにしろ

「愚かな大衆は一部のエリートによって
正しい道に導かれるべきなのであり、
これはその為の正しい手段である。」



な~んて
思いっきり断言してんですもんね。

ラスコーリニコフの「エリート論」もどきを
現実で主張するなんて・・・(>_<)

HANA 26MAY08 022HANA「これぜってー「罪と罰」読んでんぞな~ww」



hana ordinaryHANA「ドラゴンボール読んでカメハメ波の練習するのとかわらんぞな~w」

sorasora.jpgSORA「それパパでしゅから!」

こらこらこらww
バラすんじゃないwww





しかしまぁ、これなら、
選民思想をその基本としたゲッペルスがハマっちゃったのも

無理はないかなぁ。。



パパちゃんの好きな
(現代のマトモな)「洗脳原論」の基礎になったものなので
なんとなく読んでみたんですが、
いろんな意味で面白かったです。


米国のプロパガンダが
世界最高峰の技術を誇るのもわかるなぁ。





↓学術的興味って意味で、つゆっちとか好きなんじゃね?

PropagandaPropaganda
(2004/09/15)
Edward L. BernaysMark Crispin Miller

商品詳細を見る




↓ラスコーリニコフに殺人の権利はあったのか?人類必読の一冊!

罪と罰 (上巻) (新潮文庫)罪と罰 (上巻) (新潮文庫)
(1987/06)
ドストエフスキー

商品詳細を見る




孔子は「策略を心得ていても使うな」と言い
韓非子はその逆に理を説き、
孔明は計を実践しまくった。

果たして誰に倣えば良いのか・・・






こういう時はやっぱ



本能のままに呂布!! ・・・かな?


「星守る犬」 ~その永遠の魂~


HSパパは、ゲーテが好きだ。
しかし「若きヴェルテルの悩み」は嫌いだ。
花そらウェルテル
ウェルテル再考

あの悲しいラスト、
何度読んでも胸が張り裂けそうになるから・・・

sora tangSORA「嫌いなのに・・」

hana happyHANA「何度も読んでるの? ぷす~ww


嫌いだ、嫌いだ、と言いながら、
然しながらこないだまた
古本屋さんで見つけて買ってしまった。

もはや、「若きヴェルテルの悩み」は
何冊持っているのかすらわからない(>_<)

で、今は明治期に出版されたものが欲しくて
探してるとこです。
どなたかお持ちの方がいらしたら、無料でください。

sora scaredSORA「な、なに言いだすんでしゅか~!?」


初っ端からかなり脱線してますが、
HSPが言いたかったのは
口で言ってることと本意とは必ずしも一致しないということです。
「太宰が好きだ」とか、テレくさくて
おおっぴらに言えないのと一緒です。
前に「星守る犬」の感想を書いた時は、
その心理がたぶんに出ていたように感じます。。

と、話が逸脱しまくってるので
ここで本題に行きます。


「星守る犬」 ~その永遠の魂~


この物語もまた
ヴェルテルと同じく純愛の物語です。


「お父さん」と「ハッピー」

二人とも、

文字通り
その命の燃え尽きるまで

お互いを想い、お互いを愛した。


ヴェルテルはシャルロッテを愛したが、
愛されはしなくって
その想いは一方通行だった。

失意のうちに
自損行為により死んでいくヴェルテル。
どんな見方をしても、
これは不幸で悲しい死に方だ。


一方、お父さんとハッピーはどうだろう?

前回、そして前々回に於いても
HSパパは彼らの最期を
「不幸」とか「悲惨」と表現した。

しかしそれは果たして
そうだったのか・・・?



(ツァラトゥストラじゃないが)
否!否!三たび否と言おう!

お父さんもハッピーも、
最期は幸せだった、
あれでよかったのだ!

何故このことに気づかなかったのか・・・

hana ordinaryHANA「読解力ね~からww」



職も家も、家族もなくし
そして病気をかかえたまま

ハッピーと共に
旅にでた「お父さん」


ハッピーを捨てていれば
職にもありつけたかもしれないし
住むところも見つかったかもしれない。


しかし

自分をまっすぐに見つめてくれる
曇りのない澄んだ瞳を

ハッピーを捨てることなど
「お父さん」には出来るはずもなかった。


病気をかかえ
ハッピーと共に生きていくということ。
そこには、
無意識の領域に
漠然とながら「死」の決意があったはず・・・


これは正直、
たいへんなことだ。



しかし不思議と、
死を決意したその思いは
全編通してその表情に表れることはない。

なぜだろう?


『貧しい生』よりも、
『豊かな死』を選択した「お父さん」

しかしその選択は、
悲壮な思考の後になされたものではなく
無意識のうちの自然な流れによるものだったに違いない。
ここだけは間違いない。

だからこそ、
未来のない旅の中にあっても
その表情は常に穏やかなものだったのだ。

(このあたり、
村上先生の画力表現力が凄まじいまでに発揮されているところで
この作品の見所のひとつとなっていると思う)




ハッピーはその澄んだ瞳で
まっすぐに「お父さん」をみつめ愛し、

そしてまた
「お父さん」も同じようにハッピーを愛した。


そうなのだ。

二人はたしかに全編を通して
幸福だったのだ。


(そこが
悲劇で有名なヴェルテルとは明確に違うところだ!)



だからこそ、
先のない運命の中にあろうと
二人の表情は安らぎに満ちていたのだ。

愛するものと一緒にいられること
この世界にこれ以上の幸せがあろうか!!




そして

この世界の肉体は滅んでしまったが
二人のその魂は再会を果たすこととなった・・・


二人が幸せそうに
一緒に歩いてくあのラストこそ、

「永遠の幸せと安息」を約束した
究極なる魂の幸福、

その光景だったのではなかろうか・・・






「死」は全ての終わり、完全なる別れを意味する。

しかし彼らの魂は
永遠に一緒だ。



「その時」が来たとき

きっと私達もそうなれると固く信じてはいるが、
正直今の時点で確証はない。

「愛する者と永遠に一緒」

これこそが
私たちが求めてきた理想の完成形ではないだろうか?


それが
ここにはあったのだ・・・・・・・

(現実には出来ないことかもしれない、だからこそ文学に夢をみる)






「お父さん」とハッピー

彼らの魂は救われ そして永遠となった











『何に対しても斜に構えて読書をしてしまう人は、
冷静に批判しているようでも
本当に大事なものをとらえていないので
その本の本質の部分を見ることが出来ない』

これは、
尊敬する齋藤孝先生の言葉だ。


今、思う・・・

これ、すごい真理!! 痛感!






なお
「星守る犬」は、ただ今漫画アクションで続編連載中っす!

要チェックや!

星守る犬星守る犬
(2009/07)
村上 たかし

商品詳細を見る




秋のお散歩写真館


村上たかし先生よりの指令に従い・・・

お散歩写真、アップするお!!



『美しき秋の空』をテーマに、
いろいろ載っけてみました


宮ヶ瀬湖の濃い青と、秋空の透明な青
08OCT09 033miyagase

平塚の青空、ジュリダマちゃんはどこかなっ?
10OCT09 052hiratsuka



「秋は夕暮れ」 清少納言


そこにあるその美よ
10OCT09 077a

秋の夕暮れに雲光輝く
10OCT09 069a


夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、
烏の、寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、
飛び急ぐさへ、あわれなり。
まいて、雁などの列ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。
日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。



伊豆の夕日
01OCT09 083izu2

ずっとみんなで・・・
01OCT09 085izu





光るSORA、印象派の絵画っぽい?www
08OCT09 029a


HSパパ、秋の写真館でした・・・







=おまけ=

ぽっくんには翼がある
09MAY09 053a

僕は鳥じゃない僕は鳥じゃない
(1999/10/20)
谷山浩子石井AQ

商品詳細を見る

月刊 板垣公一さん


今日はやっと泊まり勤務明けたっす、
ここんとこ忙しかったな~(>_<)

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。

こんな時は、
山にでも登って絵を・・・じゃなくって、
星でも眺めてのんびり過ごしたいトコです。


hana gyafunHANA「隕石っ!」

12JAN09 218SORA「胆石ッ!」

hana happyHANA「漱石?ww」



ところで天体観測といえばッ!!

ちょっと前(10月11日)の話なんですが、
山形県のアマチュア天文家、板垣公一さんが
6000万光年離れたNGC 918という銀河付近に・・・

またしても超新星発見!!


↓右の写真、銀河の横に現れてます
sn2009js ITAGAKI



「また板垣さんか!ww」って思わず叫んじゃいました
いやはや、この超絶なる超新星発見の技術、ホントにすごい


hana happyHANA「板垣さんの一睨みで星大爆発ww」

sora happySORA「プーチンしゃんの視線と同等の破壊力www」



いやぁ、もうホント、
ほぼ一ヶ月に一回は
「また板垣さんか!ww」って言ってるワケですが

一ヶ月に一回はコレ言っとかないと、
もはや体調崩す体になってしまいましたww




ここんとこ一ヵ月半くらい言ってなかったから・・・

あ~、これでやっと落ち着いた!


hana happyHANA「ぷす~www」






ところで天体観測といえば、

今ちょうど
オリオン座流星群がきてるワケですが・・・

流星よりもオリオン座のベテルギウス(Betelgeuse)のほうが
激しく気になる・・・

いつ爆発すんだろ、あれ(>_<) ドキドキドキ・・・



あんなデカいの(木星軌道とほぼ同じ大きさ)が超新星爆発したら、
たぶんエライことに・・・


hana happyHANA「γ線バーストが直撃すれば、余裕で地球の生物終了のお知らせww」


ものすごい
超々極小な確率で
直撃どころか(宇宙規模で)かすめる可能性すら
限りなくゼロに近い可能性ですけどねwww

あ、もうダメだ。
こっから波動砲の話にもってこうと思ったけど、

寝ます、おやすみなさい・・・



うちの子記念日 完結編


5年前の10月11日、花を迎えにドッグフォレストへ。

前日台風が伊豆半島を直撃した影響であちこちの道路が閉鎖され、着くまでにいつもの倍近くの時間がかかってしまいました。

書類手続きを済ませ、スタッフのIさんが抱っこして連れてきてくれた花ちゃんは、私たちを見るなり大喜びで、Iさんの腕から飛び出さんばかり。 


まずはパパが花を抱っこ。すると、花もパパを気に入ってくれてたんでしょうね。 嬉ションジョンジョロ。。。大型犬だから量もハンパないのよ((((^_^;) そんな花にパパもメロメロ。。。その後ワタシはなかなか花を抱っこさせてもらえなかったw


花を迎えるにあたっていろいろご相談に乗って下さった、Iさんに見送られながら、家路へ。。。のはずがここで問題発生( ̄▽ ̄;)!! まず花が車を怖がって乗りたがらない。 しばらくあやして。。ようやく抱っこで後部座席に入ってくれました。 ところが車が動き出すと不安そうにオロオロ。 お里を振り返ってヒンヒン泣かれた時には、

「ダメだかわいそう!連れて帰れない!!」 

そう思いました。 (←バカかとw でもそれだけ花のことを思っていたのだ


とりあえず(自分たちが)落ち着こうと、路肩に車を止めた時―。
それまで泣いていた花がケロッ!シッポぶんぶんで何かに飛びつきました。 

ああ、そう言えば、こんな時の為におもちゃ用意してたんだっけー忘れてたー(^^ゞ 


「何これ花の?ラッキぃー♪」



それまで集団生活でもって、ビビリな性格だったから、おもちゃなんぞ独り占めしたことなかったんでしょうね。それはえらい喜びようで((((^_^;) その後はおもちゃに夢中でお里を恋しがることもなく、順調に帰宅することができました、とさ♪

P504iS01793_20091012101445.jpg
休憩に立ち寄った伊東マリンタウンにて。



この家にやって来てくれた花に、そして花とワタシ達を引き合わせて下さったドッグフォレストの皆さんには、今も感謝の気持ちでいっぱいです(*^-^*) 

花ちゃん、これからもよろしく。ずっとずっと、仲良く暮らしていこうね♪

うちの子記念日3


花ちゃんに完全に 状態となったワタシたち夫婦ですが、やっぱり家でお留守番させるのが可哀相で、諦めて家に帰りました。

でもねー。諦めたとか言ってたわりにフラットのこといろいろ調べ始めたりもして。もう自分で何やってるんだか分からなかったですw 

それから1ヶ月経ったある日曜日。

どーしてもどーしても、花のことが忘れられなくて、ドッグフォレストさんに電話して聞いてみました。1ヶ月前にそちらにいたレバフラはまだそちらにいるかと(可愛いからもうどこかにもらわれちゃっただろうと思いつつ)。

そしたら間髪いれずに「いますよー♪」 

その言葉を聞き終わるまでには、すでに伊豆高原に向けてェェェ!。。。もうええっつに。



1ヶ月ぶりに会った花ちゃんは、見た目はちょっと女の子らしく、でもその破壊力には見事なターボがかかっていましたww


P504iS02050.jpg



ああ花ちゃん。。。





もうここまで来ると、自分でも呆れますな。 飼うのか(飼ったら一人お留守番は必至)、諦めるのかどちらかしかないわけで。何でまぁこんなに悩むのか。 

でもでも、とても大事なことだから、もう一度慎重に考えたくて。 また来ることにしました。 ここのスタッフさんに「この子は可愛いからあんまり他の人に見せないで下さい。」とかむちゃくちゃなお願いを残してw

今にして思えば、この時もう気持ちは決まっていたんですね。 翌日ドッグフォレストに電話を入れて、花をうちの子にとお願いしました。


親バカ話はネバーエンディング

続きます((((^_^;) 

うちの子記念日2


「大型犬はダメだからねー」と必死に自分とパパに言い聞かせつつドッグフォレストへ。
最初はJRTがいいんじゃね?と思っていたですよ。小さいけど活発だし、ドッグスポーツとかやったら楽しいんじゃね?って。 

注:↑はい、素人考えですw JRTは「小さな大型犬」と形容されるほど、大っ変な運動量を必要としますからねww

ここのブリーダー村に、犬社会勉強ちうのワンコがわさわさおった。。はずですがあんまり記憶にありましぇん。 なぜなら施設に入った瞬間、大きなサークルの中で元気に遊び回る黒とレバーのフラットの姿に釘付けとなってしまったからなんですw 

chamau1_20091012094942.jpg

「これがフラットコーテッドかぁ。。。」 

優雅な容姿と、天真爛漫かつスットコドッコイなキャラとのギャップに、一瞬のうちに魅了されましたよ、はい 

この写真奥のレバーの子、近づくと、サークルの中からワタシの服を引っ張って「こっちにおいでよ!遊ぼうよ!」と、つぶらな瞳で誘ってきます。 

「あわわわわわ~☆○■◎。。」 もう言葉になりましぇん。完全にハートを射抜かれました 

もうそれからどの位の間、この子の前に立っていただろう。 その時パパが何してたか覚えてないけど、多分同じようにこのレバフラに一目惚れしてたんだと思う。だって↓写メまで撮ってたしww

chamau2_20091025092522.jpg


ああ、こんな子がうちに来てくれたらなぁ!


この時すでに、このレバフラを勝手に「花ちゃん」と命名していたワタシでした(*^m^*)




でもウチは共働き。こんなに可愛い子を一人お留守番させて仕事行けるか?


パパ&ママ「。。。無理、ぜったい無理」

あの子はもっと、賑やかな、常に人がいる大家族にもらわれた方が幸せだよ。うちなんかで飼ったらかわいそう。





という結論に至り、パパママはブリーダー村を後にしたのでした。。。


施設を出た直後から「はぁ~」、ため息の連続。 


花ちゃん可愛かったなぁ。。。。 


可愛かったなぁ。。。


また会いたいなぁ。。。











ママ 「ねえ、もう一回花ちゃんに会いに行かない?」

また入場料払って、花に会いにブリーダー村に戻って行ったワタクシたちでしたwwww




3に続きます(^^ゞ 

花介うちの子記念日♪


HSママです。

一週間前の10月11日は、花介のうちの子記念日でした(^.^)  

何で1週間前の話題?とか思ってるでしょう、ええそうでしょうw 単に当時の写真が出てきたので思いつきで((((^_^;) 


花がうちにやって来たときの話はペットネット・ブログ時代に書いたんだけれども、こちらはトラブルがあってもう開けられないようなので、再び書いちゃいましょう親バカストーリー


今の家に住み始めた当初から、「大型犬飼いたい」を連発してたHSPに段々洗脳されてその気になったワタクシw 

最初は保護犬も考えましたが、虐待を受けたなど、深刻な状況の子ばかりで。当時素人だったワタシに十分なケアをしてあげられる自信はとても持てませんでした。
 

で、仔犬から飼うならスタンダードが欲しかった。血統書うんぬんではなく、どういう性格、体格の犬に育つのか検討がつきやすいから。 HSエリアは住宅密集地であること、ご近所に小さな子供さんが多いこと、そしてパパママとも犬飼素人であることから、これはとても重要な要素だったのです。

あたしゃ最初は大型犬はイヤだったんですよw

子供の頃可愛がっていた「ちびたん」という名のドスコイ大型犬がいたのだけど(家に来た時は子犬だったから「ちびたん」。しかし育ってみたら、それは立派なジャーマンシェパードMIXだったwww)、その頃の記憶で、大型犬=世話が大変というイメージが、当時まだ子供だったワタシの中に出来上がっていたのです。 


実際は大型でも小型でも1頭は1頭。お世話の大変さは変わらない、と今は思います。


小型犬や中型犬をあれこれ調べました。 どの犬種もそれぞれに魅力的だけど、「う~ん。。。」な感じ。 

逆に大型犬の写真なんかみると「おお~っと見入ってしまうw 何だかんだ言っても、ワタシにとっての犬のイメージは、子供の頃の相棒、大型犬「ちびたん」だったのだね(*^m^*) その中でも、あの人懐こい目をしたレトリーバー種がすご~く気になり始めて。。。 いやいや大型犬はダメ!とか必死で自分に言い聞かせたりの繰り返しの日々がしばらく続きました。


でね、少なくとも生後3ヶ月間は、親犬のもとか、犬社会で育てられた子が欲しかったんです。

ちびたんは生後3ヶ月で我が家(実家)にやって来たのですが、しばらくの間、夜中に寂しがって鳴いてました。お母さんが恋しかったのでしょうね。ワタシも一緒になって泣いちまいましたww そんな記憶があるので、パピパピしすぎるワンコを迎える気にはなれなかったのです。 


ある日ネットで、そんなワタシにぴったりの施設を見つけました。伊豆高原ドッグフォレスト。社会化に一番大切な生後3ヶ月は犬社会で育ててくれ、飼い主になる人用のオリエンテーションまできちんと開催してくれてた(昔の話なので、もしかしたら今は方針が変わっているかもしれません)。 


ここだッ!
犬を飼うならこういう所で育った子がいいッ!




そう思った時にはすでに伊豆に向かって車を走らせていたパパママでした。





話長くなってきたので、つづきはその2に(*^m^*) 

P504iS02561.jpg
↑ウチに連れてきたての頃の、花(生後4ヶ月半)。 まだちっこい


相模川で怖いもの見た


皆さん聞いてください。

今日は、
海老名市にある相模三川公園に行ってみたんですが
かなり怖いものを見てしまいました。



この公園、
河川敷にある公園なので
見渡す限りひたすら平地です。

しかしある場所には何故か
「不自然に」木が一本立っているのです。


川沿いに立っている
この木、

何故だかやけに気になったのですが・・・

2009101414360000tree.jpg

この異様な雰囲気
何かがおかしい。。

近寄って
よく見てみることにしました。


sora face1SORA「か、帰るでしゅよ・・・」

hana happyHANA「行くっかないぞな~♪」



恐る恐る近寄ってみて
異様な雰囲気のワケがわかりました。

なんと
この木の周囲には

長細い・・見ようによっては
人にも見えるような
たくさんの石が、

群れをなして設置してあったのです。

sora mumuSORA「(ゴクリ・・・)」





川沿いの公園にある謎の石群・・・

何か意味があるかと思い
ネットで調べてみたのですが

恐ろしい事実が判明。

本当はブログネタにしてる場合じゃないような
すごい怖いものでした。。


04SEP08 196SORA「じゃ、ぽっくんはこれで・・・」

hana aHANA「帰るなっつーの!」



ネットにあった記録(新編相模国風土記稿)によると

この川は本格的な治水工事が行われる前、
具体的には1800年代には
ひどく氾濫することが多かったのだそうです。

洪水の度に村が流されてしまうので、
その事に頭を痛めた当時の村長たちは

「ある儀式」を行うことを思いついたのだとか・・・



そう

人柱です。



sora scaredSORA「はぅっ!!」



そして

人柱が立てられる度に

鎮魂として
この木の周囲に石が置かれてきた、と

つまり
石の数だけ人柱が立てられてきた、という

そういう
ワケ有りの石群だったのです。


それが現代まで、
文化財というか民俗学的史料として
保存されていたという・・・


sora kire XLARGESORA「GYAAAAAAAAA!」




それでは

実際の写真をみていただきましょう。

(怖いのが苦手な方は、ここで退場なさって下さい。
見たい方だけ、スクロールして↓へどうぞ。)





















2009101414380001stone.jpg



sora scaredSORA「ひぃぃぃぃぃ!」

hana uheHANA「うへぇ、こりゃちょっと・・・」



2009101414380000a.jpg


パパの携帯電話のカメラは
うまく接写が出来ないので
ここでの掲載は断念しましたが、

実は近寄ってよく見ると
文字らしきものが書いてあった痕跡があります。



知り合いの院生に
写真を送って問い合わせたところ

この文字は慶應、
つまり1800年代後半に使われていた字体らしいとのことでした。

判読については、
かなり薄くなっているので
極めて難しいとの事でしたが

「人物名」
地名・・おそらく「集落の名前」が書いてあったのではないか?
とのことでした。


彼に頼んで調べてもらったのですが、
何かそれらしき名前の集落(烏山藩田名村?)が
相模川近辺に実在したとか・・もう怖すぎる!!


そして更に調べてもらってのですが、
実際にその年代に人柱の記録もあるんだそうで・・・


なんかもうちょっと
これ、怖すぎだろ!!



sora scaredSORA「ガクガクブルブル ガクガクブルブル」








この後

あまりの恐怖に
放心状態となってしまったHSパパは

思わず周囲を見渡してしまいました・・・




2009101414380002.jpg


ん?
このおじさんがやってるのって・・・?





hana gyafunHANA「えっ!?」

27DEC08SORA GYASUSORA「はっ!?」



sora counterSORA「もしや・・・っ!?」






はい、そう!

これ全部、釣りでした~!!www






人柱とか、ぜ~んぶウソっ!!www





hana happyHANA「やられた~!!ww」

sora sorrySORA「ズコーッ!!」






いやぁ、なんかこれ、

誰かがこの石を並べたのって、
単なる遊び的ものだと思うんですよ~。

しかし
雰囲気的にはちょっと異様で
怖いものになってるので


ついつい
釣りに使ってしまいました~!

はっはっは~!

なかなかリアリティーあったでしょ!?



ちょっとやってみたかったんですよね~ww

釣られちゃってたらゴメンなさ~いっ!!



JKC訓練競技会へ行ってきますた。


もちろん見学にねっっ ビシッ!


HSママです。こんばんは。


今日は房総のお友達、ジュリーママさん&ダーマちゃんが平塚の競技会に出場していたので応援にっ!のつもりが。。。。えらい渋滞で間に合いませんでした(T^T) ママさんホントごめんなさいm(_ _)mm(_ _)m 世間は3連休のど真ん中だったのよね。。。(ToT)


気を取り直して、審査を終えたジュリーママに再会!


10OCT09 004
ジュリダマ家にはじめましての、そらとHSP(写真撮影係 いつもありがとー♪)。 


競技会、初めて見学させてもらったHS家ですが、いやー面白かった(*^o^*) 
10OCT09 001
災害救助犬のデモなんかもやってたり。

飼い主さん&ワンコの信頼関係、集中力。。皆すごい。 見学するだけでもホント楽しかった!


でねっ、

10OCT09 024
湘南DJコンビ

ジャック兄さん撮れてなくてゴメンなさい


10OCT09 054

ウィル&セシルちゃん姉妹

ウィルちゃん撮れてなくてごめんなさい。。

そして紗羅ぱぱ&ままさんには初めてお会いできちゃいました(*´∀`嬉) 



花そら、みんなにいっぱい可愛がってもらえてよかったねー(^.^)


10OCT09 047
競技お疲れ様のダーマちゃんは、とってもフレンドリーなコ。シェルティーでは珍しいタイプなんだって。花と仲良く休憩ちう



一方そらは―。

ワンコ大勢な場所でも楽しめるようになってくれて嬉しいよママは。

10OCT09 041
いやホント嬉しいんだけど

10OCT09 043
ちょーっと女の子たちに

10OCT09 055
しつこくないか?((((^_^;) 


何はともあれ、楽しい一日でした♪ 皆さん、お疲れ様でした!

陣馬山頂上より光の階段を見た


またまた行って来ました陣馬山、
目的はもちろんトレイルランニング

山を走破するのって気持ちいいので
なんかクセになりそうです



HANA・SORAは昨日、
一日旅をして疲れたみたいで
家でよく寝てお留守番してくれていました。

その時の
「花素空千里行」の模様はまた今度。。





さて陣馬山です!


先日の台風のせいか、
あちこちから水が湧いていました。

こういう水って、
汚れなくそして限りなく純粋で透き通っていて・・・

まるで花そらの瞳のよう・・・

SORA smile 11AUG09 028SORA「ぽっくん、テレるでしゅねぇ~♪」

hana kyupiHANA「花の瞳は1万ボルト! ビコーン


↓ピュアーで美しい湧き水
10OCT09 001a


今日も陣馬の山は
清々しい空気に包まれていました。



冷たく澄みきった空気の中を走る・・

う~ん、
これ以上のレジャーがあるだろうかっ!?




10OCT09 019a

10OCT09 025a


山の澄んだ空気を
胸いっぱいに吸い込むと

肺どころか
体全体が浄化されるような気がします。



そして深呼吸してるうちにッ!

なんか波紋の呼吸法とかも
出来そうなカンジに・・・

sora hoooooSORA「コォォォォォォォ!」

hana angryHANA「山吹色の波紋疾走ッ!」





しかし山の中は
危険がいっぱいです。



倒れてくる巨木を避けッ!
10OCT09 010ab
↑一部フィクションです


敵の罠をかわしィ!
10OCT09 014a
↑BGM:インディ・ジョーンズのテーマ



数々の難関をくぐり抜けッ!

その先にあったものはッ!













陣馬山頂上に到達した
HSパパとママを待っていたもの






それは






天空より射し光り
山々を照らす

神々しきレンブラント光でした・・・


10OCT09 038a
雲の隙間より射すレンブラント光


10OCT09 055a
別名、ヤコブの梯子(または階段)



旧約聖書にある、
ヤコブが夢に見たという
天使の行き交う階段・・・





ほんのちょっとした


ホントに何かの小さな偶然が重なって


この世界に
ちょっとだけ姿を現した天界のはじっこ





陣馬の山の頂上から

HSパパとママは
確かに

ちょっとだけだけど
確かに

神々の住む世界を見てしまったのでした。。







こういう奇跡があるから
山って素晴らしいよなぁ・・・・・





sora mumuSORA「天使の階段、現出でしゅ! 神秘でしゅ~







↓大地にはシシ神様の森が広がり
10OCT09 030a

↓空には雷神様の厚い雲がたちこめる
10OCT09 040a











hana happyHANA「ヤコブとかww 単なるチンダル現象ぞな~www」

sora kire XLARGESORA「空気読むでしゅよ!!」



ギターをブン投げろ!そしてブッ壊せ!


80年代~90年代にかけて

HR/HM(ハードロック/ヘビーメタル)好きだったパパちゃんは、
M-TVのHEADBANGERS BALLをみながら

テレビの前で頭をブンブン振り回してました。


hana happyHANA「だからバカになったんじゃね? ぷす~ww


ヘッドバンギングだけじゃなくって、
弾けもしないギターの真似事とかもしてみたりね!

sora face1SORA「後に言う、エアギターである・・・ でしゅ



パパが好きだったのは、

ツインギターのバンドの二人のギタリストが
同じ動きをしながら演奏するのとかですね。

なんか萌えるんだよな~っ!!



RATTの
ウォーレン・デ・マルティーニともう一人のギターの人(誰だっけ?)、

ガンズの
スラッシュとイジー、

一回でいいから
あぁいうのやってみて~っ!!



↓こういうの
guitar dudes

twin guitarist people



ワンコも演ります♪
コピー ~ 2009091508270000





















ギターヒーロー/ ランディー・ローズ スタチューギターヒーロー/ ランディー・ローズ スタチュー
(2005/02/17)
豆魚雷

商品詳細を見る



ランディ・ローズ、ミック・マーズ、ザック・ワイルド、イングヴェイ・マルムスティーン、アンガス・ヤング、ジョー・フルシアンテ、スラッシュやイジー、そしてジョー・ペリー・・・

いやぁ、当時のギタリストは
みんなカッコよかったよなぁ

ゲーテに泣け!


ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

「涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない。」



優しくって、そして深い言葉だなぁ・・・
 
ゲーテってやっぱすごいや。





ところで、

パンといえばやっぱアレ!!


hana angryHANA「DIO!その傷を治すのに、一体何人の命を吸い取った!?」

sora face1SORA「ジョジョしゃんは、今まで食ったパンの枚数をおぼえてるでしゅか?」





hana happyHANA「初期のJoJoはネ申台詞の宝庫ぞな~!」






あ~、セリフに傍点つけて~な~(>_<)

夕焼けに萌えろ!


あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!

『俺は江ノ島にいたと思ったら、いつの間にか伊豆にいた』

な、何を言っているのかわからねーと思うが、
俺も何をされたのかわからなかった・・・

催眠術だとか超スピードだとか、
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・



hana happyHANA「ポルナレフのこのセリフ・・・」

sora happySORA「今や超有名になったでしゅねぇ♪」


いやぁ、なんか週末勤務明けて
ちょっとハイなHSパパです。

いきなり
ポルポルのセリフをいれてみましたww




ではこないだの続きいくぜッ!

例のお礼参りで江ノ島に行ったところまでは
ご報告したとおり。

しかしこの日は
残念ながらDJママがコストコ出向中だったので・・・

HS家はッ!
お参りをすませたらすぐさま
国道134号を左折、西へと向かい・・・



気がついたら

「ペテルブルグの夕日でも見にいくぞなもし」

という話になっていたッ!!



ペテ・・ 西伊豆の美しい夕日
01OCT09 083a


空の広さに感動
01OCT09 093a



夕日の中を進む漁船、実に勇ましい!
01OCT09 117a


sora scaredSORA「バ、バ、バ・・・バルチック艦隊発見でしゅ!」

HANA majimajiHANA「天気晴朗ナレドモ浪高シ!!」





さてこのあと、
戸田漁港の目の前にある食堂で

大好きな海鮮丼を食べてきました。。


お店の名前は忘れちゃったけど、
この付近に来たら必ず寄るという
超オキニのお店なのです。



そこでいつものように
美味しい食事を楽しみ、
さぁ帰ろうと思ったら
車に近づいてくる影が・・

それはなんと、
食堂のお母様(70くらいかなぁ)でした。



なんと、
お魚の切り身をお土産に持ってきてくださったのです、
わざわざ駐車場まで!


もうなんというか・・
あのお母様のニコニコした笑顔、
あの優しいお顔が心に焼きついています。


ちょうど
そらくんのことで精神的に疲れていたので
この時のお母様の優しさは
本当に心にしみました。。



旅の終わりに
暖かい人の優しさに触れることができ

最後まで
とても心休まる素晴らしい一日でした。





いやぁ

HSパパ、
心をジャブジャブ洗われちゃいました!!
















ここは本当に良い場所だなぁ・・・


01OCT09 097a



初秋のせっけん


ふたたびHSママです。

先月の話ですが、初めてHSパパの実家&妹さんご家族用にお送りしてみました♪ 

今回のせっけんはマカダミアオイル・ククイナッツなんぞ入れてスキンケア重視してみたりして。 でも飾らない、気取りのない、真っ白なせっけん

24SEP09 012
て、あれっ!? 何でか写真だとベージュ色してるんだが(;^_^A 

材料: オイル(オリーブ・ククイナッツ・マカダミアナッツ・ココナッツ・パーム)・シアバター
NaOH・精製水・精油(ラベンダー&ティートゥリー)


こちらはココナッツミルク配合で保湿感をアップ。
24SEP09 020
材料: オイル(オリーブ・アボカド・マカダミアナッツ・ココナッツ・パーム)・NaOH・精製水
精油(フランジュパニ・レモングラス・ハッカ)・ココナッツミルク

ココナッツミルクの使い心地が大好きだ

里見先生の所で譲っていただいた、波型カッターを使ってみた。 せっけんに表情がでて、なんかいいかも♪

01OCT09 003
解禁後すぐに送ったので、通気性よくするために、ラッピングは半紙を使用。 


気に入ってもらえるかな~、なんてワクワクしながら送るのも、せっけん作りの楽しみの一つです(*^m^*)

低気圧な土曜日は


HSママです。こんばんは。

今回のそらの事では、皆さまにご心配戴き、そして暖かいお言葉を、本当にありがとうございました。おかげさまで、そらはいつも通りの元気印、手術の縫い目が開いてしまうのではないかと心配になる位のハイパー振りです。 

獣医さん曰く、「もう5歳にもなると、こういうの出てきて普通ですから。」 
そうなんですよね、普段の無邪気な仕草や表情に、つい忘れがちだけれど、お医者様から見れば「もう」5歳。 これからは一層健康管理をきっちりしていってあげないと!




さて、10月に入りましたが、何ざましょこの蒸し暑さ(暑いと感じるのは私だけ?)。
おかげで散歩中、庭作業中にもえらい数の蚊が( ̄▽ ̄;)!! 

01OCT09 001
そんなこんなで花そらのお散歩前には虫除けスプレーかかせません。 材料は、ニームのティ・精油(レモングラス・シトロネラ・クローブ・ユーカリ)。 例によって自己流ですが、うちはこれでOK。人間も使用してます(^.^)  右のボトルはレモンとティートゥリーの精油で作った消臭スプレー兼エア・フレッシュナー♪ 手作りだと好きな香りで欲しい量だけ作れるのがいいね。



気圧とテンションが比例する、うちの坊ちゃん嬢ちゃん、今日は朝からよく寝てます(*^m^*) なので久しぶりに何か新しい料理に挑戦してみる気になり。


賞味期限ぎりぎりのコーンミールを発見したので、以前メキシコ人の同僚に教えてもらったレシピ、から脱線しながらwコーントルティーヤ作りました。

コーンミール・薄力粉(1:2の割合)・水適量・油適量(サラダオイルが一番いいみたいなんだけど家になかったので太白ごま油使用(;^_^A)。。。って適量じゃ分からんが、とにかくそんなに神経質にならなくていいと言うことでしょう♪ で、材料全てを混ぜ合わせ→寝かせ→適当な大きさに分け→まぁるく伸ばす。

簡単簡単!と彼女は言う。しかーし!
01OCT09 012
このまぁるくが、トルティーヤなんて初めて手作りしたアタシには結構大変だった((((^_^;)↑のはさんざん失敗してやっとキレイに伸ばせたやつね(^^ゞ

01OCT09 016
これを熱したフライパンでかる~く焼き目をつける。
早くも飽きてきたのでw今日はここまで。明日はコレでチキン・エンチラーダを作るぞ(明日までヤル気が持てば)!!

01OCT09 026
残りのコーンミールで、花そらのおやつにコーン・マフィンの生姜はちみつ乗っけ。なかなか好評でした♪


あ、花そら飯と言えば、最近ずっと使っていなかったハト麦を、またご飯に入れ始めました。 
01OCT09 032
今回のパピローマといい、以前のポチといい(結局皮膚の角質が隆起したものだったのだけど)、ぽっくんちょっと心配なので、腫瘍抑制効果に。 全身麻酔をかけなきゃいけないような事態がもう起こらないように、出来る努力は何でもしていかねばです。

そらの体にどの程度効いているのか分からないけど、これ食べてもまた出来てしまうかもだけど、何もしないでいるよりはいいよね、きっと♪


何やらまとまりのない記事でm(_ _)m HS家のまったり、幸せな週末のお話でした(*^o^*) 

お礼のお参りへ


そっくん、健康で元気に帰宅!

そのお礼に
弁財天様に再びお参りに行って来ました。


さていきなりだが

お礼参りとは、
「神仏への願い事がかなった時、そのお礼として参拝する」
というのが本来の意味である。

しかしこのような美しい言葉が
いつの頃からか物騒な意味を持つことになってしまったのは
極めて残念なことだ。



閑話休題(それはさておき)

この日は素晴らしい快晴でした。
前の日に天気予報をみたら
むこう一週間は雨だったので
雨のお参りをけっこー覚悟していたのですが

一晩寝たらこの天気。


これはきっと、
弁天様が「早よ来い~」とおっしゃってるに
違いない!

そうじゃないかもしれないけど
きっとそうなんです、こういう時ってのは



そして江ノ島到着!

神社めざしてGO!となったワケですが・・・

01OCT09 001a

HANAちゃん、ちょっと登ってすぐバテバテに!


これまだ最初のでだし付近なんですが

もう寝込んじゃってるしww




しかしなんとか復活し


01OCT09 008a




ぽっくん、
心を込めてのお礼参りをしてきました。

01OCT09 012a

01OCT09 010a



01OCT09 039a



こうして
無事にお参りをすませ


それから
例の岩場へ行きましたが


01OCT09 027a


そらくん、
手術後なのでまだ泳げませんでした。

海を前にして
ちょっとかわいそうでしたので、
早々にこの場はひきあげました。


01OCT09 026a



ま、楽しみはまた次回にってことで!




というトコで

HS家は
この優しく美しい江ノ島をあとにしました。


そらの抜糸が終わったら
また遊びに来ちゃおっと♪

01OCT09 050a


















そしてェェ!



江ノ島がHS家の心をとらえた

もう一つの要因がこれだッ!!




01OCT09 018a


そらくん、その後


さてぽっくんですが・・・

おかげさまで無事に手術も終わり、
元気に帰宅することが出来ました!
心配してくださった皆さま、どうもありがとうございました!


いやぁ、それにしても・・

病院で
診察室の奥からSORAの声が聞こえた時は、
またしても涙がでそうに!
も~このところ、不覚をとることの連続!ww

そしてようやくSORAと対面することとなり、
その健康な姿に
HSパパはほっと胸をなでおろし

やっとのことで安心することが出来たのでした、
やれやれだぜ・・・レロレロレロ



sora happySORA「だから大丈夫って言ったでしゅよ~!」

hana happyHANA「パパのダメージがデカすぎ ぷす~www



そして
素空、帰宅ス!

大好きなご飯を食べ、
一晩ぐっすり寝てそして次の日・・・


やっぱり
全身麻酔して体にメスをいれたのですから
ぽっくんの体の負担は大きかったようでした。

(前の日に遊び過ぎて)こちらも疲労しているHANAと一緒に
午前中はほぼ爆睡・・・

ぽっくん                 花ちゃん
2009092913300000SORAa.jpg 2009092913300001HANAa.jpg


↓カメラを近づけても目を開かないSORA
2009092913390001SORARA.jpg


さて

そんなこんなでパワーチャージ完了し、
午後は虎牢関を攻めてきました。

2009092914440000korokan.jpg


なんかいきなり三国志ネタになってしまいましたがww


ここでの戦い、

連合軍 VS 董卓 and 呂布

という構図なワケですが

この時の連合軍、
曹操・劉備・孫堅が同盟という
凄まじいまでのドリーム・チームなんですよねぇ(>_<)

このへんも映画化してくれないかなぁ・・・


SORA 28JULY08 065SORA「そういえば・・ レッドクリフの後編、まだ観てないでしゅねぇ。」


あれはちょと・・・
やっぱりミスキャストが甚だしいので(>_<)



hana face1HANA「具体的に、ダメだと思ったのは?」


劉備、曹操はもちろんダメ!
趙雲なんてもはや誰だかわからないし・・・

そしてパパが最も好きで大尊敬する
諸葛孔明が
あの俳優さんだったのはなぁ・・・


あの俳優さんの温厚そうで穏やかな顔、
あれはパパの中の孔明ではないのです。

孔明はもっと、
鋭い氷の剃刀のような目をした
頭のキレる恐ろしい人、でないと(>_<)

あの二枚目の人、
顔が優しすぎて・・・



とまぁそれはいいんですが、

「三国志」も大好きだけど
HSパパは楚漢戦争の「項羽と劉邦」のほうが
実は好きなんです。

張良はもちろんのこと
国士無双・韓信、そして最強の敵、范増!

このへんの武将大好き!



彼らの知略戦は
現代でいうトコの『L対ライト』ってカンジで
すごく燃え・・・いや、萌えるんスよね~!

hana happyHANA「いきなりデスノ?www」



そういえば范増って、
亜父と呼ばれ敬われていただけあって

中国のどっかにデッカイ像があるらしいんですよねぇ・・・

一回みてみたいものだ。。



なんかメチャクチャ話が脱線してますが、
まぁいつものHSパパにもどったってことでww






2009092915430000aaaaaa.jpg




hana angryHANA「花が項羽って、おかしくねっ!?







ちなみにこの写真のバックにある建物、
中国から贈られた
本物の中国製建築物なんだそうです。@若宮公園(in Atsugi city)

その流れで
今回はプチ三国志+項劉ネタでした。。



| はなそらDAYz!ホーム |